「重さ」と手の繋がり。

稲沢市祖父江町の
BodyDesignProjectの
戸川です。

戸川のプロフィールは
こちら👇
https://body-design-project.com/profile/

「重さ」と「感じる手」の繋がりとは?

学び得たものはすぐさま還元しまくるのが戸川の性格です。
これが良いのか?悪いのか?という考えもありますが、やりたいと思ったらやる!

勿論やる事で、出来ない自分と伝えられていない自分を知る事になるのですが、知らないと始まらないからね。

以前にも重さの概念に触れましたが・・・

今日は別視点で。

あなたは痛みを分かち合えると思いますか?

自分は分かち合えないと思っています。
これは私の持論です。分かち合う為の努力をずっと続けてきた中でたどり着いた結論。

何故?と思われた方は戸川のプロフィールを見てもらえればと思います。

しかし分かち合えるものがあります。

それが重さの概念です。
お互いの繋がりがしっかり合わされば、この概念は凄まじく一致した感覚を与えてくれます。


手を通して繋がる感覚。


自分が探し求めていたものが薄っすらと見えてきた気がします。

 

この概念の凄さがここ最近ですが無茶苦茶凄い事!であると理解できてきました。
※発見した創始者の方は本気で凄すぎる。

 

施術をする中で、色んな先生もゴール設定があると思いますが、各個体(人の身体)で違うわけですよね?
勿論、筋損傷や靭帯の捻挫、骨折ではある程度の回復期間が決まっています。(西欧医学的概念も大切。)

 

慢性疾患で腰痛や肩こりの場合、どこまで施術すればよいのでしょうか?

患者さん、クライアントさんが満足するまで?

施術者が納得するまで?

お互いがこんなもんか?と妥協するまで?

どうでしょうか?

 

自分は一つの基準「重さ」が加わったことでやるべきことが決まりました。

 

その日の施術で軽さの追求をしていくだけ。

そして驚くほど分かる。

力も入りやすい。

でも力んでいない。

患者さん、クライアントさんも分かり、施術側も分かる。


重いものが軽くなる感覚。


お互いが一致する変化・結果が得られる。
※関わりがある前提です。感性も大切。

現在様々な検証を重ねています。

トレーニングで使えるもの。

セルフケアで使えるもの。

自身で変えられるもの。

日々の鍛錬で落とし込みが必要です。

 

あなたは自身の身体の重さに気づけていますか?

その重さの解決が後に大きな財産になりえます。

そんな身体の使い方を体験できるSessionも考えていきます。

興味のある方はお問い合わせください。

 

 

 

 

The following two tabs change content below.
戸川 俊輔

戸川 俊輔

BodyDesignProject 院長株式会社Cure-Care 
高校野球時代に腰を痛め、急性腰痛を20回以上経験。 自らの腰痛を『運動で根本的解決』することに成功し、その理論をメソッド化。無重力ボディメンテナンスを発案し、西洋と東洋の発想を融合した運動指導と整体を得意とする。 無重力ボディデザイナーとして、治療家の視点・トレーナー視点を融合し急性痛を含め、慢性痛のクライアントに対し、根本解決、身体原理、予防医療、健康アドバイザー、日常生活、就労動作、スポーツパフォーマンス向上に特化したサービスを提供している。 柔道整復師、日本スポーツ協会公認アスレティックトレーナー、NSCA C.S.C.S、JATI-ATI等のスポーツトレーナー資格を多種保持。
高校野球時代、腰を痛め医者から「今のままやり続ければ歩けなくなる」と言われるほどの大きな怪我を負いながら、野球に学生時代を捧げる。その後も度重なる激痛に悩まされ、急性腰痛を20回以上経験。 その後、自分の苦しんだ「痛み」を抱える人の役に立ちたいと想い治療家を目指す。 知識と技術を高めるうちに『腰痛の根本的解決を運動で解決出来るのではないか?』と考え、自身の身体で実践したところ、腰痛を克服。 現在はフルマラソン完走・パワーリフティングが出来るまでに。 その経験をメソッド化し、2017年運動療法と治療を同時に行うBodyDesignProjectを地元稲沢市祖父江町に開業。 なかなか改善しない「痛み」を抱えるクライアントに根本解決、予防医療に特化したサービスを提供している。

ABOUTこの記事をかいた人

戸川 俊輔

高校野球時代に腰を痛め、急性腰痛を20回以上経験。 自らの腰痛を『運動で根本的解決』することに成功し、その理論をメソッド化。無重力ボディメンテナンスを発案し、西洋と東洋の発想を融合した運動指導と整体を得意とする。 無重力ボディデザイナーとして、治療家の視点・トレーナー視点を融合し急性痛を含め、慢性痛のクライアントに対し、根本解決、身体原理、予防医療、健康アドバイザー、日常生活、就労動作、スポーツパフォーマンス向上に特化したサービスを提供している。 柔道整復師、日本スポーツ協会公認アスレティックトレーナー、NSCA C.S.C.S、JATI-ATI等のスポーツトレーナー資格を多種保持。