常識破壊トレーニングで地に足つける「芯トレーニングSession」

稲沢市祖父江町のBodyDesignProjectの戸川です。

いよいよ9月より新企画です。

個人Sessionでは包み隠さずお伝えしている身体の本音。

身体は不思議な事に、自分の取り入れた情報感覚に対して潜在的に変化してしまいます。
情報空間と物理空間のやり取りの中で、自身が判断した情報を身体がデザインしてしまうという何とも理解しがたい現象が起きています。

東洋の思想、和の身体文化・古武道を学び、潜在意識の学び・脳科学に触れた事で身体の凄さに驚かされています。

そんな身体のチカラを目覚めさせる為に、トレーニングという手法において、その分野を融合します。

それが芯・トレーニングSession

  • 力むな、肩の力を抜け。
  • 腰を落とせ。
  • 腕を使うな。
  • 手を振れ。
  • 足の回転を速く。
  • 体幹がブレている。

等々、今までスポーツの分野で言われてきた言葉・・・もっと沢山あります。

ジムでの筋トレのためのウェイトとトレーニング機器を使用してフィット女性 - トレーニング ストックフォトと画像

言われた事を自分なりに改善したつもりでも改善できない。

これ、悲しいかな・・・改善できないのです(涙)

何故なら、冒頭で述べました、自分が判断した情報(行為)に対して身体は反応して変わってしまうからです。
気づけない領域で変化し、それに適応してしまう身体。

要は同じやり方では、何も変化しません(苦笑)

野球でもサッカーでも、柔道でも・・・ちなみにダイエットでも・・・
全てにおいて共通して言えます。

何せ、日常生活動作、日常思考自体にも問題が生じているからです。

運動やトレーニングにおいて本質的な○○を今回芯トレーニングSessionではお伝えしていきます。

  • 何故、腕立て伏せが出来なかったのか?
  • 何故、腹筋が出来ないのか?
  • 何故、スクワットで膝が痛くなるのか?
  • 何故、トレーニングで腰が痛くなるのか?

上記の理由が、身体で理解できると思います。

疲れた女性は、トレーニング後に座って休む - トレーニング ストックフォトと画像

今回の芯トレーニングSessionでは、本質的な身体の理解と運動前提条件をトコトン追求してトレーニング実践をしていきます。

もし興味がある方は詳細よりご確認頂き、申し込み下さい。

詳細はこちらから👇
https://bdp-session.hp.peraichi.com

残席1名さまです。お急ぎください!満員御礼となりました。


The following two tabs change content below.

戸川 俊輔

BodyDesignProject 院長株式会社Cure-Care 
高校野球時代に腰を痛め、急性腰痛を20回以上経験。 自らの腰痛を『運動で根本的解決』することに成功し、その理論をメソッド化。 古武道由来の身体原理を活用し、動作感覚の書き換えを実践する無重力ボディメンテナンスを発案。 また苫米地式認定コーチ小久保氏より潜在意識と脳科学の仕組みを学び、身体と心の相互関係を体系化した賢幸感覚の磨き方を発案。 西洋と東洋の発想を融合し、潜在意識に働きかける運動指導と整体を得意とする。 治療家の視点・トレーナー視点以外の要素も融合した事で、未来健康デザイナーとして活動。 延べ3万人以上の患者さん、クライアントさん、スポーツ選手、教室・講座生徒さんを観てきた実績。 急性痛を含め、慢性痛のクライアントに対し、潜在意識の書き換え、根本解決、身体原理、予防医療、健康アドバイザー、日常生活、就労動作、スポーツパフォーマンス向上に特化したサービスを提供している。 柔道整復師、日本スポーツ協会公認アスレティックトレーナー、NSCA C.S.C.S等のスポーツトレーナー資格を多種保持。
高校野球時代、腰を痛め医者から「今のままやり続ければ歩けなくなる」と言われるほどの大きな怪我を負いながら、野球に学生時代を捧げる。その後も度重なる激痛に悩まされ、急性腰痛を20回以上経験。 その後、自分の苦しんだ「痛み」を抱える人の役に立ちたいと想い治療家を目指す。 知識と技術を高めるうちに『腰痛の根本的解決を運動で解決出来るのではないか?』と考え、自身の身体で実践したところ、腰痛を克服。 現在はフルマラソン完走・パワーリフティングが出来るまでに。 その経験をメソッド化し、2017年運動療法と治療を同時に行うBodyDesignProjectを地元稲沢市祖父江町に開業。 なかなか改善しない「痛み」を抱えるクライアントに根本解決、予防医療に特化したサービスを提供している。

ABOUTこの記事をかいた人

高校野球時代に腰を痛め、急性腰痛を20回以上経験。 自らの腰痛を『運動で根本的解決』することに成功し、その理論をメソッド化。 古武道由来の身体原理を活用し、動作感覚の書き換えを実践する無重力ボディメンテナンスを発案。 また苫米地式認定コーチ小久保氏より潜在意識と脳科学の仕組みを学び、身体と心の相互関係を体系化した賢幸感覚の磨き方を発案。 西洋と東洋の発想を融合し、潜在意識に働きかける運動指導と整体を得意とする。 治療家の視点・トレーナー視点以外の要素も融合した事で、未来健康デザイナーとして活動。 延べ3万人以上の患者さん、クライアントさん、スポーツ選手、教室・講座生徒さんを観てきた実績。 急性痛を含め、慢性痛のクライアントに対し、潜在意識の書き換え、根本解決、身体原理、予防医療、健康アドバイザー、日常生活、就労動作、スポーツパフォーマンス向上に特化したサービスを提供している。 柔道整復師、日本スポーツ協会公認アスレティックトレーナー、NSCA C.S.C.S等のスポーツトレーナー資格を多種保持。