子供が教えてくれる身体の変化

稲沢市祖父江町の
BodyDesignProjectの
戸川です。

戸川のプロフィールは
こちら👇
https://body-design-project.com/profile/

子供は感性が高い!事を教えてくれます。

戸川家には4人の子供が居ます。

8歳、6歳、4歳、2歳・・・無茶苦茶賑やかで、うるさいぐらい(笑)まあ楽しいので良しとしてます。

戸川家での取り組みとして、食事に気を使う事(調味料や食材の質を観る)を取り組んでいますが、観察していると面白いです。

6歳の長男はチョコレートが大好き。
※本当は食べない方が良いんだけど(苦笑)

因みに8歳の長女はチョコレートが大嫌い(笑)
※食べようともしない(苦笑)

これまた凄いギャップです。

 

ただ、6歳の長男は面白い事に、美味しいチョコレートを見極めます。
子供会や何かの行事でもらったお菓子とかありますよね?

貰ったときは、さすがに子供!

「食べたい!」となるわけですが・・・

一口食べては「もう。いらない!捨てて良いよ!」
※食べ物を粗末にするな!と怒られそうですが・・・

実は安いお菓子やチョコレートは、添加物が満載!!
これを子供の味覚が恐らく感じているんですね。

長男の好きなチョコ。カカオ90%以上が必要で極力添加物が入っていない物が好きみたいです。

おかげで、おやつの投資金額が(笑)

量と質

色んなことで量と質の関係性は指摘されます。

自分の中で正解は無いと思っています。量やらないと質まで求められない視点も理解できます。
※トレーニング、整体、ブログ、人付き合い・・・

でも質を求める視点がないと量だけの視点にもなってしまう危険性もある。

両方のバランスが必要。

でも身体を作る為の栄養素の質は?という視点。

これが抜け落ちて生活していくと、何かが変わってしまう気がします。

人を作り上げている物は何か?

ある抽象を具体化していくと沢山の視点を頂けるし、盲点に気づける。

季節、環境、産地、想い、エネルギー値、5大栄養素、農薬、添加物、土壌、水・・・

食べ物一つで身体も思考もどうなるか?これも検証していかないと分かりませんね。

あなたの未来が賢幸でありますように!

戸川YouTubeチャンネル
こちら👇

The following two tabs change content below.
戸川 俊輔

戸川 俊輔

BodyDesignProject 院長株式会社Cure-Care 
高校野球時代に腰を痛め、急性腰痛を20回以上経験。 自らの腰痛を『運動で根本的解決』することに成功し、その理論をメソッド化。無重力ボディメンテナンスを発案し、西洋と東洋の発想を融合した運動指導と整体を得意とする。 無重力ボディデザイナーとして、治療家の視点・トレーナー視点を融合し急性痛を含め、慢性痛のクライアントに対し、根本解決、身体原理、予防医療、健康アドバイザー、日常生活、就労動作、スポーツパフォーマンス向上に特化したサービスを提供している。 柔道整復師、日本スポーツ協会公認アスレティックトレーナー、NSCA C.S.C.S、JATI-ATI等のスポーツトレーナー資格を多種保持。
高校野球時代、腰を痛め医者から「今のままやり続ければ歩けなくなる」と言われるほどの大きな怪我を負いながら、野球に学生時代を捧げる。その後も度重なる激痛に悩まされ、急性腰痛を20回以上経験。 その後、自分の苦しんだ「痛み」を抱える人の役に立ちたいと想い治療家を目指す。 知識と技術を高めるうちに『腰痛の根本的解決を運動で解決出来るのではないか?』と考え、自身の身体で実践したところ、腰痛を克服。 現在はフルマラソン完走・パワーリフティングが出来るまでに。 その経験をメソッド化し、2017年運動療法と治療を同時に行うBodyDesignProjectを地元稲沢市祖父江町に開業。 なかなか改善しない「痛み」を抱えるクライアントに根本解決、予防医療に特化したサービスを提供している。

ABOUTこの記事をかいた人

戸川 俊輔

高校野球時代に腰を痛め、急性腰痛を20回以上経験。 自らの腰痛を『運動で根本的解決』することに成功し、その理論をメソッド化。無重力ボディメンテナンスを発案し、西洋と東洋の発想を融合した運動指導と整体を得意とする。 無重力ボディデザイナーとして、治療家の視点・トレーナー視点を融合し急性痛を含め、慢性痛のクライアントに対し、根本解決、身体原理、予防医療、健康アドバイザー、日常生活、就労動作、スポーツパフォーマンス向上に特化したサービスを提供している。 柔道整復師、日本スポーツ協会公認アスレティックトレーナー、NSCA C.S.C.S、JATI-ATI等のスポーツトレーナー資格を多種保持。