一度の体験はプラス?マイナス?「感〇次第の身体と脳」

稲沢市祖父江町の
BodyDesignProjectの
アスレティックトレーナーの戸川です。

戸川のプロフィールは
コチラ👇
プロフィール紹介

あなたはこの様な経験がありませんか?

  • 治療院に行っても中々改善した感じが無い。
  • 原因は教えてもらえた解決策が不透明。
  • スポーツのケガで通っていても解決する道が見えない。

上記の様な事を放っておくとこのような事が起こるかもしれません。

  • 解決しない身体の問題に諦めてしまう。
  • 結果が感じ取れないから通うのを辞めてしまう。
  • スポーツを継続するのが恐くなる。

ここまでの経験や悩み、実際に僕自身が体感・体験してきた事は紛れもない事実です。だからこそ、お伝えできる事があります。

共同作業が必須!治さない整体とは?

いきなり結論から言いますと、共同作業が必須の治さない整体。こう聞くと、ビックリされると思います。僕の行う賢幸生体。それに和の身体原理を応用した個人トレーニングは感覚優位性のSessionになります。

これは中々文字ではお伝え出来ないのが事実です。

本来、人の身体は治す為の自然治癒力が備わっているのですが、何故慢性痛はなくならないのでしょうか?
そこには理由があります。それは?

  • 自ら痛みが出る身体に仕向けている。
  • 脳内イメージがマイナスに働き身体を弱くしている。
  • 環境と自分を適応できなくしている。

簡潔にまとめるとこのような理由になります。
対処療法で痛みを解決しても、その先は同じ事の繰り返しになります。それは自分を知らなさすぎるというのが根本的な原因であるからです。

自分を知らないとは?

この前のクライアントさんを1例に出させて頂きます。

「実は私、右の肩が下がっているんですよ。なので下着がズレてくるんです。」

結構、あるあるのネタですよね?

こうした場合、肩に意識が向いてしまいます。

所が、今回僕が提案したのは、脚の緊張を抜きましょうです。

左右均等に体重分配する。それをアドバイスさせて頂きました。

そうする事で、難しく言えば「運動連鎖」、簡単に言えば「重さ」。
この2点が変化して肩の位置関係は戻ります。

1つの指摘だけでも、そのクライアントにとっては意識できていなかった事。気づきと発見、そして感動が一緒に味わえる。

因みに、僕は治していない。治したのはクライアントさん本人。治さない整体の意味が少し見えてきたでしょうか?

気づきを与える整体です。
「何それ?簡単じゃんと思われたでしょうか?」

至る所に意識できていない部分と、しっかりストレスを抱えている部分は多く存在します。そこに気づき、自分自身で治すことが出来れば整体は必要ない。ただ、多くの人は気づく事が出来ない領域なんですよね?

何故ならば、感性(五感)が欠落してきているからです。

五感の欠落とは?

  • 薬の多用で痛みを感知する機能は衰えるでしょう。
  • 不自然なものを着る事で皮膚感覚は衰えるでしょう。
  • 花粉症の影響で、嗅覚は鈍るでしょう。
  • スマホの使い過ぎで、視覚は狭まるでしょう。
  • 電子音の聴き過ぎで、聴覚は鈍るでしょう。
  • 添加物(化学物質)の摂取のし過ぎで味覚は衰えるでしょう。

上記の様な事が実際に起こっているわけです。僕の過去もそうでしたからリアルな体験をしています。今こそ、その意識を変え、検証を繰り返して、今の整体技術を提供できるように変化していったわけです。

少し見えてきたでしょうか?

そして!この整体の面白い所が、感情や思考に左右される所になります。

例えば、僕が怒りの感情をもって施術を行えば受け手の相手は緊張が強くなりしんどくなります。

僕が自分の考え事をしながら施術を行えば受け手の相手には何の効果・影響も与える事ができません。

その逆もあります。

相手が施術者を全く受け入れる姿勢がなければ何も変化は起こらないですし、相手が横柄な態度で関わり施術者に怒りないしは、不安・恐怖を与えれば効果は出ないのです。

先に結論を書いてましたが、上記の様な理由で、共同作業の治さない整体の意味を理解いただけたでしょうか?

脳も身体も繋がっています。良いものを提供したいと想う心と身体が整っていなければ変化は起こらない、逆に本当に身体の事に困っている覚悟を決めて取り組む姿勢。

整体を受ける前に、整体は始まっているわけです。

施術者とクライアントの関係性。お互いの相互関係、共同作業でしかないという事になりますね。昔は僕が治す的な発想でした(苦笑)
※完全依存型の受け身な人で、受動的でしかない人を断る理由はここにあります。

本当に治したいという強い想いと決断、それがあなた自身の治癒力を発露する事に繋がるかもしれませんよ?
僕もその想いと覚悟に共鳴していきます!

追伸

賢幸生体養成講座募集開始!

残り7名です。

お急ぎください!

詳細はこちら👇
一家に一人整体師を実現する【賢幸生体(けんこうせいたい)養成講座2期】募集!

