最近筋トレしている人や情報を目にするようになったんですけど、何故でしょうか?

稲沢市祖父江町の
BodyDesignProjectの
戸川です。

戸川のプロフィールは
コチラ👇
https://body-design-project.com/profile/

筋トレ情報、筋トレしている人を良く目にします。何故ですか?

先日、教室クライアントさんから聞かれました。

何故なんでしょうか?

「それは意識レベルに筋トレの優先順位が上がった証拠です。」と伝えました。

人は興味のあるもの、欲しいものがあると、その情報、物へのアンテナ感度があがります。
なので最近良く目にするとか、人が話している中でその話題になると反応が高まる。
それだけで共感が持てたりもします。


私自身の場合は、筋トレ情報をとりにいってますが・・・(笑)

他には、子供の情報を目にする機会、子供自体を良く見ます。

自身4児の父であるため、子供が好き、子供の発達に興味があるという感じの意識レベルがあります。


逆に、芸能人には全く興味がないため、恐ろしく知らない有名人が多いです。(無意識レベル)
近くに来てくれるイベントなどにも、わざわざ行かないタイプ(苦笑)
これはこれで問題なのですが。

あなたの意識レベルを身体に向けませんか?

勿論、筋トレに興味を持ってくれた事は非常に嬉しいです。
更にそれを高める為に、何が必要なのか?

あなたの「身体の伸びしろワーク」をお伝えします。

まず・・・

①あなたの身体の中に意識を向ける時間が必要です。

  • 今日は腰が重いなぁ。
  • 今日は脚が軽い。
  • 今日も足がむくんで痛い、動かしにくい。等々

上記の様な事は、あなたにも経験があると思います。
そこからの一歩が

②「その部分を触ってみる。」

筋肉の硬さは?
温度は?
皮膚の弾力性は?

①②を日々続けるだけで、あなたの身体へのアンテナ感度は高まります。
気づける身体に変化するわけです。

あなたの身体は、あなただけのもの。

あなたの身体を大切にする時間を設けましょう。

あなたの身体に気遣いをしましょう。

それがあなた自身の身体変化に気づける健康への第一歩!

あなたの腰は?どうなってますか?
すごく緊張しているかもしれませんよ?

追伸

身体の痛み、不安を抱えている方、お問い合わせください。
あなたの身体の悩み、問題に対して解決策があればメールにて対応可能であればアドバイスさせて頂きます。

 

The following two tabs change content below.
戸川 俊輔

戸川 俊輔

BodyDesignProject 院長株式会社Cure-Care 
高校野球時代に腰を痛め、急性腰痛を20回以上経験。 自らの腰痛を『運動で根本的解決』することに成功し、その理論をメソッド化。無重力ボディメンテナンスを発案し、西洋と東洋の発想を融合した運動指導と整体を得意とする。 無重力ボディデザイナーとして、治療家の視点・トレーナー視点を融合し急性痛を含め、慢性痛のクライアントに対し、根本解決、身体原理、予防医療、健康アドバイザー、日常生活、就労動作、スポーツパフォーマンス向上に特化したサービスを提供している。 柔道整復師、日本スポーツ協会公認アスレティックトレーナー、NSCA C.S.C.S、JATI-ATI等のスポーツトレーナー資格を多種保持。
高校野球時代、腰を痛め医者から「今のままやり続ければ歩けなくなる」と言われるほどの大きな怪我を負いながら、野球に学生時代を捧げる。その後も度重なる激痛に悩まされ、急性腰痛を20回以上経験。 その後、自分の苦しんだ「痛み」を抱える人の役に立ちたいと想い治療家を目指す。 知識と技術を高めるうちに『腰痛の根本的解決を運動で解決出来るのではないか?』と考え、自身の身体で実践したところ、腰痛を克服。 現在はフルマラソン完走・パワーリフティングが出来るまでに。 その経験をメソッド化し、2017年運動療法と治療を同時に行うBodyDesignProjectを地元稲沢市祖父江町に開業。 なかなか改善しない「痛み」を抱えるクライアントに根本解決、予防医療に特化したサービスを提供している。

ABOUTこの記事をかいた人

戸川 俊輔

高校野球時代に腰を痛め、急性腰痛を20回以上経験。 自らの腰痛を『運動で根本的解決』することに成功し、その理論をメソッド化。無重力ボディメンテナンスを発案し、西洋と東洋の発想を融合した運動指導と整体を得意とする。 無重力ボディデザイナーとして、治療家の視点・トレーナー視点を融合し急性痛を含め、慢性痛のクライアントに対し、根本解決、身体原理、予防医療、健康アドバイザー、日常生活、就労動作、スポーツパフォーマンス向上に特化したサービスを提供している。 柔道整復師、日本スポーツ協会公認アスレティックトレーナー、NSCA C.S.C.S、JATI-ATI等のスポーツトレーナー資格を多種保持。