上半身を鍛えるベンチプレスが与えてくれる○○○とは?

稲沢市祖父江町のBodyDesignProjectの
戸川です。

いつの間にか起きてしまう
見た目の変化・・・

  • 腕が貧弱になってきた。
  • 見た目、弱弱しく見えてしまう。
  • 寝転がった状態から腕で体を起こす時がしんどい。
  • あれ?腕で自分を支えられない。

上記のような問題、放っておくとこんなことが起こりえます。

  • 転倒した時に手を衝いて腕が骨折してしまう。
  • 腕の力がなく、誰かに頼らないと物を運べない。
  • 日常生活の作業の中ですぐに、腕や肩周りがだるくなる。

そんなあなたにおススメのトレーニング。

ベンチプレスとは?

写真ではこんな感じです。

分かりにくいですが・・・

あなたもご存じなはずの腕立て伏せ。

腕立て伏せを上向きで行うイメージです。

重りを持って行います。

現在女性のクライアントさんも20Kg~55Kgまで扱ってベンチプレスをしています。

 

ベンチプレスをすると何が良いの?

  • 胸や腕周りの筋肉が発達します。
  • 肩甲骨や背骨の柔軟性が増します。
  • 骨の強化になります。
  • 見た目の変化が起こります。
    (女性であればバストアップ、男性であればカッコいい胸板)
  • バランス感覚を養えます。

等々、たくさんの恩恵を与えてくれます。

実は小さな成功体験の積み重ねが
分かりやすいトレーニング

扱う重さが変化していく過程で、昨日の自分との比較ができます。

何もしなければ、年々筋肉は弱くなり代謝は下がる傾向にあります。

知っている人は知っている!
ベンチプレス大会

日々の成長を記録として残し、人前で披露する大会があります。

今回私戸川と女性クライアントさんが初エントリーしました。

7月の大会に向けてトレーニング中です。

良い報告が出来るといいですね。

 

 

追伸

あなたの一歩お手伝いします。

パーソナルトレーニング体験受付中。

お問合せはコチラ👇
https://www.body-design-project.co.jp/contact

戸川のプロフィール
https://www.body-design-project.co.jp/news/1005

パワーリフティング教室あります。
https://www.body-design-project.co.jp/news/1140

 

 

 

The following two tabs change content below.
戸川 俊輔

戸川 俊輔

BodyDesignProject 院長株式会社Cure-Care 
高校野球時代に腰を痛め、急性腰痛を20回以上経験。 自らの腰痛を『運動で根本的解決』することに成功し、その理論をメソッド化。無重力ボディメンテナンスを発案し、西洋と東洋の発想を融合した運動指導と整体を得意とする。 無重力ボディデザイナーとして、治療家の視点・トレーナー視点を融合し急性痛を含め、慢性痛のクライアントに対し、根本解決、身体原理、予防医療、健康アドバイザー、日常生活、就労動作、スポーツパフォーマンス向上に特化したサービスを提供している。 柔道整復師、日本スポーツ協会公認アスレティックトレーナー、NSCA C.S.C.S、JATI-ATI等のスポーツトレーナー資格を多種保持。
高校野球時代、腰を痛め医者から「今のままやり続ければ歩けなくなる」と言われるほどの大きな怪我を負いながら、野球に学生時代を捧げる。その後も度重なる激痛に悩まされ、急性腰痛を20回以上経験。 その後、自分の苦しんだ「痛み」を抱える人の役に立ちたいと想い治療家を目指す。 知識と技術を高めるうちに『腰痛の根本的解決を運動で解決出来るのではないか?』と考え、自身の身体で実践したところ、腰痛を克服。 現在はフルマラソン完走・パワーリフティングが出来るまでに。 その経験をメソッド化し、2017年運動療法と治療を同時に行うBodyDesignProjectを地元稲沢市祖父江町に開業。 なかなか改善しない「痛み」を抱えるクライアントに根本解決、予防医療に特化したサービスを提供している。

ABOUTこの記事をかいた人

戸川 俊輔

高校野球時代に腰を痛め、急性腰痛を20回以上経験。 自らの腰痛を『運動で根本的解決』することに成功し、その理論をメソッド化。無重力ボディメンテナンスを発案し、西洋と東洋の発想を融合した運動指導と整体を得意とする。 無重力ボディデザイナーとして、治療家の視点・トレーナー視点を融合し急性痛を含め、慢性痛のクライアントに対し、根本解決、身体原理、予防医療、健康アドバイザー、日常生活、就労動作、スポーツパフォーマンス向上に特化したサービスを提供している。 柔道整復師、日本スポーツ協会公認アスレティックトレーナー、NSCA C.S.C.S、JATI-ATI等のスポーツトレーナー資格を多種保持。