移動スピードが自然に変わる歩きとは?

稲沢市祖父江町のBodyDesignProjectの戸川です。

和の身体原理となみあし研究所の学びを進めていく中で、僕自身が検証したものを個別のクライアントさんに提供しています。

そして先日面白い結果をクライアントさんが教えて下さいました。

「通常25分掛かって歩いていた距離が、18分で歩けている事に気が付きました。」

まさかの7分短縮!!凄い!

この歩き方の特徴は?

  • 地面を蹴らない
  • 外への方向性と意識
  • 腕の振り(方向性)
  • ローリングの概念
  • 中心から伝える(スワイショウ)

等、まだまだ大切な要素があります。

面白い事に、一般的な考え

  • 速く歩こうと頑張る
  • 力強く腕を振る
  • 地面を蹴って進む

等の力強く歩く事を推奨しない、真逆の発想と見えていない盲点を大切にしています。

そして、今回この検証結果と効率的で合理的な痛めない歩き方をリアルセミナーでお伝えしていきます。

もし興味のある方は、コチラからエントリーして下さい!

芯と美を調和させる優しい歩き方
(和の身体原理と感覚優位性の歩容)

https://peraichi.com/landing_pages/view/beautiful-way-of-walking

The following two tabs change content below.
戸川 俊輔

戸川 俊輔

BodyDesignProject 院長株式会社Cure-Care 
高校野球時代に腰を痛め、急性腰痛を20回以上経験。 自らの腰痛を『運動で根本的解決』することに成功し、その理論をメソッド化。無重力ボディメンテナンスを発案し、西洋と東洋の発想を融合した運動指導と整体を得意とする。 無重力ボディデザイナーとして、治療家の視点・トレーナー視点を融合し急性痛を含め、慢性痛のクライアントに対し、根本解決、身体原理、予防医療、健康アドバイザー、日常生活、就労動作、スポーツパフォーマンス向上に特化したサービスを提供している。 柔道整復師、日本スポーツ協会公認アスレティックトレーナー、NSCA C.S.C.S、JATI-ATI等のスポーツトレーナー資格を多種保持。
高校野球時代、腰を痛め医者から「今のままやり続ければ歩けなくなる」と言われるほどの大きな怪我を負いながら、野球に学生時代を捧げる。その後も度重なる激痛に悩まされ、急性腰痛を20回以上経験。 その後、自分の苦しんだ「痛み」を抱える人の役に立ちたいと想い治療家を目指す。 知識と技術を高めるうちに『腰痛の根本的解決を運動で解決出来るのではないか?』と考え、自身の身体で実践したところ、腰痛を克服。 現在はフルマラソン完走・パワーリフティングが出来るまでに。 その経験をメソッド化し、2017年運動療法と治療を同時に行うBodyDesignProjectを地元稲沢市祖父江町に開業。 なかなか改善しない「痛み」を抱えるクライアントに根本解決、予防医療に特化したサービスを提供している。

ABOUTこの記事をかいた人

戸川 俊輔

高校野球時代に腰を痛め、急性腰痛を20回以上経験。 自らの腰痛を『運動で根本的解決』することに成功し、その理論をメソッド化。無重力ボディメンテナンスを発案し、西洋と東洋の発想を融合した運動指導と整体を得意とする。 無重力ボディデザイナーとして、治療家の視点・トレーナー視点を融合し急性痛を含め、慢性痛のクライアントに対し、根本解決、身体原理、予防医療、健康アドバイザー、日常生活、就労動作、スポーツパフォーマンス向上に特化したサービスを提供している。 柔道整復師、日本スポーツ協会公認アスレティックトレーナー、NSCA C.S.C.S、JATI-ATI等のスポーツトレーナー資格を多種保持。