自分の常識を疑った事ありますか?

稲沢市祖父江町のBodyDesignProjectの戸川です。

世間の常識、僕の常識、あなたの常識・・・
疑ったことありますか?

自分が正しいと思い込み突き進むことを僕は否定はしませんが、観る世界が狭くなることを僕は知っています。

ちゃんと行動しているのにも関わらず、結果が伴ってこない。

そんな経験をもしあなたがしているのであるならば?
今一度自分の常識を疑ってみてください。
何故なら、今の延長線上に変化した未来は存在しないからです。そのまま行けば、恐らく退化を目の前に突き付けられると思います。

自分が正しいと思い込み、思考停止状態で取り組む継続は後々、何も変化していない自分に気づくことがあります。※正直気づければ良いです。中には気づかず時間浪費になっていく人も知っています。

自分の常識を壊す為にも、他人の常識に触れて見る。
そこで自分の中での答え合わせをして行くイメージです。

多くの人が他人に答えを求めがちです。
答えは自分の身体と心の中に眠っています。

僕は腰痛に苦しみ、運動が良かれと思い、懸命にやり続けました。
その結果、腰痛の解決は出来なかったし、自分の身体と心を追い込んだ結果、病気に遭遇しました。(横紋筋融解症)

そんなはずはないと、諦めずに取り組んできた時を思い出すと、自分勝手であり、無理やり自分にストレスを押し付けていました。それが過去の僕の常識でした。

野球というスポーツを通して、自分の身体は健康であり丈夫であると身勝手に思い込んでいたことが、今となっては情けなく、時に、授かった身体に対して申し訳ない気持ちにもなります。

自分の身体を大切に扱ってこなかった・・・その結果を教えて頂けたのだと。

西洋的視点を大切にしてきた中、答えが見つからない状況に遭遇し、悩み苦しんでいた時に出会った東洋の視点。
東洋思想に触れ、古来の日本の伝統文化の身体原理を学んだ先に、日本のことわざの素晴らしさに気づかされた時、いかに頭だけで行動してきたのかに気づかされました。
過去の僕は肉体に精神が宿っていない状態(苦笑)

  • 和身塾の山崎さんに触れた事で、僕の常識は壊されました。
  • 苫米地式コーチの小久保さんに触れた事で、僕の脳は解放されました。
  • 暁光先生に触れた事で、僕の可能性は広がりました。

僕には無い視点を他者から教えて頂ける。
良かれと思い貴重な言葉を頂けたことに、過去の僕は気づけなかった。
それは自分が正しいと思い込んでいたからであると思います。

今目の前に起きている現実は、自分が引き寄せている。
であるのであれば、未来に起こる現実も自分が引き寄せるという事。

あなたの今の常識は身体に現れています。

  • 腰痛が改善されない。
  • 膝痛が改善されない。
  • 肩こり頭痛に悩み続けている。
  • 運動していても結果が見えてこない。
  • 継続してもパフォーマンスが変わらない。
  • 柔軟体操をやっても変化しない。

今の延長線上に良い結果が見えていますか?

今一度自分の未来のゴール設定を構築し直して、あなただけの健康の定義を作成していく。
そんなあなたにお勧めの身体塾「賢芯塾」に一度足を運んでみてはいかがでしょうか?

あなたの常識を一度壊す準備は整っています。
一歩を出すか?出さないか?はあなた次第です。

あなたの一歩を応援しています。

賢芯塾の詳細はコチラから👇

https://peraichi.com/landing_pages/view/kenzyuku


The following two tabs change content below.

戸川 俊輔

BodyDesignProject 院長株式会社Cure-Care 
高校野球時代に腰を痛め、急性腰痛を20回以上経験。 自らの腰痛を『運動で根本的解決』することに成功し、その理論をメソッド化。無重力ボディメンテナンスを発案し、西洋と東洋の発想を融合した運動指導と整体を得意とする。 無重力ボディデザイナーとして、治療家の視点・トレーナー視点を融合し急性痛を含め、慢性痛のクライアントに対し、根本解決、身体原理、予防医療、健康アドバイザー、日常生活、就労動作、スポーツパフォーマンス向上に特化したサービスを提供している。 柔道整復師、日本スポーツ協会公認アスレティックトレーナー、NSCA C.S.C.S等のスポーツトレーナー資格を多種保持。
高校野球時代、腰を痛め医者から「今のままやり続ければ歩けなくなる」と言われるほどの大きな怪我を負いながら、野球に学生時代を捧げる。その後も度重なる激痛に悩まされ、急性腰痛を20回以上経験。 その後、自分の苦しんだ「痛み」を抱える人の役に立ちたいと想い治療家を目指す。 知識と技術を高めるうちに『腰痛の根本的解決を運動で解決出来るのではないか?』と考え、自身の身体で実践したところ、腰痛を克服。 現在はフルマラソン完走・パワーリフティングが出来るまでに。 その経験をメソッド化し、2017年運動療法と治療を同時に行うBodyDesignProjectを地元稲沢市祖父江町に開業。 なかなか改善しない「痛み」を抱えるクライアントに根本解決、予防医療に特化したサービスを提供している。

ABOUTこの記事をかいた人

高校野球時代に腰を痛め、急性腰痛を20回以上経験。 自らの腰痛を『運動で根本的解決』することに成功し、その理論をメソッド化。無重力ボディメンテナンスを発案し、西洋と東洋の発想を融合した運動指導と整体を得意とする。 無重力ボディデザイナーとして、治療家の視点・トレーナー視点を融合し急性痛を含め、慢性痛のクライアントに対し、根本解決、身体原理、予防医療、健康アドバイザー、日常生活、就労動作、スポーツパフォーマンス向上に特化したサービスを提供している。 柔道整復師、日本スポーツ協会公認アスレティックトレーナー、NSCA C.S.C.S等のスポーツトレーナー資格を多種保持。