からだの問題で、あなたが最も解決したいのはどれですか?

稲沢市祖父江町のBodyDesignProjectの
戸川です。

陽気になったと思ったら突然の寒気。からだに応えますね・・・

お風邪をひかないよう気を付けていきましょう。

 

私の仕事柄、
痛みの解決と動きの解決を求められる事が多く、そうした関連の質問を良く受けます。

今日も教室で生徒さんより

 

①「膝の痛みが少し気になる。」

②「裏ももと、内ももの張り・筋肉が無い。」

どうすれば良いの?と質問を頂き、

まず修正として「筋肉が無い事はないです」とお伝えします。

この質問良く受けるので必ず修正します。

 

正式には、

ある動きの中でうまく筋肉が使えない為、
裏ももと、内ももの筋肉量が少なく感じるという事。

 

では、本題です。

①②共に解決できる・しやすいトレーニングがあります。


すごく単純な動きです。ヒップリフト。

仰向けでお尻を床から浮かす。これを反復して行うだけです。
すごく単調なんですが、この動き大切なんです。

睡眠中や寝転んで休んでいる時に使う、寝返り時の必要な動きなんです。

そして確認してもらいたいことがあります。

お尻を持ち上げた時、お尻硬くなってますか?

もし、お尻が硬くなってない人は、背中・腰で持ち上げているかもしれませんよ?
(腰痛の原因にもなりえます。)

必ずお尻が硬くなっているか?
お尻の筋肉が使えているか?
ヒップリフトをしながら自分の手でお尻を触って確認しましょう。

 

しっかりお尻が使えてくると、裏ももにも刺激がはいります。

内ももは?と思われた方、大丈夫です!

ヒップリフトの時に

両方の膝の間にクッションや分厚めのタオルをぎゅっと挟みます。

そのままクッションが落ちないように、力を入れたままヒップリフトを行えば内ももにも、お尻にも刺激が入ります。

(私のお勧めは100均で売っている子供が遊ぶ、柔らかいバレーボールぐらいの大きさのゴムボール。それなりに反発してくれるので仕事でも良く使います。)

まとめ(ヒップリフト)

・ヒップリフトは、仰向けで膝を立ててお尻を持ち上げる。

・行う時はお尻の硬さを毎回確認する。

・クッションや分厚いタオルなどを膝で挟みヒップリフトをすれは、内ももに刺激入る。

・寝返りの時に必要な動き。

簡単にまとめてみると、こんな感じです。

残りの①膝の痛みは?どうすれば・・・

実はヒップリフトには、まだまだ素晴らしい効果が・・明日に続きます。

 

お問い合わせはコチラ👇
https://www.body-design-project.co.jp/contact

The following two tabs change content below.
戸川 俊輔

戸川 俊輔

BodyDesignProject 院長株式会社Cure-Care 
高校野球時代に腰を痛め、急性腰痛を20回以上経験。 自らの腰痛を『運動で根本的解決』することに成功し、その理論をメソッド化。無重力ボディメンテナンスを発案し、西洋と東洋の発想を融合した運動指導と整体を得意とする。 無重力ボディデザイナーとして、治療家の視点・トレーナー視点を融合し急性痛を含め、慢性痛のクライアントに対し、根本解決、身体原理、予防医療、健康アドバイザー、日常生活、就労動作、スポーツパフォーマンス向上に特化したサービスを提供している。 柔道整復師、日本スポーツ協会公認アスレティックトレーナー、NSCA C.S.C.S、JATI-ATI等のスポーツトレーナー資格を多種保持。
高校野球時代、腰を痛め医者から「今のままやり続ければ歩けなくなる」と言われるほどの大きな怪我を負いながら、野球に学生時代を捧げる。その後も度重なる激痛に悩まされ、急性腰痛を20回以上経験。 その後、自分の苦しんだ「痛み」を抱える人の役に立ちたいと想い治療家を目指す。 知識と技術を高めるうちに『腰痛の根本的解決を運動で解決出来るのではないか?』と考え、自身の身体で実践したところ、腰痛を克服。 現在はフルマラソン完走・パワーリフティングが出来るまでに。 その経験をメソッド化し、2017年運動療法と治療を同時に行うBodyDesignProjectを地元稲沢市祖父江町に開業。 なかなか改善しない「痛み」を抱えるクライアントに根本解決、予防医療に特化したサービスを提供している。

ABOUTこの記事をかいた人

戸川 俊輔

高校野球時代に腰を痛め、急性腰痛を20回以上経験。 自らの腰痛を『運動で根本的解決』することに成功し、その理論をメソッド化。無重力ボディメンテナンスを発案し、西洋と東洋の発想を融合した運動指導と整体を得意とする。 無重力ボディデザイナーとして、治療家の視点・トレーナー視点を融合し急性痛を含め、慢性痛のクライアントに対し、根本解決、身体原理、予防医療、健康アドバイザー、日常生活、就労動作、スポーツパフォーマンス向上に特化したサービスを提供している。 柔道整復師、日本スポーツ協会公認アスレティックトレーナー、NSCA C.S.C.S、JATI-ATI等のスポーツトレーナー資格を多種保持。