筋力トレーニングをする中でどんなメニューを行うのが良いのでしょうか?

稲沢市祖父江町の
BodyDesignProjectの
戸川です。

戸川のプロフィールは
こちら👇
https://body-design-project.com/profile/

戸川が「行ってきた」、「行っている」筋力トレーニングメニューとは?

日頃からトレーニングを行う上で様々なメニュー方があります。

毎回試行錯誤しながら行うのも良いと思います。

しかしながら、最近は情報社会。
先人たちが作り上げてくれたトレーニングメニューが公開されています。

トレーニングを行う上で上手く継続して行くためにメニューの見直しは必要です。

同じ事の繰り返しはマンネリ化する事もありますが、一定レベルに来ると中々次の段階に上がれなくなったりします。

そんな時に利用価値が高かったメニューをお伝えしていきます。

王道と言われる8RM  8回×3set

とにかく土台つくりに欠かせないメニュー。
色んなメソッドを試してきましたが、一度立ち返る時に利用するメニュー。
※トレーニング上級者は3set以上行うことも。
初心者、初級者は目指せ2~3set。

例)Max100kg扱える人は80kgを8回行う

自身の最大挙上重量の設定の見方としてお使いください。
添付データはコチラ👇
トレーニング1RM% REP

5×5ジェネレーター

毎回重量設定が変わるメニュー。
例)1セット目 50kg×5回
2セット目 55kg×5回
3セット目 60kg×5回

時間がない方や、色々考えるのが面倒な方にお勧め。
※戸川自身このMenuでおおよその強さ土台ができました。当時は週に5・6回程、行っていました。

今やれと言われると・・・・回復が追い付かずできません(苦笑)

興味のある方はExcelデータを添付します。
自分のMAX重量を入力すると計算してくれます。
ご利用ください。
添付データはこちら👇
5×5Routine Generatior

Max重量を伸ばしたい方はコチラ「スモロフメソッド」

段階的なメニューとなり非常にシンドイです。
戸川のスクワットもこのMenuにより筋力向上しました。

自分のMAX重量を入力すると計算してくれます。
ご利用ください
添付データはこちら👇
スモロフ・メソッド

こちらもおススメ!「スモロフJrメソッド」

時間的な余裕がない場合や、試合前のピーキングなどに利用していました。
戸川自身、ベンチプレスに利用していました。
勿論、Maxも向上。

自分のMAX重量を入力すると計算してくれます。
ご利用ください
添付データはコチラ👇
スモロフJr

あなたのトレーニングの手助けに!

継続しやすいメニューを模索していく事をお勧めします。

時間、場所、頻度、生活スタイル・・・

状況は人それぞれです。

そんな中でも、取り組みやすく、生活に支障をきたさないレベルで行うことは重要です。

休むことも重要!

体調が悪い時は休んでください。
努力してきた事が、少し休んだだけで全ておじゃんになる事はありません。
筋肉の記憶装置は、あなたにもあります。

戸川も去年・・・散々な目にあいました(汗)

ですが、記憶装置は健在でした!

挑戦し続けて行きましょう。

戸川も、あなたを応援します!

The following two tabs change content below.
戸川 俊輔

戸川 俊輔

BodyDesignProject 院長株式会社Cure-Care 
高校野球時代に腰を痛め、急性腰痛を20回以上経験。 自らの腰痛を『運動で根本的解決』することに成功し、その理論をメソッド化。無重力ボディメンテナンスを発案し、西洋と東洋の発想を融合した運動指導と整体を得意とする。 無重力ボディデザイナーとして、治療家の視点・トレーナー視点を融合し急性痛を含め、慢性痛のクライアントに対し、根本解決、身体原理、予防医療、健康アドバイザー、日常生活、就労動作、スポーツパフォーマンス向上に特化したサービスを提供している。 柔道整復師、日本スポーツ協会公認アスレティックトレーナー、NSCA C.S.C.S、JATI-ATI等のスポーツトレーナー資格を多種保持。
高校野球時代、腰を痛め医者から「今のままやり続ければ歩けなくなる」と言われるほどの大きな怪我を負いながら、野球に学生時代を捧げる。その後も度重なる激痛に悩まされ、急性腰痛を20回以上経験。 その後、自分の苦しんだ「痛み」を抱える人の役に立ちたいと想い治療家を目指す。 知識と技術を高めるうちに『腰痛の根本的解決を運動で解決出来るのではないか?』と考え、自身の身体で実践したところ、腰痛を克服。 現在はフルマラソン完走・パワーリフティングが出来るまでに。 その経験をメソッド化し、2017年運動療法と治療を同時に行うBodyDesignProjectを地元稲沢市祖父江町に開業。 なかなか改善しない「痛み」を抱えるクライアントに根本解決、予防医療に特化したサービスを提供している。

ABOUTこの記事をかいた人

戸川 俊輔

高校野球時代に腰を痛め、急性腰痛を20回以上経験。 自らの腰痛を『運動で根本的解決』することに成功し、その理論をメソッド化。無重力ボディメンテナンスを発案し、西洋と東洋の発想を融合した運動指導と整体を得意とする。 無重力ボディデザイナーとして、治療家の視点・トレーナー視点を融合し急性痛を含め、慢性痛のクライアントに対し、根本解決、身体原理、予防医療、健康アドバイザー、日常生活、就労動作、スポーツパフォーマンス向上に特化したサービスを提供している。 柔道整復師、日本スポーツ協会公認アスレティックトレーナー、NSCA C.S.C.S、JATI-ATI等のスポーツトレーナー資格を多種保持。