今しかないんです!未来の身体をかえるには!!??

BodyDesignProjectの戸川です。

今日は少し過去を振り返ります。

寝たきり状態になった
身体を見たことありますか?

去年の6月、私の大切な人を亡くしました。
未だに寂しさが込み上げる時があります。

実はその方の異変に気付いたのも・・・
私でした。

2月の事です。

定期的に来院されていたMさん。

1月にインフルエンザにかかり完治された中でした。

丁度、病院帰りで風邪気味??
だったそうです。

そんな中、施術に来ていただいたのですが・・・

「いつもと様子がおかしい?」と施術の中で思ったわけです。

 

咳き込み方がひどく、喘息??と思わせるぐらい。

でも、喘息は過去にもないです。

インフルエンザも大丈夫との事。

 

そんな中、
背中を触った時でした・・・??

 

「肋骨の弾力性が無い・・・。」
「呼吸音もおかしいぞ?」

 

その段階で施術は中止し、別の医療機関の受診を進めました。

 

実は私戸川、去年8月頃に肺炎にかかったんです。

自身が肺炎にかかった経験があったからこそ気づけた今回の直感。

 

後から報告を受けましたが、肺炎で緊急入院になりました。

その後、ただの肺炎ではなく・・・

非常に重篤な肺炎と言うことが分かりました。

 

が、回復をイメージし、呼吸器系のリハビリができるよう準備し、プログラムを考えていました。

 

しかし現実は・・・

 

起きることすらできない、自身で呼吸する事さえできない状態に。

みるみる筋肉は落ちていき、骨と皮膚?という状態に。

 

6月・・・息を引き取りました。

 

あの時ほど「・・・たら」
「・・・れば」が、
口からでたことはない。

後悔の念が自分を襲いました。

・もっと運動をやってれば、免疫も上がり風邪をひかなかったかも・・・

・施術だけでなく運動に特化した内容にするべきだったのでは?

・食事の管理から提案できたことがもっとあったんじゃないか?

 

 

健康な時しか身体は、
しっかり動かせない!

私が運動を進める理由・・・

たくさんありますが・・・

「貯筋して体温上げましょう。」
これが一番です。

  • 基礎代謝が上がります。
  • 免疫機能が向上します。
  • 生活の中で疲労しにくい体になります。
  • 筋肉は保水能力が高く、脱水状態になりにくくなります。

 

 

【今しか無いんです。
未来の身体を変えるには!】

 

 

筋肉も大切な臓器なんです!

どうしても、内臓関係に目がいってしまいますが・・・

筋肉を運動によって変化させることで
内臓にも良い影響が得られます。

 

 

慢性的な膝の痛みや腰痛、繰り返される「ぎっくり腰」にお困りの方は是非お問合せ下さい。
ブログ読者限定で、お悩みメール相談・「身体チェック」を無料にてお受け致します。
お困りの症状や痛み、運動と施術の組合せについてもお答えします。
お問合せは
コチラ👇
https://www.body-design-project.co.jp/contact

 

戸川の紹介はコチラ👇
https://www.body-design-project.co.jp/news/1005

The following two tabs change content below.
戸川 俊輔

戸川 俊輔

BodyDesignProject 院長株式会社Cure-Care 
高校野球時代に腰を痛め、急性腰痛を20回以上経験。 自らの腰痛を『運動で根本的解決』することに成功し、その理論をメソッド化。無重力ボディメンテナンスを発案し、西洋と東洋の発想を融合した運動指導と整体を得意とする。 無重力ボディデザイナーとして、治療家の視点・トレーナー視点を融合し急性痛を含め、慢性痛のクライアントに対し、根本解決、身体原理、予防医療、健康アドバイザー、日常生活、就労動作、スポーツパフォーマンス向上に特化したサービスを提供している。 柔道整復師、日本スポーツ協会公認アスレティックトレーナー、NSCA C.S.C.S、JATI-ATI等のスポーツトレーナー資格を多種保持。
高校野球時代、腰を痛め医者から「今のままやり続ければ歩けなくなる」と言われるほどの大きな怪我を負いながら、野球に学生時代を捧げる。その後も度重なる激痛に悩まされ、急性腰痛を20回以上経験。 その後、自分の苦しんだ「痛み」を抱える人の役に立ちたいと想い治療家を目指す。 知識と技術を高めるうちに『腰痛の根本的解決を運動で解決出来るのではないか?』と考え、自身の身体で実践したところ、腰痛を克服。 現在はフルマラソン完走・パワーリフティングが出来るまでに。 その経験をメソッド化し、2017年運動療法と治療を同時に行うBodyDesignProjectを地元稲沢市祖父江町に開業。 なかなか改善しない「痛み」を抱えるクライアントに根本解決、予防医療に特化したサービスを提供している。

ABOUTこの記事をかいた人

戸川 俊輔

高校野球時代に腰を痛め、急性腰痛を20回以上経験。 自らの腰痛を『運動で根本的解決』することに成功し、その理論をメソッド化。無重力ボディメンテナンスを発案し、西洋と東洋の発想を融合した運動指導と整体を得意とする。 無重力ボディデザイナーとして、治療家の視点・トレーナー視点を融合し急性痛を含め、慢性痛のクライアントに対し、根本解決、身体原理、予防医療、健康アドバイザー、日常生活、就労動作、スポーツパフォーマンス向上に特化したサービスを提供している。 柔道整復師、日本スポーツ協会公認アスレティックトレーナー、NSCA C.S.C.S、JATI-ATI等のスポーツトレーナー資格を多種保持。