理想的な○○○を成功させるために何が必要ですか?

腰痛を運動で解決する
BodyDesignProjectの戸川です。

理想的な減量を成功させるために何が必要ですか?

私戸川が取り組んでいるパワーリフティングでは体重別の階級があります。
その為、大会前には必ずその体重にする必要があるのです。(体重オーバーは失格。)

今回は私の成功例と失敗例をシェアしていきます。

2018年7月に出場しましたベンチプレス選手権大会前の体重推移です。

2018年3月にはバルクアップ(体重増量)を図り89㎏近くまで持っていきました。
何故体重を増やしたのか?ですが、筋量の増加を目指す事と重いものを持ち上げる為の戦略です。

そこから7月8日までに、83㎏まで落としました。
そこで注目したいのが・・・
筋肉量です。

こんなに上手くいくものなのですか?

勿論失敗も経験しています。

失敗例です。
短期間の減量は折角育てた筋肉がそぎ落ちていきます。

70Kg近くあった筋肉も64Kgまで落ちてしまう羽目に。
数値も安定していません。

何故食べないダイエットが駄目なのか?
一目瞭然です。
トレーニングに見合った栄養が全く足りていない状況では、筋肉を削ってエネルギーとして使われてしまうわけです。

それに伴い代謝も下がるわけなので、食事を戻せばすぐにリバウンドです。
1カ月後には6Kg増です。(上記写真)

勿論トレーニングは継続し栄養摂取もしているので、筋肉も増えています。

そこでポイント!

  • 減量と共に必ず摂取して欲しいものはタンパク質と脂質です。
  • 体重推移を必ず記録する事。
  • トレーニング量にも注意。

 

体重1Kgに対して1gのタンパク質量が最低必要になります。(55Kgの体重であれば55g)
お肉・魚・大豆・卵などです。
戸川はたまごメインの食事です。勿論プロテインでも補っています。

脂質は良質なものがおススメ。フィッシュオイルの服用も良いですが、減量期私戸川が食したのが素焼きのミックスナッツ。
勿論食べ過ぎは注意です。

 

体重は朝と夜で記録します。(上記の画像アプリとは別で直ぐに記録できるものを戸川は利用しています。)
RecStyleというアプリです。
朝の体重と夜の体重の増え幅で何を食べるか?食べないか?を見極めます。

 

トレーニング量・強度に注意が必要です。
減量期はエネルギーが不足しがちになります。
休憩をとりながら、追い込み過ぎない事です。
ケガをし易い身体環境になっています。
免疫機能も低下しますので風邪をひかない為にも、ビタミン系は摂取です。

あなたもまずは、体重管理から始めませんか?
もし体重管理が出来ているなら、食事の見直しです。

しっかり食事の管理摂取と計画的なトレーニング頻度は必ず身体を変化させますよ。

是非トライしてみて下さい。

継続しか力になりません。

追伸

パーソナルトレーニング体験Sessionでは、ダイエット・バルクアップの方法・考え方もお伝えします。
興味のある方はまずは、お問い合わせください。ブログ読者限定で、今の身体の悩み解決方法をお伝えします。

戸川のプロフィールは
コチラ👇
http://body-design-project.com/profile/

The following two tabs change content below.
戸川 俊輔

戸川 俊輔

BodyDesignProject 院長株式会社Cure-Care 
高校野球時代に腰を痛め、急性腰痛を20回以上経験。 自らの腰痛を『運動で根本的解決』することに成功し、その理論をメソッド化。無重力ボディメンテナンスを発案し、西洋と東洋の発想を融合した運動指導と整体を得意とする。 無重力ボディデザイナーとして、治療家の視点・トレーナー視点を融合し急性痛を含め、慢性痛のクライアントに対し、根本解決、身体原理、予防医療、健康アドバイザー、日常生活、就労動作、スポーツパフォーマンス向上に特化したサービスを提供している。 柔道整復師、日本スポーツ協会公認アスレティックトレーナー、NSCA C.S.C.S、JATI-ATI等のスポーツトレーナー資格を多種保持。
高校野球時代、腰を痛め医者から「今のままやり続ければ歩けなくなる」と言われるほどの大きな怪我を負いながら、野球に学生時代を捧げる。その後も度重なる激痛に悩まされ、急性腰痛を20回以上経験。 その後、自分の苦しんだ「痛み」を抱える人の役に立ちたいと想い治療家を目指す。 知識と技術を高めるうちに『腰痛の根本的解決を運動で解決出来るのではないか?』と考え、自身の身体で実践したところ、腰痛を克服。 現在はフルマラソン完走・パワーリフティングが出来るまでに。 その経験をメソッド化し、2017年運動療法と治療を同時に行うBodyDesignProjectを地元稲沢市祖父江町に開業。 なかなか改善しない「痛み」を抱えるクライアントに根本解決、予防医療に特化したサービスを提供している。

ABOUTこの記事をかいた人

戸川 俊輔

高校野球時代に腰を痛め、急性腰痛を20回以上経験。 自らの腰痛を『運動で根本的解決』することに成功し、その理論をメソッド化。無重力ボディメンテナンスを発案し、西洋と東洋の発想を融合した運動指導と整体を得意とする。 無重力ボディデザイナーとして、治療家の視点・トレーナー視点を融合し急性痛を含め、慢性痛のクライアントに対し、根本解決、身体原理、予防医療、健康アドバイザー、日常生活、就労動作、スポーツパフォーマンス向上に特化したサービスを提供している。 柔道整復師、日本スポーツ協会公認アスレティックトレーナー、NSCA C.S.C.S、JATI-ATI等のスポーツトレーナー資格を多種保持。