肩こり腰痛で悩む方は必見!更に深い感覚【立甲】とは?

稲沢市祖父江町の
BodyDesignProjectの
戸川です。

戸川のプロフィールは
コチラ👇
https://body-design-project.com/profile/

肩こり腰痛で苦しむ方必見!

私が週に1回スポーツ現場サポートしている某大学野球部選手たちにも立甲を習得していただいています。

立甲(りっこう)が出来ると何が得られるのか?

  1. 肩の痛みが少なくなる、もしくは、なくなる。
  2. 首の痛みが少なくなる、もしくは、なくなる。
  3. 肩、首の不具合・違和感に気づける。
  4. 腰の痛みが少なるなる、もしくは、なくなる。
  5. しゃがみやすくなる。

一般的な日常生活で感じる部分をチョイスしました。

スポーツにおいての立甲が出来ると何が得られるのか?(野球では?)

  1. コントロールが良くなった。
  2. ストレートの球速がアップした。
  3. ピッチング後の疲労、肩周りの筋肉痛が減った。
  4. 肩、肘の痛みが少なくなった、なくなった。

 

実は、私戸川も立甲獲得後、悩みの片頭痛、野球時代に痛めた右肩の痛みがなくなりました。
凄いことに30歳半ばでこの変化です。

これを早い時期に習得出来たら・・・と今更ながら思います。

スポーツ現場サポート

今回は某大学野球部の1年生投手達に立甲習得を目指してもらいました。
しっかりできる選手もいれば、もう少しで肩甲骨が立つ感じの選手もいます。
勿論まだまだ、できない選手も。


※2019年現在は投手全員立甲を獲得しています。選手たちは次のステージに進む感覚優位の身体操作の獲得を目指しています。

各選手それぞれ目標があります。
その為に何をするか?が大切です。

限られた時間の中で何を目指してどうなりたいか?
その為に、いつ、何を、どこで、どのように、どれだけ・・・やるのか?
その時の意識は何を意識するのか?
一つのゴール設定をどうするか?
その後は?
※単純な量をこなす事よりも質を問われる年齢になっていますから。

そんなお話も交えながらの現場サポートしています。

継続しか力にならないです。

YouTubeチャンネル読者様より頂いた質問

【立甲】のやり方を教えて下さい!

ご質問頂きましたH様ありがとうございました。

今回は戸川なりの解釈の元、立甲をお伝えしていきます。

立甲の体得は様々なメリットがあります。しかしながら少々難しい身体操作・感覚が必要になります。
※更に深い身体操作(感覚)では【感じる】視点が必要になります。
詳しい内容は個別Sessionでしか体得できないと思います。

興味のある方は、個別Session体験をご利用ください。

個別Session

通常8500円3000円

ご予約はこちら👇
0587-74-6600

まずはトライしてみて下さい。

動画はこちら👇

The following two tabs change content below.

戸川 俊輔

BodyDesignProject 院長株式会社Cure-Care 
高校野球時代に腰を痛め、急性腰痛を20回以上経験。 自らの腰痛を『運動で根本的解決』することに成功し、その理論をメソッド化。 治療家・トレーナーとして慢性痛のクライアントに対し、根本解決、予防医療に特化したサービスを提供している。 柔道整復師、日本スポーツ協会公認アスレティックトレーナー、NSCA C.S.C.S、JATI-ATI等のスポーツトレーナー資格を保持。
高校野球時代、腰を痛め医者から「今のままやり続ければ歩けなくなる」と言われるほどの大きな怪我を負いながら、野球に学生時代を捧げる。その後も度重なる激痛に悩まされ、急性腰痛を20回以上経験。 その後、自分の苦しんだ「痛み」を抱える人の役に立ちたいと想い治療家を目指す。 知識と技術を高めるうちに『腰痛の根本的解決を運動で解決出来るのではないか?』と考え、自身の身体で実践したところ、腰痛を克服。 現在はフルマラソン完走・パワーリフティングが出来るまでに。 その経験をメソッド化し、2017年運動療法と治療を同時に行うBodyDesignProjectを地元稲沢市祖父江町に開業。 なかなか改善しない「痛み」を抱えるクライアントに根本解決、予防医療に特化したサービスを提供している。

ABOUTこの記事をかいた人

高校野球時代に腰を痛め、急性腰痛を20回以上経験。 自らの腰痛を『運動で根本的解決』することに成功し、その理論をメソッド化。 治療家・トレーナーとして慢性痛のクライアントに対し、根本解決、予防医療に特化したサービスを提供している。 柔道整復師、日本スポーツ協会公認アスレティックトレーナー、NSCA C.S.C.S、JATI-ATI等のスポーツトレーナー資格を保持。