物忘れが最近多くなってきたと思われる方、朗報です。

稲沢市祖父江町の
BodyDesignProjectの
戸川です。

あなたは、こんな悩み困った経験ありませんか?

  • 最近、物忘れが多いかも?
  • あれ?ここに来たけど何するんだったっけ?
  • 一日、時間の流れが早く感じるなぁ・・・
  • 中々、人の名前を覚えられない。

これらを放っておくと、こんなことが起こりえます。

  • 認知機能の低下。(認知症予備軍)
  • 新しい事がおっくうになる。
  • 脳から全身にかけて運動不足による血流循環不足。
  • 寝たきりになった場合の回復の遅れ。(リハビリの長期化)

 

こういったことで、悩んでいる方は実はあなただけではありません。
それもそのはず、脳の神経細胞は20歳頃までは同じ数存在し、それ以降は1日に数十万個づつ減少すると言われています。
80歳になると、20歳の時の約40%が減少してしまうと事になります。そんな状態で脳の機能を向上させることができるのでしょうか?

 

実は3つの要素を押さえれば、脳は活性化すると言われています。
そんな要素を押さえたプログラムを運動と交えて行い、「筋力の低下を防ぎ」、「脳の働きを活発にする」機会を準備しました。
是非、この機会に今と、未来の悩みに対して向き合い、改善する方法を体験してみませんか?

 

8月25日(土)祖父江町総合体育館にて認知症予防教室開催!

 

なぜ今から”脳の活性”と”運動”が必要なの?

約17年ほど治療院や接骨院で勤務してきた中、様々な患者さんを見てきました。
痛みを取り除く事が求められる事は当たり前なのですが、それ以外にケガをしない為の身体つくりや、食事の管理、スポーツをしている人であれば、そのスポーツを上手くなる為にはどうすればよいのか?そういった要望に応えるべき様々な取り組みを行ってきました。
そんな中、脳を活性化するプログラムに出会い、1年ほど教室や外部委託教室で行う中、良い効果が得られ、また良い反響も頂きました。

 

20歳以降に減少してしまう神経細胞。しかし、神経と神経を結びつける連結部(シナプス)を働きやすくする方法があります。
それには、脳に新しい適度な刺激を与えることが重要と言われています。

動き(言語・手足)をともなう事。
五感からの情報を得る事。
新しい体験をすること。
感情を刺激する事。

これらの刺激を定期的に入れることで効果を高めることができます。

そして、このプログラムの最大の特徴は「できない時こそが、最大の効果」をもたらします。

あなたも、脳ミソの混乱を楽しんでみませんか?解決策になりえるプログラムによって、未来の身体・脳の働きが変化していきますよ。

こういった人におススメ!

  • 何か変わった刺激が欲しい!
  • 物覚えを取り戻したい!
  • 脳と身体を若返らせたい!

教室を体験して得られやすい効果・反応

①手先の器用さ・集中力が向上。

②注意する能力向上。

③コミュニケーションの情性が良くなった。

④記憶に対する満足度が上がった。

⑤睡眠の満足度が上がった。

8月25日(土)祖父江町総合体育館にて認知症予防教室開催!

詳しい内容はお問い合わせください。

 

戸川のプロフィールは
コチラ👇
http://body-design-project.com/profile/

The following two tabs change content below.
戸川 俊輔

戸川 俊輔

BodyDesignProject 院長株式会社Cure-Care 
高校野球時代に腰を痛め、急性腰痛を20回以上経験。 自らの腰痛を『運動で根本的解決』することに成功し、その理論をメソッド化。無重力ボディメンテナンスを発案し、西洋と東洋の発想を融合した運動指導と整体を得意とする。 無重力ボディデザイナーとして、治療家の視点・トレーナー視点を融合し急性痛を含め、慢性痛のクライアントに対し、根本解決、身体原理、予防医療、健康アドバイザー、日常生活、就労動作、スポーツパフォーマンス向上に特化したサービスを提供している。 柔道整復師、日本スポーツ協会公認アスレティックトレーナー、NSCA C.S.C.S、JATI-ATI等のスポーツトレーナー資格を多種保持。
高校野球時代、腰を痛め医者から「今のままやり続ければ歩けなくなる」と言われるほどの大きな怪我を負いながら、野球に学生時代を捧げる。その後も度重なる激痛に悩まされ、急性腰痛を20回以上経験。 その後、自分の苦しんだ「痛み」を抱える人の役に立ちたいと想い治療家を目指す。 知識と技術を高めるうちに『腰痛の根本的解決を運動で解決出来るのではないか?』と考え、自身の身体で実践したところ、腰痛を克服。 現在はフルマラソン完走・パワーリフティングが出来るまでに。 その経験をメソッド化し、2017年運動療法と治療を同時に行うBodyDesignProjectを地元稲沢市祖父江町に開業。 なかなか改善しない「痛み」を抱えるクライアントに根本解決、予防医療に特化したサービスを提供している。

ABOUTこの記事をかいた人

戸川 俊輔

高校野球時代に腰を痛め、急性腰痛を20回以上経験。 自らの腰痛を『運動で根本的解決』することに成功し、その理論をメソッド化。無重力ボディメンテナンスを発案し、西洋と東洋の発想を融合した運動指導と整体を得意とする。 無重力ボディデザイナーとして、治療家の視点・トレーナー視点を融合し急性痛を含め、慢性痛のクライアントに対し、根本解決、身体原理、予防医療、健康アドバイザー、日常生活、就労動作、スポーツパフォーマンス向上に特化したサービスを提供している。 柔道整復師、日本スポーツ協会公認アスレティックトレーナー、NSCA C.S.C.S、JATI-ATI等のスポーツトレーナー資格を多種保持。