腰痛解決に必要なトリセツ(留まらない身体)

稲沢市祖父江町のBodyDesignProjectの戸川です。

無重力ボディメンテナンスの中で僕がお伝えする腰痛解決に必要な身体のトリセツとして、1つお伝えします。

その一つに「居着かない」という身体の使い方があります。
簡単に言うと「その場に留まる事をしない」というイメージに近いです。

少しあなたにお聞きします。

「あなたは身体をどのように使っているでしょうか?」
中々考えるきっかけはないと思いますが、是非考えてみて下さい。

例えば、寝起きの時や、イスから立ち上がる時に「ヨイショ」って言っていないですか?過去の僕は言ってました(笑)

あなたはどうでしょうか?

居着かないという身体は、いかなる場面、どんな状況でも直ぐに動き出せる身体であり、「ドッコイショ!」はいらない動きになるわけです。

実は、トレーニング中も、整体中にもこの発想を使っているわけですが、一般的な身体の使い方では、ほとんどが踏ん張る事をしてしまいます。※過去の僕もそうでした。

居着かない身体は、腰痛解決の為に必要な身体の使い方の1つになります。

居着かないの対義語として武道の中で使われる浮き身があります。実際には浮き身と、沈身を使い分けるイメージですが、中々理解に困る表現になりますね。

僕はまだまだ武道の達人レベルではないので、完全にこれを使いこなせているかと言われれば、残念ながら出来ていないと思います。

しかし、浮き身や沈身という発想を僕の解釈でズラして、重心の感覚移動として捉えていけば、誰にでも分かりやすくお伝え出来る自負があります。
※感覚刺激を使いこなす、また筋肉への力みを使い分ける事で身体の反応の変化を観ることが出来ます。

高い重心感覚低い重心感覚の使い分けをする事で、身体にとって、今求められる重心コントロールしていきます。

この重心感覚がどこにあるのか?が分かるように変化してくると腰に掛かるストレスも上手く逃がす(往なす)事が出来るのです。
※悪まで肉体的なストレスにフォーカスした話です。腰痛はそんな単純なものではありません。

要は、無重力感覚を自らの体感として手に入れるわけです。

最初のとっかかりとしては正直難しいかもしれません。

そんなあなたの為に、今月2回!
腰痛に特化したプログラムのオンライングループ体験会を開催します。

居着かないヒントにもなる重心感覚モードをお伝えします。

分かりやすいワークから、チャレンジワークも入れて、少々混乱しつつも面白い変化を体感できるかもしれませんよ?

もし、あなたが腰痛に悩み、困っているのであれば、是非体験会にいらしてください。腰痛解決に向けたコツとその為の秘訣をお伝えさせて頂きます。

詳しい詳細はコチラから👇
https://peraichi.com/landing_pages/view/body-instruction-manual

The following two tabs change content below.
戸川 俊輔

戸川 俊輔

BodyDesignProject 院長株式会社Cure-Care 
高校野球時代に腰を痛め、急性腰痛を20回以上経験。 自らの腰痛を『運動で根本的解決』することに成功し、その理論をメソッド化。無重力ボディメンテナンスを発案し、西洋と東洋の発想を融合した運動指導と整体を得意とする。 無重力ボディデザイナーとして、治療家の視点・トレーナー視点を融合し急性痛を含め、慢性痛のクライアントに対し、根本解決、身体原理、予防医療、健康アドバイザー、日常生活、就労動作、スポーツパフォーマンス向上に特化したサービスを提供している。 柔道整復師、日本スポーツ協会公認アスレティックトレーナー、NSCA C.S.C.S、JATI-ATI等のスポーツトレーナー資格を多種保持。
高校野球時代、腰を痛め医者から「今のままやり続ければ歩けなくなる」と言われるほどの大きな怪我を負いながら、野球に学生時代を捧げる。その後も度重なる激痛に悩まされ、急性腰痛を20回以上経験。 その後、自分の苦しんだ「痛み」を抱える人の役に立ちたいと想い治療家を目指す。 知識と技術を高めるうちに『腰痛の根本的解決を運動で解決出来るのではないか?』と考え、自身の身体で実践したところ、腰痛を克服。 現在はフルマラソン完走・パワーリフティングが出来るまでに。 その経験をメソッド化し、2017年運動療法と治療を同時に行うBodyDesignProjectを地元稲沢市祖父江町に開業。 なかなか改善しない「痛み」を抱えるクライアントに根本解決、予防医療に特化したサービスを提供している。

ABOUTこの記事をかいた人

戸川 俊輔

高校野球時代に腰を痛め、急性腰痛を20回以上経験。 自らの腰痛を『運動で根本的解決』することに成功し、その理論をメソッド化。無重力ボディメンテナンスを発案し、西洋と東洋の発想を融合した運動指導と整体を得意とする。 無重力ボディデザイナーとして、治療家の視点・トレーナー視点を融合し急性痛を含め、慢性痛のクライアントに対し、根本解決、身体原理、予防医療、健康アドバイザー、日常生活、就労動作、スポーツパフォーマンス向上に特化したサービスを提供している。 柔道整復師、日本スポーツ協会公認アスレティックトレーナー、NSCA C.S.C.S、JATI-ATI等のスポーツトレーナー資格を多種保持。