整体プログラムに興味のある方は気軽にお問い合わせください。
具体的な質問を頂ければお応えしやすくなります。

戸川に気軽にお問合せはこちら👇

 

今回の募集に先立ちまして、一度整体を体感したい方限定で予約枠を設けます。

2期募集記念!限定企画!

1日限定2名(完全予約)

賢幸生体養成講座

「体感Session」&「説明会」

完全無料にてお届けします。その為、必ず事前予約をお願い致します。
因みに押し売りはしませんから、講座に興味のある方は受けてみて下さい!

注意!こんな人は受けないでください

  • 全く興味の無い人でタダだから受ける人。
  • 予約の時間を守れない人。
  • 予約を入れたにもかかわらず変更する人。
  • 整体に否定的な人。(こんな人は来ないはず)
  • 痛みの治療を求めてくる人。
    (評価が必要なので無料では出来ません。正規で受けて下さい。)

上記の様な人は正直お断りします。ご了承ください。

何故?無料で整体を受けられるのか?

講座自体に興味があり、本当に自分に出来るのか?心配や不安が必ずあると思います。リアルな整体を受け、僕との情報に関わる事で、あなたなりの体験・体感が講座受講の判断材料になります。だからこそ、そういった機会を準備させて頂きました。

興味のある方はお問合せ下さい👇


戸川に気軽にお問合せはこちら👇

【BDPからだ通信】

配信サービス開始しています。

メルマガ【BDPからだ通信】

始めた当初は続くのかな?とも思いましたが続いております。日頃のブログとは違い、少し踏み込んだ内容をお伝えしています。実際にクライアントさんや患者さん、講座生の方々にもシェアしている内容も有れば?僕自身の気付きや感覚、学びをシェアさせて頂いています。

そんな中、第一弾【特典】が完成しました。
※メルマガ登録者限定特典です。

電子レポート【sense】

戸川自身の過去の失敗と変化を綴っています。

  1. 思考と行動の変化
  2. 変わる為のコツ
  3. 抽象と具体の考え
  4. 関係性の構築  等

今の学びと解釈を照らし合わせた、自分の歴史に学びの視点と解釈の視点を調和したレポートになります。全12ページで仕上げてみました。

これを読むことで、あなたの過去の照らし合わせ作業や学びの視点の再確認に役立つかもしれません。また、怪我に苦しんでいる、慢性的に痛みを抱えている方には解釈を変えるヒントになるかもしれません。

戸川自身腰痛に苦しみ、スポーツや治療家としての立ち位置・考え方が大きく変化しました。

そんな要素を詰め込んだ内容【sense】

興味のある方はメルマガ登録してみて下さい!
※いつでも解除できますからご安心を。

メルマガ登録フォームはこちら👇

戸川YouTubeチャンネルはコチラ👇


The following two tabs change content below.
戸川 俊輔

戸川 俊輔

BodyDesignProject 院長株式会社Cure-Care 
高校野球時代に腰を痛め、急性腰痛を20回以上経験。 自らの腰痛を『運動で根本的解決』することに成功し、その理論をメソッド化。無重力ボディメンテナンスを発案し、西洋と東洋の発想を融合した運動指導と整体を得意とする。 無重力ボディデザイナーとして、治療家の視点・トレーナー視点を融合し急性痛を含め、慢性痛のクライアントに対し、根本解決、身体原理、予防医療、健康アドバイザー、日常生活、就労動作、スポーツパフォーマンス向上に特化したサービスを提供している。 柔道整復師、日本スポーツ協会公認アスレティックトレーナー、NSCA C.S.C.S、JATI-ATI等のスポーツトレーナー資格を多種保持。
高校野球時代、腰を痛め医者から「今のままやり続ければ歩けなくなる」と言われるほどの大きな怪我を負いながら、野球に学生時代を捧げる。その後も度重なる激痛に悩まされ、急性腰痛を20回以上経験。 その後、自分の苦しんだ「痛み」を抱える人の役に立ちたいと想い治療家を目指す。 知識と技術を高めるうちに『腰痛の根本的解決を運動で解決出来るのではないか?』と考え、自身の身体で実践したところ、腰痛を克服。 現在はフルマラソン完走・パワーリフティングが出来るまでに。 その経験をメソッド化し、2017年運動療法と治療を同時に行うBodyDesignProjectを地元稲沢市祖父江町に開業。 なかなか改善しない「痛み」を抱えるクライアントに根本解決、予防医療に特化したサービスを提供している。

ABOUTこの記事をかいた人

戸川 俊輔

高校野球時代に腰を痛め、急性腰痛を20回以上経験。 自らの腰痛を『運動で根本的解決』することに成功し、その理論をメソッド化。無重力ボディメンテナンスを発案し、西洋と東洋の発想を融合した運動指導と整体を得意とする。 無重力ボディデザイナーとして、治療家の視点・トレーナー視点を融合し急性痛を含め、慢性痛のクライアントに対し、根本解決、身体原理、予防医療、健康アドバイザー、日常生活、就労動作、スポーツパフォーマンス向上に特化したサービスを提供している。 柔道整復師、日本スポーツ協会公認アスレティックトレーナー、NSCA C.S.C.S、JATI-ATI等のスポーツトレーナー資格を多種保持。