筋力トレーニングは必要か?

稲沢市祖父江町のBodyDesignProjectの戸川です。

筋力トレーニング不要論をたまに見かけますね(苦笑)

この考え方に関して僕は、賛否があってよいと思うのですが、今回は僕の持論をお届けします。

筋力トレーニングは?必要or不必要

結論!

「必要です!」

必要なのですが、その筋力トレーニングの行い方重さとの付き合い方がどうなっているのかが、非常に大切な視点になります。
何故なら、身体への影響は行い方や重さとの関わり方で天地の差になります。

過去の僕は筋トレ一神教みたいな感じで取り組んでいました。
その時の身体といえば、筋骨隆々。身体中は、パンパンッでカッチカチ。
扱う重量も体重以上なもので、かなり踏ん張ってトレーニングをしていました。
そんな事をしていた為、常に筋肉にストレスが溜まっている状態でした。

その後、過去の記事でも書きました・・・横紋筋融解症になりかけ、筋トレを見直す機会を頂きました。

西洋トレーニングとは真逆の東洋トレーニング?日本古来の古武道を学び、筋トレではない世界を体験しました。今でこそ、その合理的な身体の使い方を再現するため日々検証しているのですが、この合理的な身体の使い方を筋トレにも応用しているわけです。

過去のような凄まじい追い込みは現在はしていません。

約2年ほど追い込むような筋トレから離れ、うまく重さと繫がって効率的・合理的な感覚トレーニングを推奨しています。

人間は筋肉(筋力)がなければ、重力に打ち勝つことができません。
ただ、重力とケンカをするような踏ん張る機会を増やしても身体を壊していくだけです。

だからこそ、合理性を追求して、

長く健康に扱える身体を手に入れる為の身体のトリセツ

をお伝えしているわけです。

もしあなたが筋力トレーニングに疑問を持ち始めたり、自分のやり方は合っているのか?
不安があるのであれば、是非ご相談ください!

こんなご時世ですので、Zoomを使った無料相談をあなたにお届けします!

筋トレ➡感トレのトリセツ「無料相談」

感トレのトリセツ無料相談

この相談に関しては、トレーナーの視点でお伝えさせて頂きます!
※腰痛やひざ痛など、痛みの悩みに関する相談は別企画がありますのでそちらをご利用ください!

1日限定先着名さま
※通常4500円0円

完全予約制で行います。
※現在通われている患者さん、クライアントさんも見えるので、スキマ時間で行います。

まずはお問い合わせの上、折り返しご連絡させて頂きます!
※折り返しの際に相談に必要な情報の共有をお願いしますので、ご了承ください。

お問い合わせは下記よりお願いいたします👇

    The following two tabs change content below.

    戸川 俊輔

    BodyDesignProject 院長株式会社Cure-Care 
    高校野球時代に腰を痛め、急性腰痛を20回以上経験。 自らの腰痛を『運動で根本的解決』することに成功し、その理論をメソッド化。無重力ボディメンテナンスを発案し、西洋と東洋の発想を融合した運動指導と整体を得意とする。 無重力ボディデザイナーとして、治療家の視点・トレーナー視点を融合し急性痛を含め、慢性痛のクライアントに対し、根本解決、身体原理、予防医療、健康アドバイザー、日常生活、就労動作、スポーツパフォーマンス向上に特化したサービスを提供している。 柔道整復師、日本スポーツ協会公認アスレティックトレーナー、NSCA C.S.C.S、JATI-ATI等のスポーツトレーナー資格を多種保持。
    高校野球時代、腰を痛め医者から「今のままやり続ければ歩けなくなる」と言われるほどの大きな怪我を負いながら、野球に学生時代を捧げる。その後も度重なる激痛に悩まされ、急性腰痛を20回以上経験。 その後、自分の苦しんだ「痛み」を抱える人の役に立ちたいと想い治療家を目指す。 知識と技術を高めるうちに『腰痛の根本的解決を運動で解決出来るのではないか?』と考え、自身の身体で実践したところ、腰痛を克服。 現在はフルマラソン完走・パワーリフティングが出来るまでに。 その経験をメソッド化し、2017年運動療法と治療を同時に行うBodyDesignProjectを地元稲沢市祖父江町に開業。 なかなか改善しない「痛み」を抱えるクライアントに根本解決、予防医療に特化したサービスを提供している。

    ABOUTこの記事をかいた人

    高校野球時代に腰を痛め、急性腰痛を20回以上経験。 自らの腰痛を『運動で根本的解決』することに成功し、その理論をメソッド化。無重力ボディメンテナンスを発案し、西洋と東洋の発想を融合した運動指導と整体を得意とする。 無重力ボディデザイナーとして、治療家の視点・トレーナー視点を融合し急性痛を含め、慢性痛のクライアントに対し、根本解決、身体原理、予防医療、健康アドバイザー、日常生活、就労動作、スポーツパフォーマンス向上に特化したサービスを提供している。 柔道整復師、日本スポーツ協会公認アスレティックトレーナー、NSCA C.S.C.S、JATI-ATI等のスポーツトレーナー資格を多種保持。