治す人と治る人の違い

稲沢市祖父江町の
BodyDesignProjectの
戸川です。

戸川のプロフィールは
こちら👇
プロフィール紹介

治す人と治る人の差

今回僕がお伝えしていく内容は悪まで僕の持論であり、僕が経験してきた事からお伝えしていきます。

治す人とは、自らの意志で目的を持って活動している方に多く見られます。
というのも、何故痛くなったのか?を自分なりに身体や日常を観察して、原因の追究をしていく傾向があります。
そして、何の為に治したいのか?が明確にある、未来のイメージを大切にされている方であると僕自身感じています。

では、逆の治る人とは、今の自然治癒力に頼り切っている人と解釈しています。
何故なら、痛みの原因に対して真剣に耳を傾けない、痛みという信号に対してとりあえず放っておこうという姿勢をとる傾向にあります。
別段、これが悪い事ではないのですが、次に痛くなった場合も同じ事を繰り返します。いわゆる慢性化です。

治る人は、自分の身体を蔑ろにして扱っている事になるわけです。

実は、治療家でありトレーナーである僕。過去の自分は後者でした。自分を省みない事で同じ過ちを繰り返していた過去。

そこで、新たな自分を発見していく中で、自らに気を使ってあげる発想を学び、身体は借り物であるというイメージが、僕を治る人から治す人に変貌しました。
自らの身体と心を省みる事で、何故痛くなったのか?何故改善しないのか?を追求していきました。

治る人に変貌するには?

如何にして身体の好調を保っていくか?に注目する際、大切にして欲しい視点が2つあります。

それは

  1. 省みる
  2. 受け入れる

自ら痛みを発した身体の事を、人のせいにしたり、環境のせいにしたりしない、精神的な部分を大切にされてみてはいかがでしょうか?

何故、痛くなっているのか?その信号をちゃんと受け取り、しっかり向き合っていく。

今ある痛みを拒むのではなく、受け入れて、身体を改善する為のヒントに置き換えていくのです。
この発想、解釈に変えるという事は、自らの身体や日々の行動、おこないを省みない限り出来ないのです。

痛みを回避する為の、あなたの流れを変えよう

痛みを回避する為の対処療法が頻繁に繰り返される中、薬の処方に頼り切ってしまえば、身体から発する危険信号は鈍感になりえます。
勿論、痛い事は苦痛です。僕自身も過去に多くのケガと痛みを経験してきました。
そんな沢山の経験があるからこそ、自らを変える事がとても大切な事であると視点が手に入り、実体感してきました。

自分の身体の中にある「内なるドクターを目覚めさせて欲しい!」

慢性痛を抱える人には、その想いで関わっています。

あなたの未来の健康を応援しています!

追伸

9月より開始します。一般向け整体講座。

一家に一人整体師を実現する「賢幸生体」。今回お伝えしている内容をふんだんに入れ込んでいく講座になります。

興味のある方は、こちらから詳細を確認ください!👇

https://peraichi.com/landing_pages/view/kenkouseitai2

 

The following two tabs change content below.
戸川 俊輔

戸川 俊輔

BodyDesignProject 院長株式会社Cure-Care 
高校野球時代に腰を痛め、急性腰痛を20回以上経験。 自らの腰痛を『運動で根本的解決』することに成功し、その理論をメソッド化。無重力ボディメンテナンスを発案し、西洋と東洋の発想を融合した運動指導と整体を得意とする。 無重力ボディデザイナーとして、治療家の視点・トレーナー視点を融合し急性痛を含め、慢性痛のクライアントに対し、根本解決、身体原理、予防医療、健康アドバイザー、日常生活、就労動作、スポーツパフォーマンス向上に特化したサービスを提供している。 柔道整復師、日本スポーツ協会公認アスレティックトレーナー、NSCA C.S.C.S、JATI-ATI等のスポーツトレーナー資格を多種保持。
高校野球時代、腰を痛め医者から「今のままやり続ければ歩けなくなる」と言われるほどの大きな怪我を負いながら、野球に学生時代を捧げる。その後も度重なる激痛に悩まされ、急性腰痛を20回以上経験。 その後、自分の苦しんだ「痛み」を抱える人の役に立ちたいと想い治療家を目指す。 知識と技術を高めるうちに『腰痛の根本的解決を運動で解決出来るのではないか?』と考え、自身の身体で実践したところ、腰痛を克服。 現在はフルマラソン完走・パワーリフティングが出来るまでに。 その経験をメソッド化し、2017年運動療法と治療を同時に行うBodyDesignProjectを地元稲沢市祖父江町に開業。 なかなか改善しない「痛み」を抱えるクライアントに根本解決、予防医療に特化したサービスを提供している。

ABOUTこの記事をかいた人

戸川 俊輔

高校野球時代に腰を痛め、急性腰痛を20回以上経験。 自らの腰痛を『運動で根本的解決』することに成功し、その理論をメソッド化。無重力ボディメンテナンスを発案し、西洋と東洋の発想を融合した運動指導と整体を得意とする。 無重力ボディデザイナーとして、治療家の視点・トレーナー視点を融合し急性痛を含め、慢性痛のクライアントに対し、根本解決、身体原理、予防医療、健康アドバイザー、日常生活、就労動作、スポーツパフォーマンス向上に特化したサービスを提供している。 柔道整復師、日本スポーツ協会公認アスレティックトレーナー、NSCA C.S.C.S、JATI-ATI等のスポーツトレーナー資格を多種保持。