企画のご参加ありがとうございました。【ラスト講座・稲沢まちゼミ】

稲沢市祖父江町のBodyDesignProjectの戸川です。

最後のまちゼミ講座が終了しました。
全5回の講座で約40名近くの方々がご参加下さいました。
本当にありがとうございました。

今回も変わらず、参加者様の疑問質問に対して、身体の使い方をシェアさせて頂きました。

  • 姿勢の意識
  • ストレッチのホント

このようなテーマについてシェアしました。

  • 浮足立てば、身体は緊張しだしチカラは内向きに向かいます。
  • 地に足つけば、身体は繋がりだしチカラは外方向に向かいます。

それを身をもって体験する事で、自身がどのような身体の使い方をしているのか理解できます。

頭で理解するのではなく、身体で理解する。
それが最も大切にしている体験の価値。

今回のまちゼミは、体験の価値に気づいて頂きたく企画を実現させました。

最初は難しく感じるかもしれません。
何故なら、体験した事のない身体の不思議に触れると、誰もが混乱するのかもしれませんね。
そうなると思考が働きだし、身体の感覚が鈍感になってしまう。

そんな事を理解して頂きました。

胸骨の位置関係、感覚。
それを知る事で、身体の感覚が変化します。

一部の感覚を研ぎ澄ます、それだけで他の部分の影響が変化します。

今回は特別にストレッチポールと身体の使い方もシェア。

自身の身体がどのように道具と繫がっているのか?
それを感じる事が出来るのか?出来ないのか?

たったそれだけで、身体の不思議は体験できます。

さて、来年度の稲沢まちゼミ企画に参加するのかまだ未定です。
何故なら、更なる学びに時間を費やす事が決まっているからです。

一人でも多くの方に、「健康って何?」をお伝えする為にも、脳科学、身体の原理と不思議、再生医療の3本柱を強くしていきます。

時代は急速に進んでいます。
自ら情報を取りに行く行動を起こさない限り、真実には触れられない。
そんな事を感じています。

今後は、あなた自身の健康の定義を自ら構築する必要があるかもしれませんよ。
国は守ってくれません。
他者も守ってくれません。

自らの選択次第で未来は変化します。
何を選択し行動するのか?
来年度に向けて始動する時ですね。

あなたの未来の健康を応援しています。

追伸

12月最後の企画は子供の望年会

  • 射的?
  • 身体ゲーム?
  • 目のゲーム?
  • チームクイズ?
  • 餅つきと身体の使い方?

小さく愉しい企画を準備します。

興味のある方は、お問合せ下さい。
0587-74-6600

公式LINEへのお問合せも受け付けています。

友だち追加
The following two tabs change content below.

戸川 俊輔

BodyDesignProject 院長
高校野球時代に腰を痛め、急性腰痛を20回以上経験。 自らの腰痛を『運動で根本的解決』することに成功し、その理論をメソッド化。 古武道由来の身体原理を活用し、動作感覚の書き換えを実践する無重力ボディメンテナンスを発案。 また苫米地式認定コーチ小久保氏より潜在意識と脳科学の仕組みを学び、身体と心の相互関係を体系化した賢幸感覚の磨き方を発案。 西洋と東洋の発想を融合し、潜在意識に働きかける運動指導と整体を得意とする。 治療家の視点・トレーナー視点以外の要素も融合した事で、未来健康デザイナーとして活動。 延べ3万人以上の患者さん、クライアントさん、スポーツ選手、教室・講座生徒さんを観てきた実績。 急性痛を含め、慢性痛のクライアントに対し、潜在意識の書き換え、根本解決、身体原理、予防医療、健康アドバイザー、日常生活、就労動作、スポーツパフォーマンス向上に特化したサービスを提供している。 柔道整復師、日本スポーツ協会公認アスレティックトレーナー、NSCA C.S.C.S等のスポーツトレーナー資格を多種保持。
高校野球時代、腰を痛め医者から「今のままやり続ければ歩けなくなる」と言われるほどの大きな怪我を負いながら、野球に学生時代を捧げる。その後も度重なる激痛に悩まされ、急性腰痛を20回以上経験。 その後、自分の苦しんだ「痛み」を抱える人の役に立ちたいと想い治療家を目指す。 知識と技術を高めるうちに『腰痛の根本的解決を運動で解決出来るのではないか?』と考え、自身の身体で実践したところ、腰痛を克服。 現在はフルマラソン完走・パワーリフティングが出来るまでに。 その経験をメソッド化し、2017年運動療法と治療を同時に行うBodyDesignProjectを地元稲沢市祖父江町に開業。 なかなか改善しない「痛み」を抱えるクライアントに根本解決、予防医療に特化したサービスを提供している。

ABOUTこの記事をかいた人

高校野球時代に腰を痛め、急性腰痛を20回以上経験。 自らの腰痛を『運動で根本的解決』することに成功し、その理論をメソッド化。 古武道由来の身体原理を活用し、動作感覚の書き換えを実践する無重力ボディメンテナンスを発案。 また苫米地式認定コーチ小久保氏より潜在意識と脳科学の仕組みを学び、身体と心の相互関係を体系化した賢幸感覚の磨き方を発案。 西洋と東洋の発想を融合し、潜在意識に働きかける運動指導と整体を得意とする。 治療家の視点・トレーナー視点以外の要素も融合した事で、未来健康デザイナーとして活動。 延べ3万人以上の患者さん、クライアントさん、スポーツ選手、教室・講座生徒さんを観てきた実績。 急性痛を含め、慢性痛のクライアントに対し、潜在意識の書き換え、根本解決、身体原理、予防医療、健康アドバイザー、日常生活、就労動作、スポーツパフォーマンス向上に特化したサービスを提供している。 柔道整復師、日本スポーツ協会公認アスレティックトレーナー、NSCA C.S.C.S等のスポーツトレーナー資格を多種保持。