誰もが抱える不安。ケガや痛みの予防をするには?

稲沢市祖父江町の
BodyDesignProjectの
戸川です。

戸川のプロフィールは
コチラ👇
http://body-design-project.com/profile/

先日クライアントさんより頂いた質問をシェアいたします。

膝の痛みがあり、動きが悪いのでストレッチすれば良いのでしょうか?

健康ブームもありテレビでも連日色々な健康思考な番組が公開されています。

ただ、全てを鵜呑みにすると痛い目に合います。

何故でしょうか?

今回頂いた質問でも分かりますが・・・

「膝の痛みがあり、動きが悪いのでストレッチすれば良いのでしょうか?」

今回の質問でも、その方が誰なのか?すら分からない状態です。
絶対的に必要な情報として・・・

  • 年齢
  • 性別
  • 何時から痛いのか?
  • 膝のどこが痛むのか?
  • どうすると痛いのか?
  • 痛みが楽になる事はあるか?
  • どんな日常生活を送っているか?
  • 過去のケガの経験があるのか?
  • 他に内科的な疾患をもっているか?
  • 何故ストレッチが必要なのか? 等々

簡単に聞ける・確認する事でもこれぐらいの情報が必要になります。

テレビは全国放送です。
個人に対した評価やチェックはなされていない訳で・・・

やって良くなるパターンもあれば?
悪くなるパターンもあります。

何も変化しない事も多々あります。

 

そして何よりも大切なことがあります。

その方が何に対して不便に思っているか?です。

その痛みを取る事で、何が出来るようになるのか?
何が出来るようになりたいのか?

この根本になる部分が不明確であればあるほど、その方の痛みや動きは変化しません。

変わる為には、何が必要なのでしょうか?

受け身から能動へ。

自ら自身の身体を知る事が大切になります。
自分の身体に興味・関心を向けることです。

それが第一歩です。

それをしない限り、自身の身体の変化に気づけないのです。

待っていても体は変化しない・・・
もしくは退化していきます。(過剰な安静や過剰な活動不足)

自分自身の内なる変化に気づく。

今後身体にとって絶対的必要な要素になりえます。

どういったときにケガをしやすいのか?
どういったときに痛みが出るのか?

そんな身体の変化に気づけるような身体つくりが必要になってきます。

おススメの教室

そんな身体の変化に気づける教室は
コチラ👇
姿勢矯正・ケア教室(改)

 

教室に興味のある方はまずはお問い合わせください。

戸川のプロフィールは
コチラ👇
http://body-design-project.com/profile/

 

The following two tabs change content below.
戸川 俊輔

戸川 俊輔

BodyDesignProject 院長株式会社Cure-Care 
高校野球時代に腰を痛め、急性腰痛を20回以上経験。 自らの腰痛を『運動で根本的解決』することに成功し、その理論をメソッド化。無重力ボディメンテナンスを発案し、西洋と東洋の発想を融合した運動指導と整体を得意とする。 無重力ボディデザイナーとして、治療家の視点・トレーナー視点を融合し急性痛を含め、慢性痛のクライアントに対し、根本解決、身体原理、予防医療、健康アドバイザー、日常生活、就労動作、スポーツパフォーマンス向上に特化したサービスを提供している。 柔道整復師、日本スポーツ協会公認アスレティックトレーナー、NSCA C.S.C.S、JATI-ATI等のスポーツトレーナー資格を多種保持。
高校野球時代、腰を痛め医者から「今のままやり続ければ歩けなくなる」と言われるほどの大きな怪我を負いながら、野球に学生時代を捧げる。その後も度重なる激痛に悩まされ、急性腰痛を20回以上経験。 その後、自分の苦しんだ「痛み」を抱える人の役に立ちたいと想い治療家を目指す。 知識と技術を高めるうちに『腰痛の根本的解決を運動で解決出来るのではないか?』と考え、自身の身体で実践したところ、腰痛を克服。 現在はフルマラソン完走・パワーリフティングが出来るまでに。 その経験をメソッド化し、2017年運動療法と治療を同時に行うBodyDesignProjectを地元稲沢市祖父江町に開業。 なかなか改善しない「痛み」を抱えるクライアントに根本解決、予防医療に特化したサービスを提供している。

ABOUTこの記事をかいた人

戸川 俊輔

高校野球時代に腰を痛め、急性腰痛を20回以上経験。 自らの腰痛を『運動で根本的解決』することに成功し、その理論をメソッド化。無重力ボディメンテナンスを発案し、西洋と東洋の発想を融合した運動指導と整体を得意とする。 無重力ボディデザイナーとして、治療家の視点・トレーナー視点を融合し急性痛を含め、慢性痛のクライアントに対し、根本解決、身体原理、予防医療、健康アドバイザー、日常生活、就労動作、スポーツパフォーマンス向上に特化したサービスを提供している。 柔道整復師、日本スポーツ協会公認アスレティックトレーナー、NSCA C.S.C.S、JATI-ATI等のスポーツトレーナー資格を多種保持。