誤解しないでください!筋トレで「ムキムキ」になりませんから。

稲沢市祖父江町BodyDesignProjectの
戸川です。

いよいよ4月も中旬から下旬へ。

私事ですが、5月6日の東海パワーリフティング選手権大会が近づいてきました。

今日はそんなパワーリフティングのお話。

 

誤解しないでください!ムキムキになりません。

「筋トレは男性のもの。」
BodyDesignProject開業当初良く
女性のクライアントさんから言われました。

何故か?
筋トレを行うと女性は太くなるという
イメージがついてしまっているんでしょう・・・

でもこのクライアントさん・・・
約4カ月の変化(左寄り3枚)
そこから1年後の変化。

主に行ったのがパワーリフティングで行う種目。
見た目、もう別人です。

 

パワーリフティングとは何か?

パワーリフティングとは3種目の合計Kgで争うスポーツです。
細かいルールもありますがここでは割愛します。

スクワット

ベンチプレス

デッドリフト

この3種目です。
トレーニングのBIG3と呼ばれています。

このパワーリフティング、海外では無茶苦茶人気です。
しかし日本でも最近人気急上昇中なのです。
ちょっとした筋トレブームですね。

私も出場していますが、
3年前は女性選手の数が少なかった印象です。
今では全国各地の大会にも参加者が急増しています。

 

そんなパワーリフティング。何故良いのか?

  1. 全身の筋肉を使うので、代謝が上がりやすい。
  2. 骨への刺激も入る為、骨密度を維持しやすい。
  3. 筋力があがり、日常生活の負担が軽減できる。
  4. 何よりも成長が分かりやすい。(小さな成功体験)

数字で何キロ持った。
何回できた。
最高何キロ挙げれた。

全て数値化できる所が良い所です。
成功・失敗も分かりやすいのが特徴。

何よりBIG3は日常生活の動きの一部であるということが最大の特徴。
・しゃがむ
・持つ、持ち上げる
・押す

これだけです。分かりやすいですか?

テクニック的なお話は割愛しますが・・・

勿論危険もあります。
BIG3を行う時の姿勢です。
変に腰を曲げたり、
変な方向へ押し上げたりすれば怪我をします。
扱う重さを間違えることでケガをすることも。

どうすれば良いの?

BodyDesignProjectでは体験パーソナルトレーニングが受けられます。
その方に見合った、種目、フォーム、扱う重さを設定していくので安心してください。
勿論パワーリフティングに精通したスタッフが対応いたします。

追伸

 

でもまずは、パワーリフティングを
見に来てもらえると分かりやすいです。
そこでご案内です。

毎週金曜日20時からBodyDesignProject 
GYMコンテナにてパワークラブを行っています。

パワーリフティングチームに入っているメンバーの練習です。
男性ばっかりと思いきや女性も多いです。

まずは興味のある方は見学にお越しください。
見学の際のお問合せは
コチラ👇
https://www.body-design-project.co.jp/contact

 

The following two tabs change content below.
戸川 俊輔

戸川 俊輔

BodyDesignProject 院長株式会社Cure-Care 
高校野球時代に腰を痛め、急性腰痛を20回以上経験。 自らの腰痛を『運動で根本的解決』することに成功し、その理論をメソッド化。無重力ボディメンテナンスを発案し、西洋と東洋の発想を融合した運動指導と整体を得意とする。 無重力ボディデザイナーとして、治療家の視点・トレーナー視点を融合し急性痛を含め、慢性痛のクライアントに対し、根本解決、身体原理、予防医療、健康アドバイザー、日常生活、就労動作、スポーツパフォーマンス向上に特化したサービスを提供している。 柔道整復師、日本スポーツ協会公認アスレティックトレーナー、NSCA C.S.C.S、JATI-ATI等のスポーツトレーナー資格を多種保持。
高校野球時代、腰を痛め医者から「今のままやり続ければ歩けなくなる」と言われるほどの大きな怪我を負いながら、野球に学生時代を捧げる。その後も度重なる激痛に悩まされ、急性腰痛を20回以上経験。 その後、自分の苦しんだ「痛み」を抱える人の役に立ちたいと想い治療家を目指す。 知識と技術を高めるうちに『腰痛の根本的解決を運動で解決出来るのではないか?』と考え、自身の身体で実践したところ、腰痛を克服。 現在はフルマラソン完走・パワーリフティングが出来るまでに。 その経験をメソッド化し、2017年運動療法と治療を同時に行うBodyDesignProjectを地元稲沢市祖父江町に開業。 なかなか改善しない「痛み」を抱えるクライアントに根本解決、予防医療に特化したサービスを提供している。

ABOUTこの記事をかいた人

戸川 俊輔

高校野球時代に腰を痛め、急性腰痛を20回以上経験。 自らの腰痛を『運動で根本的解決』することに成功し、その理論をメソッド化。無重力ボディメンテナンスを発案し、西洋と東洋の発想を融合した運動指導と整体を得意とする。 無重力ボディデザイナーとして、治療家の視点・トレーナー視点を融合し急性痛を含め、慢性痛のクライアントに対し、根本解決、身体原理、予防医療、健康アドバイザー、日常生活、就労動作、スポーツパフォーマンス向上に特化したサービスを提供している。 柔道整復師、日本スポーツ協会公認アスレティックトレーナー、NSCA C.S.C.S、JATI-ATI等のスポーツトレーナー資格を多種保持。