パワーリフティングに向けて始動!


パワーリフティングに向けて始動!

稲沢市祖父江町のBodyDesignProjectの戸川です。

ダイエットとは無縁と思っていました戸川です。(苦笑)

パワーリフティングに向けて始動!

来月開催するパワーリフティング東海選手権大会は、岐阜清流ハーフマラソンと日程がかぶり戸川はマラソンに出場。

しかしながら、本日ジャパンクラシックパワーリフティングの出場標準記録を知り、決意!

この大会に『出てみたい』、『挑戦してみたい』と思ってしまったのです・・・悪い癖ですね(笑)

83キロで出ても、良いのですが、現状の記録を加味すると74キロ級にエントリーするのが妥当と判断。

ということで、6月に走ります飛騨高山ウルトラマラソンを最後にハーフ以上のマラソンは出ない方向に。

フルマラソンは身体のダメージも大きく、エネルギーの供給機構もパワーリフティングとは真逆。

という判断から、今年11月の愛知県選手権大会に照準を合わせます。

現状体重79キロ。

目指すは73キロ。

今のBIG3(スクワット、ベンチプレス、デッドリフト)の記録をさらに伸ばしつつ、減量を図ります。

ランニングは減量の為にも続けますが、メインはレジスタンストレーニングです。

今年の目標にプラスされました。

やると決めた以上、やります!

だから、公言!

明日よりセルフモニタリングですね。

クライアントさんの苦労を私もしっかり味わい、体感していきます!
 

The following two tabs change content below.
戸川 俊輔

戸川 俊輔

BodyDesignProject 院長株式会社Cure-Care 
高校野球時代に腰を痛め、急性腰痛を20回以上経験。 自らの腰痛を『運動で根本的解決』することに成功し、その理論をメソッド化。無重力ボディメンテナンスを発案し、西洋と東洋の発想を融合した運動指導と整体を得意とする。 無重力ボディデザイナーとして、治療家の視点・トレーナー視点を融合し急性痛を含め、慢性痛のクライアントに対し、根本解決、身体原理、予防医療、健康アドバイザー、日常生活、就労動作、スポーツパフォーマンス向上に特化したサービスを提供している。 柔道整復師、日本スポーツ協会公認アスレティックトレーナー、NSCA C.S.C.S、JATI-ATI等のスポーツトレーナー資格を多種保持。
高校野球時代、腰を痛め医者から「今のままやり続ければ歩けなくなる」と言われるほどの大きな怪我を負いながら、野球に学生時代を捧げる。その後も度重なる激痛に悩まされ、急性腰痛を20回以上経験。 その後、自分の苦しんだ「痛み」を抱える人の役に立ちたいと想い治療家を目指す。 知識と技術を高めるうちに『腰痛の根本的解決を運動で解決出来るのではないか?』と考え、自身の身体で実践したところ、腰痛を克服。 現在はフルマラソン完走・パワーリフティングが出来るまでに。 その経験をメソッド化し、2017年運動療法と治療を同時に行うBodyDesignProjectを地元稲沢市祖父江町に開業。 なかなか改善しない「痛み」を抱えるクライアントに根本解決、予防医療に特化したサービスを提供している。

ABOUTこの記事をかいた人

戸川 俊輔

高校野球時代に腰を痛め、急性腰痛を20回以上経験。 自らの腰痛を『運動で根本的解決』することに成功し、その理論をメソッド化。無重力ボディメンテナンスを発案し、西洋と東洋の発想を融合した運動指導と整体を得意とする。 無重力ボディデザイナーとして、治療家の視点・トレーナー視点を融合し急性痛を含め、慢性痛のクライアントに対し、根本解決、身体原理、予防医療、健康アドバイザー、日常生活、就労動作、スポーツパフォーマンス向上に特化したサービスを提供している。 柔道整復師、日本スポーツ協会公認アスレティックトレーナー、NSCA C.S.C.S、JATI-ATI等のスポーツトレーナー資格を多種保持。