Zoomを使って「オンライン身体勉強会」参加の為のセットアップ

今回はZoomを使った身体の勉強会の参加するための準備をお伝えします。

まだオンラインに不慣れの方も見えると思います。

何故なら、難しいイメージがあるからですね。
※僕もPCは苦手です(苦笑)

  • パソコン難渋する人
  • ダウンロードが良く分からない人
  • メールで本当にそんな事出来るの?と思う人。

そんな不安を極力減らす為に、身体勉強会参加までの簡単な流れを今回お伝えしていきます。

手順

  1. Zoomをダウンロードします。
  2. メルマガ、LINE友達に登録します。
  3. 登録アドレス、BDP公式LINEにZoomミーティングリンクを送付します。
  4. 送られてきたリンクをタップします。
  5. オンライン身体勉強会開始。

1、Zoomをダウンロードします

あなたのスマートフォン(パソコン)のアプリケーションからZoomを検索します。

【Zoom cloud meeting】をダウンロードします。

2、BDPメルマガ、LINE友達登録します

下記の【BDPからだ通信】へ登録します。
登録はコチラ

【BDPからだ通信】メルマガ登録
お名前(姓)  *
 (例)山田
お名前(名)  *
 (例)太郎
Eメール  *

LINE友達登録をします。

友だち追加

3.登録アドレス、LINEにZoomミーティングリンクを送付します。

登録メールアドレス、公式LINEにZoomミーティングURLを一斉送信します。

メール確認後リンクが貼られているか確認してください。
身体勉強会開講時間近くになりましたら、リンクをタップ(クリック)して下さい。

4、送られてきたリンクをタップします。

リンクをタップするとダウンロードしたZoomのアプリケーションが起動します。
ミーティングに参加をタップ(クリック)するとオンライン身体勉強会に入室出来ます。

5、オンライン身体勉強会

月に2回第2・4水曜日の21時から開始します。(1時間程度)
Zoom内でコミュニケーションも取る事が可能です。
身体の勉強会として、身体を動かす事も行いますし、資料を使って学ぶこともしていきます。
動けるスペースを確保していただき、静かな環境で受講してください。

  • 動きやすい服装。
  • 飲料水・タオル。
  • スマートホンもしくはPC。
  • 必要に応じて筆記用具。

無理しない範囲で健康への取り組みを皆で実践していきましょう!

僕はあなたを応援します!

追伸

オンライン身体勉強会の詳細はコチラ👇
https://body-design-project.com/news/4896/

The following two tabs change content below.

戸川 俊輔

BodyDesignProject 院長株式会社Cure-Care 
高校野球時代に腰を痛め、急性腰痛を20回以上経験。 自らの腰痛を『運動で根本的解決』することに成功し、その理論をメソッド化。無重力ボディメンテナンスを発案し、西洋と東洋の発想を融合した運動指導と整体を得意とする。 無重力ボディデザイナーとして、治療家の視点・トレーナー視点を融合し急性痛を含め、慢性痛のクライアントに対し、根本解決、身体原理、予防医療、健康アドバイザー、日常生活、就労動作、スポーツパフォーマンス向上に特化したサービスを提供している。 柔道整復師、日本スポーツ協会公認アスレティックトレーナー、NSCA C.S.C.S、JATI-ATI等のスポーツトレーナー資格を多種保持。
高校野球時代、腰を痛め医者から「今のままやり続ければ歩けなくなる」と言われるほどの大きな怪我を負いながら、野球に学生時代を捧げる。その後も度重なる激痛に悩まされ、急性腰痛を20回以上経験。 その後、自分の苦しんだ「痛み」を抱える人の役に立ちたいと想い治療家を目指す。 知識と技術を高めるうちに『腰痛の根本的解決を運動で解決出来るのではないか?』と考え、自身の身体で実践したところ、腰痛を克服。 現在はフルマラソン完走・パワーリフティングが出来るまでに。 その経験をメソッド化し、2017年運動療法と治療を同時に行うBodyDesignProjectを地元稲沢市祖父江町に開業。 なかなか改善しない「痛み」を抱えるクライアントに根本解決、予防医療に特化したサービスを提供している。

ABOUTこの記事をかいた人

高校野球時代に腰を痛め、急性腰痛を20回以上経験。 自らの腰痛を『運動で根本的解決』することに成功し、その理論をメソッド化。無重力ボディメンテナンスを発案し、西洋と東洋の発想を融合した運動指導と整体を得意とする。 無重力ボディデザイナーとして、治療家の視点・トレーナー視点を融合し急性痛を含め、慢性痛のクライアントに対し、根本解決、身体原理、予防医療、健康アドバイザー、日常生活、就労動作、スポーツパフォーマンス向上に特化したサービスを提供している。 柔道整復師、日本スポーツ協会公認アスレティックトレーナー、NSCA C.S.C.S、JATI-ATI等のスポーツトレーナー資格を多種保持。