手順を踏む【魔法のレシピ】は実践して始めて身につくもの

稲沢市祖父江町のBodyDesignProjectの戸川です。

4月10日(日)21時にオンライン企画2回目が終了しました。

今回企画としてお届けしている魔法のレシピ。

レシピとは、何かを準備する手順書の事。

魔法とは、人間の力ではなしえない不思議なことを行う術。

この2つの掛け合わせで魔法のレシピです。

※レシピは料理だけではありません。

整体には整体以上のチカラがある。
僕はこの整体という不思議なチカラに魅了され、今でも整体師として治療家&トレーナーという肩書で活動しています。

闇雲に施術(整体)をやるのではなく、何故そうなったのか?
臨床の経験から、また知識から、そして自らの実践から生み出したものを、僕の解釈、体験レベルでしかありませんが、関わるクライアントさんにシェアしています。

しかし、今回お届けした芯・呼吸デザインの術
これを生み出すのにも背景があります。

今まで学んだ過程で出会った方々の知識や知恵を頂き、僕自身が効果検証を積み上げてきたものです。だから僕だけのチカラで作りあげたものではありません。

先人の知恵を頂いたことから出来上がっているものです。

僕の過去は圧倒的に無知でした。(苦笑)
それを僕の師、石川に教えて頂きました。

それから様々な方々(先生)にお会いして、学ばせて頂き今に至っています。

今でこそセミナー講師や教室の講師、講座運営など様々な場面で活動していますが、無知を受け入れた事でここまで成長出来ました。

様々な技術や知識を身につけるうえで、準備されてきたレシピ。
それを魔法の様に活かすことが出来るのは、自分自身の取り組みでしか成し得ない事も身を持って体験してきました。

そのプロセスは大変でした。
しかし、今では簡単です。

何故なら当たり前を一度壊して、自らを省みて再度チャレンジしているからです。
※今出来ないは当たり前。未来は出来る発想。

身体の健康を守る術は、ネットでも本でも、リアルな教室でも、どこにでも転がっています。
しかしながら、健康になれない人も多く存在しています。

それは何故なのでしょか?

身体を痛め、慢性的に苦しむ身体のトラブル。
結果は原因ではないという事です。
痛みの結果は、今までの積み重ねです。
その結果を受け入れない、認めようとしない人を沢山臨床の中で見てきました。

多くの方が道に迷われ、どうすれば解決できるのか・・・知らないのです。

僕はその経験があるからこそ、僕の口から言えます。
※過去の僕も解決できていなかった(苦笑)

継続は力なり➡継続しかチカラにならない
※感覚を磨くのも継続しか道はありません。

この継続する事の重要性を身に染みて感じた僕は、今も学びを止める事はしません。
何故なら、現状維持は衰退であり、老化の階段を降りていく事が見えているからです。

学び方は様々です。

読む, 女性, 女の子, 本, 人, 勉強, 文学, 学生, 若いです, 教育

考える事も必要です。
しかし、実践して身をもって感じる事がもっと大切です

頭の中にある知識だけでは、身につかない現状を受け入れないと、未来は変化しないのです。
今できない事に悲観するのではなく、今できないからこそ未来は出来るかもしれない可能性にチカラを注いだ方が、面白い、明るい未来が待っている気がします。

過去に縛られるのではなく、未来に想いと行動を向けていく発想。
それを大切に今を感じて生きたいものです。

さて、いよいよ来月より開催します「賢幸生体養成講座」の募集特典が残り10日を切りました。

自分自身のレシピを構築するための沢山の手掛かりを準備しています。

もしあなたが、未来の健康を自ら手に入れて生きたいと思われるのであれば、今回の講座はあなたの為のものになります。

詳細を今すぐご確認下さい。

https://peraichi.com/landing_pages/view/kenkouseitai3
※残り4名

The following two tabs change content below.

戸川 俊輔

BodyDesignProject 院長株式会社Cure-Care 
高校野球時代に腰を痛め、急性腰痛を20回以上経験。 自らの腰痛を『運動で根本的解決』することに成功し、その理論をメソッド化。無重力ボディメンテナンスを発案し、西洋と東洋の発想を融合した運動指導と整体を得意とする。 無重力ボディデザイナーとして、治療家の視点・トレーナー視点を融合し急性痛を含め、慢性痛のクライアントに対し、根本解決、身体原理、予防医療、健康アドバイザー、日常生活、就労動作、スポーツパフォーマンス向上に特化したサービスを提供している。 柔道整復師、日本スポーツ協会公認アスレティックトレーナー、NSCA C.S.C.S等のスポーツトレーナー資格を多種保持。
高校野球時代、腰を痛め医者から「今のままやり続ければ歩けなくなる」と言われるほどの大きな怪我を負いながら、野球に学生時代を捧げる。その後も度重なる激痛に悩まされ、急性腰痛を20回以上経験。 その後、自分の苦しんだ「痛み」を抱える人の役に立ちたいと想い治療家を目指す。 知識と技術を高めるうちに『腰痛の根本的解決を運動で解決出来るのではないか?』と考え、自身の身体で実践したところ、腰痛を克服。 現在はフルマラソン完走・パワーリフティングが出来るまでに。 その経験をメソッド化し、2017年運動療法と治療を同時に行うBodyDesignProjectを地元稲沢市祖父江町に開業。 なかなか改善しない「痛み」を抱えるクライアントに根本解決、予防医療に特化したサービスを提供している。

ABOUTこの記事をかいた人

高校野球時代に腰を痛め、急性腰痛を20回以上経験。 自らの腰痛を『運動で根本的解決』することに成功し、その理論をメソッド化。無重力ボディメンテナンスを発案し、西洋と東洋の発想を融合した運動指導と整体を得意とする。 無重力ボディデザイナーとして、治療家の視点・トレーナー視点を融合し急性痛を含め、慢性痛のクライアントに対し、根本解決、身体原理、予防医療、健康アドバイザー、日常生活、就労動作、スポーツパフォーマンス向上に特化したサービスを提供している。 柔道整復師、日本スポーツ協会公認アスレティックトレーナー、NSCA C.S.C.S等のスポーツトレーナー資格を多種保持。