沢山のエネルギーをありがとうございます!

稲沢市祖父江町の
BodyDesignProjectの
アスレティックトレーナー戸川です。

戸川のプロフィールは
コチラ👇
プロフィール紹介

オンラインで観えた「関係性の作り方」

4月・5月と自粛期間、継続開催してきました「オンラインの運動教室とケア教室」。

参加者皆様より沢山のお声を頂きました。

本当に嬉しい限りで、僕もエネルギーを頂けた事を、同時に感じる事が出来ました。
※感想を読んで胸が熱くなりました(涙)

今開催している、オンラインのメリットは沢山あります。(移動しない、場所を選ばない、どこでも繋がれる等々。)

ただ、オンラインのデメリット。これが中々強敵でした。
何故なら、関係性が薄くなるからです。

リアルに強い僕です・・・正直、負けました。

負けるが勝の発想を応用

※東洋の発想、武道の発想に助けられました。芯伝整体の山崎さんありがとうございました!

オンラインを開催する時、僕は最初リアルに近い感じを作りたいと取り組みましたが、残念ながらできなかったです。
何故なら、全員を把握できていない段階で、リアルには程遠いという事。

ではどうしたか?

オンラインだけで解決するという事からズラして考えたのです。

まずは僕自身がしっかり伝える事。
そして間を空けて、参加者に考えてもらう事。
※ワークの時間を多くするという事。身体の使い方、変化の感じ方を個々に課題をお渡しする方法。

その後メルマガ等でフォローを入れる事。

出来ないならではの戦い方。武道の発想ですね。

違う形でフォロー出来ないか?そこに動かされてみたわけです。

ただ、やる側のエネルギー消費量が尋常ではない。(僕の場合デジタルに弱い分尚更です。)
何故なら、人という存在を感じた中でのリアルを追求していた僕です。繋がりが弱い反動に、結構メンタルダメージを受けました。

「本当にやってて良いのかな?」

「ただ、参加しているだけになっていないか?」

1人になると、こんな思考も出てきていました・・・。

そして今回、僕は参加者のメンバーから感想を頂いた時、初めてオンラインやって良かったとなったわけです(苦笑)

提供する側の世界と、受講する側の世界は違います。僕はその2つを知り、今でこそ知恵に昇華しました。

エネルギーを与え続ける為には、エネルギーを貰い循環させなければなりません。
クライアントさんから、生の声を頂ける事も感謝ですが、今回の様に文字に起こしてもらう事が、ここまで嬉しいものなのか?最大の発見でした。

ただ提供して終わりではなく、場のエネルギーを高める為の工夫。
提供する側次第で変わってしまう場の空気感。

僕は、やるからには気持ちよく開催したい。その為には何を自分にも与える事が必要か?

これって人間の身体、栄養と同じですね。

さて、今回オンライン教室の手掛かりが見えてきたので、6月に向けて商品の発表をしていきます。

オンラインだからこその商品。

また、発表しますね!

追伸

【受講生の声】を一部紹介させて頂きます。

Cさん、ありがとうございました!

受講中も楽しい、受講後もhappy!o(^o^)o

【宅トレ・宅ケア】オンライン教室に参加したきっかけは何ですか

折角身についた運動習慣を継続したかったからです。

どうやる?何を参考にしたらいいの?自分に厳しく出来ない私は、1人でモクモクとはやれないなぁ~と思っていたところ、戸川先生がオンライン教室を開催されると聞き、飛び付きました!

戸川はどんな印象でしたか?(人柄の部分)

戸川先生とはボディでのプライベート体験レッスンで初めてお会いして、そして市江コミュニティでの教室で指導もして頂きました。気さくで話かけ易く、こちらの問いかけに熱心に耳を傾けてくださいます。
そして、何より運動中の声かけのタイミング絶妙です。
こちらが俄然やる気になります!

 同様のオンラインサービスが増えている中、戸川の主催するオンライン教室を選んだ理由は何ですか?

