消極はいらない。積極あるのみ!

稲沢市祖父江町のBodyDesignProjectの戸川です。

いよいよ来週開催します賢芯塾。

日頃の接骨院や整体、パーソナルトレーニングや教室だけでは補いきれない、身体にとって特別必要な内容をお届けしてきます。

正直、「今の身体と心の状態を真剣に変えていきたい!」とお考えである、あなたにしか届かない内容になると思います。

  • テレビでも解決できない。
  • YouTubeでも解決できない。
  • 勿論ブログの記事でも解決できない。
  • 教えてもらっても解決できない。

何故なら、リアルに人と関わる事で、「出来ている・出来ていない」と真剣に向き合う機会であるからです。※リアルに勝るものは無いと僕は思います。

消極的に人と関われば、何も得られるものはないでしょう。
積極的に人と関われば、他者は何かを伝えてくれます。

積極的に関わるからこそ、他者から伝えてもらった何かを汲み取り、自分の中での情報を書き換えていく。
これこそ、自らの身体と心の違和感を汲み取り、何故そうなっているのかと向き合う機会になります。

僕は、この発想を和の身体原理、和の思想から頂きました。
それに伴い、苦しんだ腰痛も、度重なるケガで悩むことも、運動指導で悩むことも無くなりました。
何故なら、他者(環境・関係性)を感じることが出来るようになったからです。

西洋的な視点に、東洋の視点を融合して、自らの感性を高める賢芯塾を2月23日(水)に開催します。

内なるドクターを目覚めさせる「賢芯塾」

賢芯塾の大きな目的は、皆さんに健康をお届けする事です。

あなたも何となくご理解いただけていると思いますが、少し具体的にお伝えすると、自分の内側に眠っているお医者さんを目覚めさせることをやっていく身体塾です。

人間本来備わっている自然治癒力の最大化には、身体と心の2つのバランスが重要になります。

勝手に治る力も、食事の内容が悪ければ、身体の回復は遅れること、これはあなたも想像つきやすいのではないでしょうか?

実は食事だけでなく、身体の使い方にも同じことが言えます。

道具や環境に対して、雑に道具や環境を扱えば身体はその分ダメージを受けます。

そして、精神性、心持、心構えも同じ事なのです。

恐怖心を抱え、怯えた状態では身体も動かない、回復もままならない状態に陥ってしまいます。
※免疫力の低下も起こりえます。

あなたもひょっとしたら体験しているのではないでしょうか?

人は経験ない痛みを体感した時、初めて恐怖や不安と対峙します。
その対峙を、例えば薬で誤魔化したりし続けると、心を蔑ろにしてしまい、薬依存の身体に変貌してしまいます。

これは悪まで例え話です。
※過去の僕は痛み止めで誤魔化していた時がありました。(苦笑)

西洋の視点は大切なのですが、完全に頼り切る事は、身も心も危険と隣り合わせになっていくという事です。※薬は化学物質ですから。

身体を学んでいくという事は、奥深い内容を自らが気づいていく事に繋がっていきます。
頭で理解するのではなく、全身全霊で理解・体感する事、それが後に、あなたの未来の変化に繋がっていくはずです。

この賢芯塾が、一つのきっかけとなり、あなたの未来の賢幸(健康)の一助となれば幸いです。

あなたの一歩を応援しています。

賢芯塾の詳細はコチラから👇
https://peraichi.com/landing_pages/view/kenzyuku

残席1名さまです。お急ぎください。

The following two tabs change content below.

戸川 俊輔

BodyDesignProject 院長株式会社Cure-Care 
高校野球時代に腰を痛め、急性腰痛を20回以上経験。 自らの腰痛を『運動で根本的解決』することに成功し、その理論をメソッド化。無重力ボディメンテナンスを発案し、西洋と東洋の発想を融合した運動指導と整体を得意とする。 無重力ボディデザイナーとして、治療家の視点・トレーナー視点を融合し急性痛を含め、慢性痛のクライアントに対し、根本解決、身体原理、予防医療、健康アドバイザー、日常生活、就労動作、スポーツパフォーマンス向上に特化したサービスを提供している。 柔道整復師、日本スポーツ協会公認アスレティックトレーナー、NSCA C.S.C.S等のスポーツトレーナー資格を多種保持。
高校野球時代、腰を痛め医者から「今のままやり続ければ歩けなくなる」と言われるほどの大きな怪我を負いながら、野球に学生時代を捧げる。その後も度重なる激痛に悩まされ、急性腰痛を20回以上経験。 その後、自分の苦しんだ「痛み」を抱える人の役に立ちたいと想い治療家を目指す。 知識と技術を高めるうちに『腰痛の根本的解決を運動で解決出来るのではないか?』と考え、自身の身体で実践したところ、腰痛を克服。 現在はフルマラソン完走・パワーリフティングが出来るまでに。 その経験をメソッド化し、2017年運動療法と治療を同時に行うBodyDesignProjectを地元稲沢市祖父江町に開業。 なかなか改善しない「痛み」を抱えるクライアントに根本解決、予防医療に特化したサービスを提供している。

ABOUTこの記事をかいた人

高校野球時代に腰を痛め、急性腰痛を20回以上経験。 自らの腰痛を『運動で根本的解決』することに成功し、その理論をメソッド化。無重力ボディメンテナンスを発案し、西洋と東洋の発想を融合した運動指導と整体を得意とする。 無重力ボディデザイナーとして、治療家の視点・トレーナー視点を融合し急性痛を含め、慢性痛のクライアントに対し、根本解決、身体原理、予防医療、健康アドバイザー、日常生活、就労動作、スポーツパフォーマンス向上に特化したサービスを提供している。 柔道整復師、日本スポーツ協会公認アスレティックトレーナー、NSCA C.S.C.S等のスポーツトレーナー資格を多種保持。