シンプルに腰痛を解決したい人の為に「無料企画」を準備しました。

稲沢市祖父江町のBodyDesignProjectの戸川です。

今回、腰痛で苦しんでいるあなたに向けた新たな取り組みとして、新企画を準備しました。

20日間・無重力ボディメンテナンスチャレンジ

これ一つで全てを解決みたいな代物ではなく、腰痛解決の段階的身体ワークを動画に収めてみました。

何故、動画の公開に踏み切ったのか?ですが、僕自身で検証してきた事が、自分の中だけで終わってしまえば、その価値は誰の役にも立たないからです。

ですから、もしあなたが今回お届けする身体トリセツを行っても、同じような現象、結果が出るのか?一度チャレンジしてみて欲しいと思い、20日間の期間を設けてみました。

そしてもう一つ、こだわった事があります。

それが、リアルではなく、「自主学習性オンラインでも伝えられるか?」という所です。
これは非常に難しい課題でしたが、今定期的に開催しているオンライン教室でも、また企画で開催していたトリセツ体験会でも実践済みであり、検証も積み重ねてきたからこそお届けできると確信しました。

今回は動画にて限定公開で配信します。

ご登録いただいた翌日より20日間の腰痛解決チャレンジがスタートです。

画面上に出てくる僕「戸川」のレクチャーを受けながら実践する形式です。

※上記の写真は今回の企画とは違うオンラインです。

今回の内容は無重力ボディメンテナンスの基礎を盛り込みながら、教え過ぎないを意識しています。

教え過ぎるって実は怖いのです。

何故なら、ホントのところ・・・あなた自身がチャレンジしていく中で気づき、発見できた瞬間が、あなただけの身体感覚が育つからです。
※知識→智恵

周りから言われた事をするだけでは、あなた自身の感覚、観察力、傾聴力が育ちにくい・・・。

だから、教え過ぎないを意識しているわけです。

ここで一つ注意です。

動画を見ながらやっている時のエクササイズは、身体に良い効果をあまり与えてはくれません。
何故なら、気持ちが見ている動画に気をとられてしまい、あなたの身体の観察力が低下してしまうからです。

自分の身体を変える時、自分の身体と向き合う意識と覚悟が必要になります。
その時、頭で考えてはいけないのです。
何故なら、頭で考えていれば、身体の反応に気づけなくなってしまいます。

今回お届けするメンテナンス内容はごく一部分です。
その一部分を、ある程度覚えて頂けたのなら、あとは動画を見ず実践を繰り返し、身体の感覚に注意を向ける時間を増やしていく。

継続する事で、身体の反応、変化に気づくあなたが目覚めてきます。

あなたのチャレンジを応援させて頂きます!!

20日間チャレンジの詳細はコチラから👇

https://peraichi.com/landing_pages/view/weightlessness-challenge

The following two tabs change content below.

戸川 俊輔

BodyDesignProject 院長株式会社Cure-Care 
高校野球時代に腰を痛め、急性腰痛を20回以上経験。 自らの腰痛を『運動で根本的解決』することに成功し、その理論をメソッド化。無重力ボディメンテナンスを発案し、西洋と東洋の発想を融合した運動指導と整体を得意とする。 無重力ボディデザイナーとして、治療家の視点・トレーナー視点を融合し急性痛を含め、慢性痛のクライアントに対し、根本解決、身体原理、予防医療、健康アドバイザー、日常生活、就労動作、スポーツパフォーマンス向上に特化したサービスを提供している。 柔道整復師、日本スポーツ協会公認アスレティックトレーナー、NSCA C.S.C.S等のスポーツトレーナー資格を多種保持。
高校野球時代、腰を痛め医者から「今のままやり続ければ歩けなくなる」と言われるほどの大きな怪我を負いながら、野球に学生時代を捧げる。その後も度重なる激痛に悩まされ、急性腰痛を20回以上経験。 その後、自分の苦しんだ「痛み」を抱える人の役に立ちたいと想い治療家を目指す。 知識と技術を高めるうちに『腰痛の根本的解決を運動で解決出来るのではないか?』と考え、自身の身体で実践したところ、腰痛を克服。 現在はフルマラソン完走・パワーリフティングが出来るまでに。 その経験をメソッド化し、2017年運動療法と治療を同時に行うBodyDesignProjectを地元稲沢市祖父江町に開業。 なかなか改善しない「痛み」を抱えるクライアントに根本解決、予防医療に特化したサービスを提供している。

ABOUTこの記事をかいた人

高校野球時代に腰を痛め、急性腰痛を20回以上経験。 自らの腰痛を『運動で根本的解決』することに成功し、その理論をメソッド化。無重力ボディメンテナンスを発案し、西洋と東洋の発想を融合した運動指導と整体を得意とする。 無重力ボディデザイナーとして、治療家の視点・トレーナー視点を融合し急性痛を含め、慢性痛のクライアントに対し、根本解決、身体原理、予防医療、健康アドバイザー、日常生活、就労動作、スポーツパフォーマンス向上に特化したサービスを提供している。 柔道整復師、日本スポーツ協会公認アスレティックトレーナー、NSCA C.S.C.S等のスポーツトレーナー資格を多種保持。