整体から生体へ「外部講師活動」in 御前崎

稲沢市祖父江町のBodyDesignProjectの戸川です。

月一回の御前崎Roots。
年間セミナースケジュールで出されていました11月のシェアリング講師の担当が僕。

今回は実績も年数も僕よりも格段に上の方々含め、臨床歴10年〜20年の結果を出し続けている先生方の前でセミナーでした(汗)

過去の失敗と現在の状況は大きく違うことをセミナー始めの入りで説明させて頂きました。
※過去は苦しんでました(苦笑)

何故、僕自身がぎっくり腰を20回以上経験して来たのか?
そして今現在は腰痛がゼロなのか?

その理由を身体のボディワークで再現させて頂きました。
※賢芯塾の内容を一部整体仕様にデザイン

触れる感覚とはどのような意識で、身体はどんな状態になっているのか?

実際に整体に入る前段階の身体が「生体」になっているか?
これを内部感覚外部感覚で作り上げていく必要があるわけです。

筋肉で姿勢を制御するというよりも、骨と感覚で制御し無駄なチカラを消していく作業と言えば理解できるかもしれませんね。※悪までイメージです。

テコの原理を頭で理解するよりも、身体で再現できるテコの作用。
身体で落とし込んでこそ、未来の身体は変化していきます。

  • 棒を使ったワーク。
  • 対人ワーク。
  • ボールワーク。

様々な状況下でも関係性を構築し、自身の身体を理解して使う。
最初は分からないと思います。

だからこそ今理解できない事を認め、一つに集中する一点集中を構築する。
それが腑に落とせれば、点を沢山増やしていく事を毎日入念に取り組むのみ。

そうする事で多点が出来、多点集中が再現できるように変化していきます。

テコの原理、関わる関係性の心構え、自身が踏ん張らない身体、持たれない身体、中心感覚の生成、人を運ぶゴール設定。

全てが1つの現象に含まれています。

沢山学び、チャレンジして、失敗して、再度チャレンジする。
そうする事で、自身の感覚は磨かれていきます。

勿論、今が完璧ではなく半ば途中です。
それでも、磨き続けられるものが存在した事に気づかされた僕は、セミナー自体を愉しめる自分に変貌しました。

今回のRootsという場を提供して下さりました、暁光先生はじめ、江尻先生、星野先生、フミユの皆様、本当にありがとうございました。

僕は更に深化(進化)していきます。

来年は更に深い部分を掘り下げてシェアさせて頂きます。

追伸

マルシェ開催

11月23日(水)10時~
BodyDesignProjectにて

「からだ喜ぶ元氣になるマルシェ」です。


気軽に遊びに来てください。

僕も出店します。
身体の痛み何でも相談

必要に応じて、整体、運動、身体の仕組み、使い方をシェアさせて頂きます。
勿論、マインドの使い方も。

気軽に公式LINEにてお問合せ下さい。

The following two tabs change content below.

戸川 俊輔

BodyDesignProject 院長
高校野球時代に腰を痛め、急性腰痛を20回以上経験。 自らの腰痛を『運動で根本的解決』することに成功し、その理論をメソッド化。 古武道由来の身体原理を活用し、動作感覚の書き換えを実践する無重力ボディメンテナンスを発案。 また苫米地式認定コーチ小久保氏より潜在意識と脳科学の仕組みを学び、身体と心の相互関係を体系化した賢幸感覚の磨き方を発案。 西洋と東洋の発想を融合し、潜在意識に働きかける運動指導と整体を得意とする。 治療家の視点・トレーナー視点以外の要素も融合した事で、未来健康デザイナーとして活動。 延べ3万人以上の患者さん、クライアントさん、スポーツ選手、教室・講座生徒さんを観てきた実績。 急性痛を含め、慢性痛のクライアントに対し、潜在意識の書き換え、根本解決、身体原理、予防医療、健康アドバイザー、日常生活、就労動作、スポーツパフォーマンス向上に特化したサービスを提供している。 柔道整復師、日本スポーツ協会公認アスレティックトレーナー、NSCA C.S.C.S等のスポーツトレーナー資格を多種保持。
高校野球時代、腰を痛め医者から「今のままやり続ければ歩けなくなる」と言われるほどの大きな怪我を負いながら、野球に学生時代を捧げる。その後も度重なる激痛に悩まされ、急性腰痛を20回以上経験。 その後、自分の苦しんだ「痛み」を抱える人の役に立ちたいと想い治療家を目指す。 知識と技術を高めるうちに『腰痛の根本的解決を運動で解決出来るのではないか?』と考え、自身の身体で実践したところ、腰痛を克服。 現在はフルマラソン完走・パワーリフティングが出来るまでに。 その経験をメソッド化し、2017年運動療法と治療を同時に行うBodyDesignProjectを地元稲沢市祖父江町に開業。 なかなか改善しない「痛み」を抱えるクライアントに根本解決、予防医療に特化したサービスを提供している。

ABOUTこの記事をかいた人

高校野球時代に腰を痛め、急性腰痛を20回以上経験。 自らの腰痛を『運動で根本的解決』することに成功し、その理論をメソッド化。 古武道由来の身体原理を活用し、動作感覚の書き換えを実践する無重力ボディメンテナンスを発案。 また苫米地式認定コーチ小久保氏より潜在意識と脳科学の仕組みを学び、身体と心の相互関係を体系化した賢幸感覚の磨き方を発案。 西洋と東洋の発想を融合し、潜在意識に働きかける運動指導と整体を得意とする。 治療家の視点・トレーナー視点以外の要素も融合した事で、未来健康デザイナーとして活動。 延べ3万人以上の患者さん、クライアントさん、スポーツ選手、教室・講座生徒さんを観てきた実績。 急性痛を含め、慢性痛のクライアントに対し、潜在意識の書き換え、根本解決、身体原理、予防医療、健康アドバイザー、日常生活、就労動作、スポーツパフォーマンス向上に特化したサービスを提供している。 柔道整復師、日本スポーツ協会公認アスレティックトレーナー、NSCA C.S.C.S等のスポーツトレーナー資格を多種保持。