便利を追求したあまり、あなたは「しゃがむ」ことが出来なくなっていませんか?

稲沢市祖父江町の
BodyDesignProjectの
戸川です。

戸川のプロフィールは
コチラ👇
https://body-design-project.com/profile/

あなたはこんな経験ありませんか?

  • しゃがみ込むことが出来ない。
  • 和式トイレがしんどくて用を足す事が出来ない。
  • 床に座っていると腰痛がひどくなる。
  • しゃがんだ状態だと腕を挙げられない。

上記の様な事を放っておくとこんなことが起こりえます。

  • しゃがむことが億劫になり、更にしゃがむことが出来なくなっていく。
  • お尻回り、足首周りが硬くなり、腰痛や膝痛が起こりえます。
  • 関節が硬くなるということは、筋肉の伸びる縮むの範囲が狭くなり、筋力低下が起こりえます。
  • 関節や筋肉に動き働きが悪くなり、代謝が下がっていきます。

何故「しゃがむ」ことが大切なのか?

しっかりしゃがみ込む事が苦痛なくできるということは、あらゆる筋肉、関節に過度な負荷がかかっていないということが言えます。

実は便利を追求し椅子による生活を余儀なくされたことで身体全体の働きが悪くなっている事を身をもって体感しました。

講師として専門学校に行っていた時、若い17歳~20歳代の生徒たちがしゃがめない状態であったこと。

スポーツ現場で野球やサッカー、バスケットボールをしている選手がしゃがみ込めない状態であったこと。

そして若年性ロコモティブシンドロームが出てきている現代社会。

 

そんな中、今回おススメするスクワット。

「インナースクワット」

写真のようなスクワットを行います。
戸川自身も日頃から行っているスクワット。

このスクワットで大切なのは、日々の身体の内面で感じる変化に目を向けるスクワットであるという事です。

毎日行うことで、

「今日はここが硬い感じがする。」
「背中が緊張している。」
「今日は全体的にスムーズにリラックス出来ている。」
「足首の硬さが際立っている。」
等々・・・

身体の感覚に目を向けて行うスクワットです。

 

恥ずかしながら、
上記で述べた、
・和式トイレで一苦労する。
・床に長時間座ると腰痛が出る。

という例は、私戸川自身が過去に苦しんだ経験がある事です。

今では写真の通り苦痛なく「しゃがむ」ことが出来ます。

そもそも「しゃがめません」という方は
下記の動画を参考にしてください。
体操教室、スポーツ現場でも多用しています。

「複合エクササイズ動画」
私戸川もこのエクササイズで身体がかなり変化しました!
継続は力です。腰痛や膝痛でお困りの方、柔軟性がないと悩んでいる方におススメ!

あなたも是非トライしてみては?

追伸

パーソナルトレーニング体験Sessionできます。
あなたの身体の痛み悩み、問題の解決策を一緒に探していきませんか?
興味のある方は是非お問い合わせください。

戸川のプロフィールは
コチラ👇
https://body-design-project.com/profile/

 

The following two tabs change content below.
戸川 俊輔

戸川 俊輔

BodyDesignProject 院長株式会社Cure-Care 
高校野球時代に腰を痛め、急性腰痛を20回以上経験。 自らの腰痛を『運動で根本的解決』することに成功し、その理論をメソッド化。無重力ボディメンテナンスを発案し、西洋と東洋の発想を融合した運動指導と整体を得意とする。 無重力ボディデザイナーとして、治療家の視点・トレーナー視点を融合し急性痛を含め、慢性痛のクライアントに対し、根本解決、身体原理、予防医療、健康アドバイザー、日常生活、就労動作、スポーツパフォーマンス向上に特化したサービスを提供している。 柔道整復師、日本スポーツ協会公認アスレティックトレーナー、NSCA C.S.C.S、JATI-ATI等のスポーツトレーナー資格を多種保持。
高校野球時代、腰を痛め医者から「今のままやり続ければ歩けなくなる」と言われるほどの大きな怪我を負いながら、野球に学生時代を捧げる。その後も度重なる激痛に悩まされ、急性腰痛を20回以上経験。 その後、自分の苦しんだ「痛み」を抱える人の役に立ちたいと想い治療家を目指す。 知識と技術を高めるうちに『腰痛の根本的解決を運動で解決出来るのではないか?』と考え、自身の身体で実践したところ、腰痛を克服。 現在はフルマラソン完走・パワーリフティングが出来るまでに。 その経験をメソッド化し、2017年運動療法と治療を同時に行うBodyDesignProjectを地元稲沢市祖父江町に開業。 なかなか改善しない「痛み」を抱えるクライアントに根本解決、予防医療に特化したサービスを提供している。

ABOUTこの記事をかいた人

戸川 俊輔

高校野球時代に腰を痛め、急性腰痛を20回以上経験。 自らの腰痛を『運動で根本的解決』することに成功し、その理論をメソッド化。無重力ボディメンテナンスを発案し、西洋と東洋の発想を融合した運動指導と整体を得意とする。 無重力ボディデザイナーとして、治療家の視点・トレーナー視点を融合し急性痛を含め、慢性痛のクライアントに対し、根本解決、身体原理、予防医療、健康アドバイザー、日常生活、就労動作、スポーツパフォーマンス向上に特化したサービスを提供している。 柔道整復師、日本スポーツ協会公認アスレティックトレーナー、NSCA C.S.C.S、JATI-ATI等のスポーツトレーナー資格を多種保持。