咲楽8月号に向けて

咲楽8月号に向けて

稲沢市祖父江町のBody Desaign Project(ボディデザインプロジェクト)の戸川です。

本日は、悪天候の中、咲楽の8月号に向けての撮影・取材がありました。

担当者のOさん、足元悪い中ありがとうございます。

咲楽8月号に向けて

 撮影中の待ち時間、プレートエクササイズです(笑)

将来有望なトレーナーになるかも。

撮影中の質問に対しても、中々スムーズに答えられず申し訳なかったです。

シンプルに答えると動きの再構築。

良質な動き、動かし方を脳に覚えてもらう。

又は、思い出してもらう。

骨盤調整が・・・・・

手技の売りは?

どんなことされるんですか??

様々なテクニックは勿論、持ち合わせています。

でも、それはただのツールでしかない。

その人の動きの質にフォーカスします。

勿論痛みがあれば、その原因と結果の考察は必要。

その為のスクリーニング。

整形外科学検査法。

咲楽8月号に向けて

 至ってシンプルでオーソドックス。

そのシンプルの深みは計り知れません。

咲楽8月号に向けて 

ディープスクワット!3点です。素晴らしい!!

どこまで落とし込めるか分かりません。

伝える勉強もしていく必要があると・・・・

感じた今日の撮影でした。

8月号は、施術の広告掲載です。

パーソナルトレーニングも随時行ってます。

ハイクオリティーで行きましょう!

The following two tabs change content below.
戸川 俊輔

戸川 俊輔

BodyDesignProject 院長株式会社Cure-Care 
高校野球時代に腰を痛め、急性腰痛を20回以上経験。 自らの腰痛を『運動で根本的解決』することに成功し、その理論をメソッド化。無重力ボディメンテナンスを発案し、西洋と東洋の発想を融合した運動指導と整体を得意とする。 無重力ボディデザイナーとして、治療家の視点・トレーナー視点を融合し急性痛を含め、慢性痛のクライアントに対し、根本解決、身体原理、予防医療、健康アドバイザー、日常生活、就労動作、スポーツパフォーマンス向上に特化したサービスを提供している。 柔道整復師、日本スポーツ協会公認アスレティックトレーナー、NSCA C.S.C.S、JATI-ATI等のスポーツトレーナー資格を多種保持。
高校野球時代、腰を痛め医者から「今のままやり続ければ歩けなくなる」と言われるほどの大きな怪我を負いながら、野球に学生時代を捧げる。その後も度重なる激痛に悩まされ、急性腰痛を20回以上経験。 その後、自分の苦しんだ「痛み」を抱える人の役に立ちたいと想い治療家を目指す。 知識と技術を高めるうちに『腰痛の根本的解決を運動で解決出来るのではないか?』と考え、自身の身体で実践したところ、腰痛を克服。 現在はフルマラソン完走・パワーリフティングが出来るまでに。 その経験をメソッド化し、2017年運動療法と治療を同時に行うBodyDesignProjectを地元稲沢市祖父江町に開業。 なかなか改善しない「痛み」を抱えるクライアントに根本解決、予防医療に特化したサービスを提供している。

ABOUTこの記事をかいた人

戸川 俊輔

高校野球時代に腰を痛め、急性腰痛を20回以上経験。 自らの腰痛を『運動で根本的解決』することに成功し、その理論をメソッド化。無重力ボディメンテナンスを発案し、西洋と東洋の発想を融合した運動指導と整体を得意とする。 無重力ボディデザイナーとして、治療家の視点・トレーナー視点を融合し急性痛を含め、慢性痛のクライアントに対し、根本解決、身体原理、予防医療、健康アドバイザー、日常生活、就労動作、スポーツパフォーマンス向上に特化したサービスを提供している。 柔道整復師、日本スポーツ協会公認アスレティックトレーナー、NSCA C.S.C.S、JATI-ATI等のスポーツトレーナー資格を多種保持。