このオンライン教室が開催される以前に戸川先生の指導を受けていたことが1番の理由です。
上記に書いたように、戸川先生のそのお人柄、メルマガを通してご自分のぶれない生き方が感じられ、是非とも戸川先生の教室で受講したいと思ったからです。

ご感想や得られた事を教えてくれませんか?

身体のケアと心のケアもできるようになった思います。
自分を内観して、調子が悪いところがあってもその部分にフォーカスするだけでなく、それと繋がっているところ(正直何処が繋がっているのかはわからず、探している状態ですが)にも気を配ばれるようになりました。
日常生活を丁寧に過ごしていこうと心がけるようになりました。
時間の使い方(オンラインだと有難いことに移動時間がないのでその時間が有効に使えます)だったり、家族や友達との関わり、物に対しても今あるもので工夫をして満足度をあげるとか。
お陰様で意識が随分変わりました。

このオンライン教室はどんな人にお勧めですか?

オンライン教室で戸川先生と?初めましてでは、このオンライン教室の良さは伝わり難いように思います。
身体について悩んでいる方にはまず、戸川先生の施術、あるいは対面しての受講を勧めたいです。

戸川YouTubeチャンネルはコチラ👇

今だからこそ【立甲】を獲得してみたら、いかがでしょうか?
身体を変化させる期間にする事で、成功体験が手に入るかもしれませんよ?

身体を退化させない!

進化させよう!

The following two tabs change content below.
戸川 俊輔

戸川 俊輔

BodyDesignProject 院長株式会社Cure-Care 
高校野球時代に腰を痛め、急性腰痛を20回以上経験。 自らの腰痛を『運動で根本的解決』することに成功し、その理論をメソッド化。無重力ボディメンテナンスを発案し、西洋と東洋の発想を融合した運動指導と整体を得意とする。 無重力ボディデザイナーとして、治療家の視点・トレーナー視点を融合し急性痛を含め、慢性痛のクライアントに対し、根本解決、身体原理、予防医療、健康アドバイザー、日常生活、就労動作、スポーツパフォーマンス向上に特化したサービスを提供している。 柔道整復師、日本スポーツ協会公認アスレティックトレーナー、NSCA C.S.C.S、JATI-ATI等のスポーツトレーナー資格を多種保持。
高校野球時代、腰を痛め医者から「今のままやり続ければ歩けなくなる」と言われるほどの大きな怪我を負いながら、野球に学生時代を捧げる。その後も度重なる激痛に悩まされ、急性腰痛を20回以上経験。 その後、自分の苦しんだ「痛み」を抱える人の役に立ちたいと想い治療家を目指す。 知識と技術を高めるうちに『腰痛の根本的解決を運動で解決出来るのではないか?』と考え、自身の身体で実践したところ、腰痛を克服。 現在はフルマラソン完走・パワーリフティングが出来るまでに。 その経験をメソッド化し、2017年運動療法と治療を同時に行うBodyDesignProjectを地元稲沢市祖父江町に開業。 なかなか改善しない「痛み」を抱えるクライアントに根本解決、予防医療に特化したサービスを提供している。

ABOUTこの記事をかいた人

戸川 俊輔

高校野球時代に腰を痛め、急性腰痛を20回以上経験。 自らの腰痛を『運動で根本的解決』することに成功し、その理論をメソッド化。無重力ボディメンテナンスを発案し、西洋と東洋の発想を融合した運動指導と整体を得意とする。 無重力ボディデザイナーとして、治療家の視点・トレーナー視点を融合し急性痛を含め、慢性痛のクライアントに対し、根本解決、身体原理、予防医療、健康アドバイザー、日常生活、就労動作、スポーツパフォーマンス向上に特化したサービスを提供している。 柔道整復師、日本スポーツ協会公認アスレティックトレーナー、NSCA C.S.C.S、JATI-ATI等のスポーツトレーナー資格を多種保持。