整体ではなく生体の仕組み

稲沢市祖父江町のBody Design Projectの戸川です。

お盆休み中もひっそり活動していました。
賢芯塾に特別枠予約の施術。

様々な悩みを解決する術をデザインしています。

施術後・・・

「何故、こんなにも軽くなるのですか?」

このような質問を多々受けます。

Sponsored image

こればかりは、正直説明が難しい。
施術を受けてもらわないと理解できない領域ですし、頭では残念ながら理解できません。
何故なら、武道的な身体原理と相互関係性を利用して施術を施しているので、受け手は理解できない領域で身体に影響が出てしまうからです。(潜在意識へのアプローチ)

因みに部分に施す徒手筋力検査の様なものは、施術によって無効化されてしまうのも、ここだけの話。

人から施される整体の要素は、施術者側の意識と触れ方次第で、相手に影響が出てしまいます。
これを知った上で、整体を施しているのか?
これには多くの治療家、セラピストに疑問が生じます。

何故なら、触れ方一つでその施術者の意識が見えてしまう事があるからです。
※触れ方が雑、触れるための身体が出来ていない➡整体風ぽい

整体ではなく、生体で施術者がクライアントさんと関われば、力ではなく、チカラが発動します。
これが「いわゆる見えないチカラ」=賢幸生体養成講座
※女性には気づける感性がある

先日の賢芯塾、姿勢教室でもシェアしました、「呼吸のホント」「膝抜き」「股抜き」の姿勢。

合気道訓練前に瞑想する4人 - 武道 ストックフォトと画像

「たったこれだけの事なのに???」

そうやって驚かれる方々を多く見てきましたが、何故変わらないのでしょうか?

それは非日常を受け入れず、日常の自分に戻るというコンフォートゾーンの概念があります。


思考のクセも身体のクセも、中々変わらない・・・。
簡単じゃないんです・・・脳と身体を変えるのは。

僕自身は、それと向き合う覚悟を決めたからこそ、多くの気づきを頂き、身体も心も変化しました。

この生体のコツ、和の身体原理を知っている、知っていないでは、雲泥の差。
「自分の力でどうにかするのか?」「自分のチカラが勝手に発動して伝わるのか?」というぐらい影響力が変わります。

10月には稲沢まちゼミ始動。(無料教室)
11月には外部でシェアリング講師があります。(御前崎)
それからは、更なる身体学びの時間。(達人の武学)

一人でもこの整体ではなく、生体の仕組みについて気づいて頂けると嬉しいです。

追伸

久々のエントリーです。

障害物レース「スパルタン」大阪

学びの時間に費やしてきた中、久々の自分事の目標設定です。

今までの学び、実践検証を試しに行ってきます。
全ては体験から学びが発動します。

あなたもチャレンジしてみませんか?

あなたの未来は体験から変わっていきますよ?
現状を変えるには非日常体験です。

あなたの未来の健康を応援しています。

戸川のメルマガを読んでみたいという方はこちら👇
※安心してください。必要なければすぐに解除もできます。

【BDPからだ通信】メルマガ登録
お名前(姓)  *
 (例)山田
お名前(名)  *
 (例)太郎
Eメール  *


The following two tabs change content below.

戸川 俊輔

BodyDesignProject 院長株式会社Cure-Care 
高校野球時代に腰を痛め、急性腰痛を20回以上経験。 自らの腰痛を『運動で根本的解決』することに成功し、その理論をメソッド化。 古武道由来の身体原理を活用し、動作感覚の書き換えを実践する無重力ボディメンテナンスを発案。 また苫米地式認定コーチ小久保氏より潜在意識と脳科学の仕組みを学び、身体と心の相互関係を体系化した賢幸感覚の磨き方を発案。 西洋と東洋の発想を融合し、潜在意識に働きかける運動指導と整体を得意とする。 治療家の視点・トレーナー視点以外の要素も融合した事で、未来健康デザイナーとして活動。 延べ3万人以上の患者さん、クライアントさん、スポーツ選手、教室・講座生徒さんを観てきた実績。 急性痛を含め、慢性痛のクライアントに対し、潜在意識の書き換え、根本解決、身体原理、予防医療、健康アドバイザー、日常生活、就労動作、スポーツパフォーマンス向上に特化したサービスを提供している。 柔道整復師、日本スポーツ協会公認アスレティックトレーナー、NSCA C.S.C.S等のスポーツトレーナー資格を多種保持。
高校野球時代、腰を痛め医者から「今のままやり続ければ歩けなくなる」と言われるほどの大きな怪我を負いながら、野球に学生時代を捧げる。その後も度重なる激痛に悩まされ、急性腰痛を20回以上経験。 その後、自分の苦しんだ「痛み」を抱える人の役に立ちたいと想い治療家を目指す。 知識と技術を高めるうちに『腰痛の根本的解決を運動で解決出来るのではないか?』と考え、自身の身体で実践したところ、腰痛を克服。 現在はフルマラソン完走・パワーリフティングが出来るまでに。 その経験をメソッド化し、2017年運動療法と治療を同時に行うBodyDesignProjectを地元稲沢市祖父江町に開業。 なかなか改善しない「痛み」を抱えるクライアントに根本解決、予防医療に特化したサービスを提供している。

ABOUTこの記事をかいた人

高校野球時代に腰を痛め、急性腰痛を20回以上経験。 自らの腰痛を『運動で根本的解決』することに成功し、その理論をメソッド化。 古武道由来の身体原理を活用し、動作感覚の書き換えを実践する無重力ボディメンテナンスを発案。 また苫米地式認定コーチ小久保氏より潜在意識と脳科学の仕組みを学び、身体と心の相互関係を体系化した賢幸感覚の磨き方を発案。 西洋と東洋の発想を融合し、潜在意識に働きかける運動指導と整体を得意とする。 治療家の視点・トレーナー視点以外の要素も融合した事で、未来健康デザイナーとして活動。 延べ3万人以上の患者さん、クライアントさん、スポーツ選手、教室・講座生徒さんを観てきた実績。 急性痛を含め、慢性痛のクライアントに対し、潜在意識の書き換え、根本解決、身体原理、予防医療、健康アドバイザー、日常生活、就労動作、スポーツパフォーマンス向上に特化したサービスを提供している。 柔道整復師、日本スポーツ協会公認アスレティックトレーナー、NSCA C.S.C.S等のスポーツトレーナー資格を多種保持。