治療から予防へシフトする時代が到来

稲沢市祖父江町のBody Design Projectの戸川です。

接骨院業界でも保険診療の締め付けが厳しくなっています。
その原因・・・あなたはご存知でしょうか?

2019年厚生労働省から発表された医療費の総額・・・
なんと!!43.6兆円!
※イメージが出来ない金額で想像できない(苦笑)

このまま増え続けると、どうでしょうか?
恐らくあなたも理解できると思いますが、財源の逼迫で医療の提供に制限が掛かる事が予測できます。

そう考えると、必然的に治療から予防への優先順位が上がるという事ですね。
そう、これからは運動、体操、スポーツ、レクリエーションの分野が重要となってきます。

個人で出来る運動、ウォーキング、ランニング、筋トレ、サイクリング、ヨガ、水泳やサーフィン等に取り組まれる人がもっと増えていくと言えます。

しかしながら、そもそもの体力がない、合理的に使えない身体になっていれば、免疫力も下がっている状態で、恐らくケガもしやすい状態になってしまいます。

だからこそ、予防の観点からスタートし、自らコンディショニングを整える術を知り、運動を楽しめる身体でパフォーマンスを発揮できる状態にして行く事が今後必要になってきます。

予防へシフトする準備として、今回「稲沢まちゼミ」にエントリーする方向性で準備を進めていきます。

まだタイトルなどは決めていませんが、体験型の学習機会を準備します。
今回の「稲沢まちゼミ」のBody Design Projectが提供する企画は、完全無料体験となりますので、もし興味のある方は今年の10月より開催します「稲沢まちゼミ」にご注目下さい。

開催場所はBody Design Projectスタジオです。
土曜日14時開講で考えています。
今回の「稲沢まちゼミ」は、少人数制で行う事が決まりなので8名までとして考えています。

少人数制だからこそ、目が行き届き、参加者さんが体験される質を高められると思います。

詳細は決まり次第、公開していきますね。
お楽しみに!!

賢幸生体養成講座【4期】スタート

そんな予防に特化した一家に一人整体師を実現する「賢幸生体養成講座」が始まりました。

検証を積み重ねてきた中、手当の本質を追求してきたものを公開する整体講座。

今回参加されたメンバーも目から鱗の体験をされました。

  • 何故、チカラが伝わるのか?
  • 何故、チカラが伝わらないのか?

この整体の発想を知る事で、深い意味で他者を知ることが出来ます。
何故なら、意思や気がどちらの方向に向かっているのかを身体で感じることが出来るからです。

今回お伝えしたテコの原理を持ちいた手法。
これをマスターする事で、女性でも、子どもでも他者に影響を与えることが出来ます。

力任せに押したところで、それは身体にとって単なる緊張の学習。(求心性の意識学習)
※もみ返しもこれが理由です。
多くのセラピストはそこが出来ていない・・・だから身体の変化を患者さんも施術者もお互いが理解できないし、分かち合えない。

そんな裏話も暴露させて頂きました。

さて5月から始まる6ヶ月間の賢幸生体養成講座。
参加メンバーの進化が楽しみです。

追伸

賢芯塾で身体を再リニューアル

今週水曜日は賢芯塾です。
残り1枠空いていますので、ご都合良い方は一度参加してみてください。
身体の不思議や面白さ、あなたの常識が壊れる身体のトリセツを体験できます。

詳しい詳細はコチラから👇
https://peraichi.com/landing_pages/view/kenzyuku



The following two tabs change content below.

戸川 俊輔

BodyDesignProject 院長株式会社Cure-Care 
高校野球時代に腰を痛め、急性腰痛を20回以上経験。 自らの腰痛を『運動で根本的解決』することに成功し、その理論をメソッド化。無重力ボディメンテナンスを発案し、西洋と東洋の発想を融合した運動指導と整体を得意とする。 無重力ボディデザイナーとして、治療家の視点・トレーナー視点を融合し急性痛を含め、慢性痛のクライアントに対し、根本解決、身体原理、予防医療、健康アドバイザー、日常生活、就労動作、スポーツパフォーマンス向上に特化したサービスを提供している。 柔道整復師、日本スポーツ協会公認アスレティックトレーナー、NSCA C.S.C.S等のスポーツトレーナー資格を多種保持。
高校野球時代、腰を痛め医者から「今のままやり続ければ歩けなくなる」と言われるほどの大きな怪我を負いながら、野球に学生時代を捧げる。その後も度重なる激痛に悩まされ、急性腰痛を20回以上経験。 その後、自分の苦しんだ「痛み」を抱える人の役に立ちたいと想い治療家を目指す。 知識と技術を高めるうちに『腰痛の根本的解決を運動で解決出来るのではないか?』と考え、自身の身体で実践したところ、腰痛を克服。 現在はフルマラソン完走・パワーリフティングが出来るまでに。 その経験をメソッド化し、2017年運動療法と治療を同時に行うBodyDesignProjectを地元稲沢市祖父江町に開業。 なかなか改善しない「痛み」を抱えるクライアントに根本解決、予防医療に特化したサービスを提供している。

ABOUTこの記事をかいた人

高校野球時代に腰を痛め、急性腰痛を20回以上経験。 自らの腰痛を『運動で根本的解決』することに成功し、その理論をメソッド化。無重力ボディメンテナンスを発案し、西洋と東洋の発想を融合した運動指導と整体を得意とする。 無重力ボディデザイナーとして、治療家の視点・トレーナー視点を融合し急性痛を含め、慢性痛のクライアントに対し、根本解決、身体原理、予防医療、健康アドバイザー、日常生活、就労動作、スポーツパフォーマンス向上に特化したサービスを提供している。 柔道整復師、日本スポーツ協会公認アスレティックトレーナー、NSCA C.S.C.S等のスポーツトレーナー資格を多種保持。