あなたなら、どうやって○○○した記録を残しますか??

BodyDesignProjectの戸川です。

昨日(日曜日)は1日家族サービスの日です。

そして戸川家にとって重要な1日でした。

家族写真に半日費やしました。

 

あなたは成長の確認
どう残してますか?

私も少々困ってます成長の確認。
人に聞いても・・・本当に??
と思ってしまうわけで・・・。

 

 

自己成長が確認できるシステムがあると便利ですよね。
そこで私が導入しているものは・・・

 

  1. 数字で分かる
  2. 画像で分かる
  3. 動画で分かる
  4. 時間で分かる
  5. 立場で分かる

上記の5つになります。

 

今回は自身の家族写真を公開。

 

子供たちの成長を残す。(年齢で分かる)
親として当たり前とは思わないですが、
成長を見るのは「やっぱり楽しい」です。

 

勿論クライアントさんの成長も見ていて楽しいですよ。

 

 

運動、身体の事についての
問合せはコチラ👇
https://www.body-design-project.co.jp/contact

 

戸川のプロフィール紹介
コチラ👇
https://www.body-design-project.co.jp/news/1005

 

 

 

The following two tabs change content below.
戸川 俊輔

戸川 俊輔

BodyDesignProject 院長株式会社Cure-Care 
高校野球時代に腰を痛め、急性腰痛を20回以上経験。 自らの腰痛を『運動で根本的解決』することに成功し、その理論をメソッド化。無重力ボディメンテナンスを発案し、西洋と東洋の発想を融合した運動指導と整体を得意とする。 無重力ボディデザイナーとして、治療家の視点・トレーナー視点を融合し急性痛を含め、慢性痛のクライアントに対し、根本解決、身体原理、予防医療、健康アドバイザー、日常生活、就労動作、スポーツパフォーマンス向上に特化したサービスを提供している。 柔道整復師、日本スポーツ協会公認アスレティックトレーナー、NSCA C.S.C.S、JATI-ATI等のスポーツトレーナー資格を多種保持。
高校野球時代、腰を痛め医者から「今のままやり続ければ歩けなくなる」と言われるほどの大きな怪我を負いながら、野球に学生時代を捧げる。その後も度重なる激痛に悩まされ、急性腰痛を20回以上経験。 その後、自分の苦しんだ「痛み」を抱える人の役に立ちたいと想い治療家を目指す。 知識と技術を高めるうちに『腰痛の根本的解決を運動で解決出来るのではないか?』と考え、自身の身体で実践したところ、腰痛を克服。 現在はフルマラソン完走・パワーリフティングが出来るまでに。 その経験をメソッド化し、2017年運動療法と治療を同時に行うBodyDesignProjectを地元稲沢市祖父江町に開業。 なかなか改善しない「痛み」を抱えるクライアントに根本解決、予防医療に特化したサービスを提供している。

ABOUTこの記事をかいた人

戸川 俊輔

高校野球時代に腰を痛め、急性腰痛を20回以上経験。 自らの腰痛を『運動で根本的解決』することに成功し、その理論をメソッド化。無重力ボディメンテナンスを発案し、西洋と東洋の発想を融合した運動指導と整体を得意とする。 無重力ボディデザイナーとして、治療家の視点・トレーナー視点を融合し急性痛を含め、慢性痛のクライアントに対し、根本解決、身体原理、予防医療、健康アドバイザー、日常生活、就労動作、スポーツパフォーマンス向上に特化したサービスを提供している。 柔道整復師、日本スポーツ協会公認アスレティックトレーナー、NSCA C.S.C.S、JATI-ATI等のスポーツトレーナー資格を多種保持。