自分と真剣に向き合える環境設定。

BodyDesignProjectの戸川です。

先日開催しました

「冬のギックリ不安をたった5分で消す身体のトリセツ!個別対策実践会」

参加された方のお声を頂きました。

49歳 女性 Kさん

以下抜粋

① 今回の「冬のギックリ不安をたった5分で消す身体のトリセツ!個別対策実践会」に参加しようと思ったきっかけ、あるいは悩んでいたことはありますか?

20歳台から繰り返すギックリ腰に悩まされていたので、腰痛に特化した内容で、なおかつ個別対策ということで参加しました。
オンラインの良さは、自分がケアするしかない環境のため、自分の体により真剣に向き合える時間となり、痛みを自分でなんとかできるようにしようというキッカケにはとてもいい状況であることは実感済みなため参加しました。

②戸川はどんな印象でしたか?(人柄な部分)

知識も実績も経験も豊富であり、また本当に些細な悩み、痛み、違和感に対しても私が納得いくまで、体の痛みがなくなるまで向き合ってくれる姿勢が、きっとよくなるという安心と希望を与えてくれる存在です。

③同様の腰痛に関する体験会やワークショップが多くある中で、戸川の体験会を選んだ理由は何ですか?

リアルでも戸川さんのワークのわかりやすさと痛みがよくなることを実感しているので。

④今回の戸川の実践会に参加したことで解決されたことを教えてください

一般的に苦手なワークはやるとかえって身体を痛めることが多いのですが、長座や股関節トレーニングを、私の身体の特徴に合わせて教えていただいたので無理なくやれた上に、股関節へのいい刺激になりました。

⑤戸川の体験会はどんな人にオススメですか?

本やテレビ、いろんな情報にすがってチャレンジしたけど効果が得られなかった人。
費やした時間を無駄にしないワークだと思います。


Kさん、ありがとうございました。

正直こんなにうれしいお言葉を頂けて、僕自身もやっていて良かったと思いました。
その中でも、オンラインの良さを感想でいただけたことに、感謝でしかありません。

そうなのです・・・自分で自分に真剣に関わる!この環境設定こそオンラインの醍醐味であると僕は感じていました。

他力に頼り切れない、だからこそやるしかないという気持ち。
本当に大切であると思います。

僕の成功体験でしかありませんが、希望を与える存在になれたこと。
嬉しい限りです。

もしあなたが、腰痛に悩み、解決したいのであれば?
今回のグループ体験会は、あなたの為のものです。

僕と一緒に理想の健康を目指し、トライしていきましょう!

グループ体験会はこちらをクリック👇
1月11日(月)10時までの受付になります。https://peraichi.com/landing_pages/view/body-instruction-manual1

The following two tabs change content below.
戸川 俊輔

戸川 俊輔

BodyDesignProject 院長株式会社Cure-Care 
高校野球時代に腰を痛め、急性腰痛を20回以上経験。 自らの腰痛を『運動で根本的解決』することに成功し、その理論をメソッド化。無重力ボディメンテナンスを発案し、西洋と東洋の発想を融合した運動指導と整体を得意とする。 無重力ボディデザイナーとして、治療家の視点・トレーナー視点を融合し急性痛を含め、慢性痛のクライアントに対し、根本解決、身体原理、予防医療、健康アドバイザー、日常生活、就労動作、スポーツパフォーマンス向上に特化したサービスを提供している。 柔道整復師、日本スポーツ協会公認アスレティックトレーナー、NSCA C.S.C.S、JATI-ATI等のスポーツトレーナー資格を多種保持。
高校野球時代、腰を痛め医者から「今のままやり続ければ歩けなくなる」と言われるほどの大きな怪我を負いながら、野球に学生時代を捧げる。その後も度重なる激痛に悩まされ、急性腰痛を20回以上経験。 その後、自分の苦しんだ「痛み」を抱える人の役に立ちたいと想い治療家を目指す。 知識と技術を高めるうちに『腰痛の根本的解決を運動で解決出来るのではないか?』と考え、自身の身体で実践したところ、腰痛を克服。 現在はフルマラソン完走・パワーリフティングが出来るまでに。 その経験をメソッド化し、2017年運動療法と治療を同時に行うBodyDesignProjectを地元稲沢市祖父江町に開業。 なかなか改善しない「痛み」を抱えるクライアントに根本解決、予防医療に特化したサービスを提供している。

ABOUTこの記事をかいた人

戸川 俊輔

高校野球時代に腰を痛め、急性腰痛を20回以上経験。 自らの腰痛を『運動で根本的解決』することに成功し、その理論をメソッド化。無重力ボディメンテナンスを発案し、西洋と東洋の発想を融合した運動指導と整体を得意とする。 無重力ボディデザイナーとして、治療家の視点・トレーナー視点を融合し急性痛を含め、慢性痛のクライアントに対し、根本解決、身体原理、予防医療、健康アドバイザー、日常生活、就労動作、スポーツパフォーマンス向上に特化したサービスを提供している。 柔道整復師、日本スポーツ協会公認アスレティックトレーナー、NSCA C.S.C.S、JATI-ATI等のスポーツトレーナー資格を多種保持。