野菜を育てる?○○を育てる?クライアントさんから聞いて感じた共通点とは?

稲沢市祖父江町の
BodyDesignProjectの
戸川です。

戸川のプロフィールは
こちら👇
https://body-design-project.com/profile/

野菜を育てる過程と筋肉を育てる過程、非常に似ています!

今日のクライアントさん、身体への健康意識が非常に高く、教室に、コンディショニングに当店を利用して頂いています。

そんなクライアントさんとの施術中の一コマのお話。

「野菜の収穫時期について」を語ってくれました。

野菜を収穫するタイミングって非常に難しいそうです。
要は一番美味しい時に採る瞬間はいつ?

ゴール設定があり、そのピークがいつなのか?
野菜の特徴が最高に出し切れるハイパフォーマンス時期があるという事です。

でもその野菜を育てる過程で、


①手間暇かけたのか?
(草取り、肥料のタイミング、余分な葉っぱの除去、どの方向に育てたいのか等々)

②手間をかけていないのか?


この2つで育ち方も、味も全然変わってしまう。

そんなお話をスポーツや筋トレに置き換えてみると⁈

スポーツにも、トレーニングにも、筋肉にも共通する内容が、ものすごく有り驚きました。
今更なんですが(苦笑)

スポーツやトレーニングにも鍛錬する時期(筋肥大、筋力養成、パワー養成)があり、目標のある場合は試合期、維持期、そしてピーク期などに分かれています。

  • トレーニングの種目は何か?
  • トレーニングの頻度は?
  • トレーニングの時間は?
  • トレーニングの量は?
  • トレーニングの時期は?
  • トレーニング前・後の休息・栄養は?

 

本当に共通事項が多い!

身体にも手間暇かける事が重要ですね。

 

今日聞けたお話の中でも共通事項を照らし合わせる事って大切だと感じました。

その本質を知るに繋がるから。

身体のコンディショニングを整える為に来て頂いているにもかかわらず、こちらが勉強させて頂く、気づきを頂くという・・・

何とも有りがたいお話。

この仕事の特権ですね。

だから、やめられない!

あなたも、自分がしている事に何か照らし合わせる作業をすると・・・

新たな発見が見つかるかもしれませんよ?

追伸

身体の痛み、不安を抱えている方、お問い合わせください。
あなたの身体の悩み、問題に対して解決策があればメールにて対応可能であればアドバイスさせて頂きます。

 

The following two tabs change content below.
戸川 俊輔

戸川 俊輔

BodyDesignProject 院長株式会社Cure-Care 
高校野球時代に腰を痛め、急性腰痛を20回以上経験。 自らの腰痛を『運動で根本的解決』することに成功し、その理論をメソッド化。無重力ボディメンテナンスを発案し、西洋と東洋の発想を融合した運動指導と整体を得意とする。 無重力ボディデザイナーとして、治療家の視点・トレーナー視点を融合し急性痛を含め、慢性痛のクライアントに対し、根本解決、身体原理、予防医療、健康アドバイザー、日常生活、就労動作、スポーツパフォーマンス向上に特化したサービスを提供している。 柔道整復師、日本スポーツ協会公認アスレティックトレーナー、NSCA C.S.C.S、JATI-ATI等のスポーツトレーナー資格を多種保持。
高校野球時代、腰を痛め医者から「今のままやり続ければ歩けなくなる」と言われるほどの大きな怪我を負いながら、野球に学生時代を捧げる。その後も度重なる激痛に悩まされ、急性腰痛を20回以上経験。 その後、自分の苦しんだ「痛み」を抱える人の役に立ちたいと想い治療家を目指す。 知識と技術を高めるうちに『腰痛の根本的解決を運動で解決出来るのではないか?』と考え、自身の身体で実践したところ、腰痛を克服。 現在はフルマラソン完走・パワーリフティングが出来るまでに。 その経験をメソッド化し、2017年運動療法と治療を同時に行うBodyDesignProjectを地元稲沢市祖父江町に開業。 なかなか改善しない「痛み」を抱えるクライアントに根本解決、予防医療に特化したサービスを提供している。

ABOUTこの記事をかいた人

戸川 俊輔

高校野球時代に腰を痛め、急性腰痛を20回以上経験。 自らの腰痛を『運動で根本的解決』することに成功し、その理論をメソッド化。無重力ボディメンテナンスを発案し、西洋と東洋の発想を融合した運動指導と整体を得意とする。 無重力ボディデザイナーとして、治療家の視点・トレーナー視点を融合し急性痛を含め、慢性痛のクライアントに対し、根本解決、身体原理、予防医療、健康アドバイザー、日常生活、就労動作、スポーツパフォーマンス向上に特化したサービスを提供している。 柔道整復師、日本スポーツ協会公認アスレティックトレーナー、NSCA C.S.C.S、JATI-ATI等のスポーツトレーナー資格を多種保持。