身体が理解してくれている事への感謝

稲沢市祖父江町のBodyDesignProjectの戸川です。

7月の賢芯塾は、脳は単純・身体は繊細というテーマで無意識の学習を実践しています。

先日のワークショップ、日野先生から学ばせて頂いた内容は、僕の中で大きな気づきと、大きな発見の連続・・・。

それを今行っている内容に昇華する事で、新たな感覚、新たなチカラに遭遇しています。

賢芯塾でも、おうちで出来るホーム整体オンライン企画でも噓偽りなく、僕が感じたものを提供しています。

人はどうしても頭で理解したいと思ってしまうもの。
しかし、今回シェアしたworkは、残念ながら頭では理解できない領域なのです。
何故なら、勝手に身体が変わってしまうからです。

一つ一つの動きを細分化して、「ここを動かす」「次はここを動かす」という、集中し自覚して動かす事で、その後の結果が変わっている事を身体が教えてくれます。
※無自覚の動きは曖昧であり、チカラの伝達も曖昧。

身体の声を汲み取ることが出来た時、大きな感謝が生まれます。

  • 身体を雑に扱っていた事
  • 身体の声を聴けていなかった事
  • 身体の可能性を信じていないかった事

上記の事を省みる事で、自分が頂いた身体という乗り物への感謝が目覚めます。

僕の過去は失敗の連続でした。
その失敗をする行動を起こし続けたことで、身体の不思議や面白さ、神秘に気づける身体に変貌しました。
それは過去の蓄積がなければ、気づけなかった領域です。

新規のクライアントさんも、ビックリしてしまう身体の不思議。
そして、「分からないと思ってしまう脳みそ」
その気持ち、僕も理解できます(苦笑)
何故なら、理論や根拠を先に勝たせてしまうからです。(頭が先の発想)

しかし、身体はそんな単純ではない(繊細)という事です
脳では理解しえない変化を身体が行ってしまうという事。
良い意味でも、悪い意味でも身体は変化します。

そんな身体感覚を磨くには非日常の運動や体験が必要です。
日常生活やスポーツ動作に反映させるには、一見無意味なのではないか?というような動きの鍛錬も行います。
頭では無意味と思っても、身体は素直に与えられた情報に対して、感覚も動きの情報も変えてしまいます。要は身体には意味があるという事です。

それを知った事で、僕の日常は変化しています。
勿論、運動やスポーツも同じく変化しています。

あなたにも必ず可能な身体ワークです。
何故なら、感覚を磨く事に集中するだけなのですから。

さて、そんな身体の不思議を体験していただく機会を、「稲沢まちゼミ・無料講座」にて開講します。

50代で始める10歳若返る身体の使い方「初級」

開催日は

  • 10月8日(土)  14時30分~
  • 10月15日(土) 14時30分~
  • 10月22日(土) 14時30分~
  • 11月12日(土) 14時30分~
  • 11月22日(土) 14時30分~

全部で5回、無料講座を行います。
約1時間の所要時間となります。
各回、定員8名さまとなりますので、ご了承ください。

講座受付は

10月1日(土)12時~ 電話予約となります。
稲沢広報にてチラシが配布されますので、それまでお待ちください。

※市外の方は、こちらのWebサイトよりご予約承りますので気軽にお問合せ下さい。

身体の感覚を磨いた結果、10歳若返る身体の使い方、見え方をあなたも構築してみませんか?

全5回開催ですが、本質的な所は同じことをお伝えして、内容は変えていきますので楽しみにしていて下さい。

受付開始を早期に受け取りたい方は、メルマガ登録、公式LINE登録をお願いいたします。

【BDPからだ通信】メルマガ登録
お名前(姓)  *
 (例)山田
お名前(名)  *
 (例)太郎
Eメール  *


公式LINE登録はコチラから👇

友だち追加
The following two tabs change content below.

戸川 俊輔

BodyDesignProject 院長株式会社Cure-Care 
高校野球時代に腰を痛め、急性腰痛を20回以上経験。 自らの腰痛を『運動で根本的解決』することに成功し、その理論をメソッド化。 古武道由来の身体原理を活用し、動作感覚の書き換えを実践する無重力ボディメンテナンスを発案。 また苫米地式認定コーチ小久保氏より潜在意識と脳科学の仕組みを学び、身体と心の相互関係を体系化した賢幸感覚の磨き方を発案。 西洋と東洋の発想を融合し、潜在意識に働きかける運動指導と整体を得意とする。 治療家の視点・トレーナー視点以外の要素も融合した事で、未来健康デザイナーとして活動。 延べ3万人以上の患者さん、クライアントさん、スポーツ選手、教室・講座生徒さんを観てきた実績。 急性痛を含め、慢性痛のクライアントに対し、潜在意識の書き換え、根本解決、身体原理、予防医療、健康アドバイザー、日常生活、就労動作、スポーツパフォーマンス向上に特化したサービスを提供している。 柔道整復師、日本スポーツ協会公認アスレティックトレーナー、NSCA C.S.C.S等のスポーツトレーナー資格を多種保持。
高校野球時代、腰を痛め医者から「今のままやり続ければ歩けなくなる」と言われるほどの大きな怪我を負いながら、野球に学生時代を捧げる。その後も度重なる激痛に悩まされ、急性腰痛を20回以上経験。 その後、自分の苦しんだ「痛み」を抱える人の役に立ちたいと想い治療家を目指す。 知識と技術を高めるうちに『腰痛の根本的解決を運動で解決出来るのではないか?』と考え、自身の身体で実践したところ、腰痛を克服。 現在はフルマラソン完走・パワーリフティングが出来るまでに。 その経験をメソッド化し、2017年運動療法と治療を同時に行うBodyDesignProjectを地元稲沢市祖父江町に開業。 なかなか改善しない「痛み」を抱えるクライアントに根本解決、予防医療に特化したサービスを提供している。

ABOUTこの記事をかいた人

高校野球時代に腰を痛め、急性腰痛を20回以上経験。 自らの腰痛を『運動で根本的解決』することに成功し、その理論をメソッド化。 古武道由来の身体原理を活用し、動作感覚の書き換えを実践する無重力ボディメンテナンスを発案。 また苫米地式認定コーチ小久保氏より潜在意識と脳科学の仕組みを学び、身体と心の相互関係を体系化した賢幸感覚の磨き方を発案。 西洋と東洋の発想を融合し、潜在意識に働きかける運動指導と整体を得意とする。 治療家の視点・トレーナー視点以外の要素も融合した事で、未来健康デザイナーとして活動。 延べ3万人以上の患者さん、クライアントさん、スポーツ選手、教室・講座生徒さんを観てきた実績。 急性痛を含め、慢性痛のクライアントに対し、潜在意識の書き換え、根本解決、身体原理、予防医療、健康アドバイザー、日常生活、就労動作、スポーツパフォーマンス向上に特化したサービスを提供している。 柔道整復師、日本スポーツ協会公認アスレティックトレーナー、NSCA C.S.C.S等のスポーツトレーナー資格を多種保持。