一家に一人整体師を実現「賢幸生体」4期は?

稲沢市祖父江町のBodyDesignProjectの戸川です。

いよいよ3期が今週日曜日で終了します。

1期から始まり3期まで継続して開催できたことに感謝です。

ここ最近ですが、講座生の成長を目の当たりにしています。
※身体レベル、思考の視点に深みが出てきてます。

未来の健康構築を家族で実現して頂く企画講座。

この講座、正直簡単ではありません。
何故なら、自分を客観的に観察出来て、素直な身体を実現しないといけないからです。

人には様々なクセがあります。
ここで言う様々なクセは、身体のクセ、思考のクセなどを含みます。
そのクセがあるうちは、自分の身体をコントロール出来ません。
だからこそ、自分の身体の無意識を学んで、意識的に変化させていく術を知っていくわけです。

心技体と言う言葉があります。

心は心の在り方です。
自分との身体の関わり方、そして他者や物、環境との関わり方に心構えという解釈を大切にして行きます。他人に責任を押し付けるのではなく、環境や他者、物を提供してくださった方々への感謝が先であるという心を持つこと。

誰もが最初は出来ません。
物を雑に扱ってしまったり、汚い言葉を使ってしまったり、環境に目を向けなかったり・・・。
その出来ていない事に気づくことが始まりです。
気づいていく中で、自分自身が解決できることを一つ一つクリアしていく。
その心が身体を変えていってくれます。

技は技術でありスキルです。
ある法則・原理を知る事で、頭で知った事を身体で体現するための術を構築していきます。
術には理があります。理とは物事の筋道。不変の法則。ことわり。道理。という意味を示していますが、それを身体感覚で覚えていく事が必要になります。

人に触れる、人を動かす、人に施術をする。

これらを行う上で、知識を蓄え知恵に昇華していくために技を磨いていくわけです。
身体は無意識の塊です。無意識で構築されているものに対して、意識的に取り組んでいくわけですから、最初は難しく感じるものです。

健全な精神は健全な身体に宿ると言われています。
これを実現するために心と技を大切に日々取り組んでいきます。
毎日の習慣を変化させて、自分の心持を変化させていく。
技を磨く為の成長過程を未来に構築する事で時間軸の流れが変わります。

その答えが今になって身体に宿り「体」を構成してくれます。

世間で言われている内容は具体的な手法であり、心が伴っていない状態では何も得られないという結果が今という瞬間に返ってきます。

正直、早く結果が欲しいという気持ちは理解できます。
何故なら、過去の僕もそうだったからです。

しかしながら、早く結果は出ないという事を身に染みて知ってしまった今となっては、未来へのマインドセット、ゴール設定が極論大切であることに気づかされました。
※クセは意識しない限り変化させることは出来ない。結果を出したいのなら、ゴールの設定を早い段階で作る必要があります。

第4期の賢幸生体養成講座は、抽象の高いゴール設定と具体的な内容を様々な視点で構成していきます。何故なら、それをセッティングしないとあなたの理想を叶える事が出来ないからです。

4期の講座開催は来年度になります。

今まで蓄えてきたものを精査、整理し、やり方のこだわりを捨てて、新たな型でスケールアップした内容をデザインしていきます。

また準備が出来次第、公開していきますね。

追伸

身体の学びと心のセットアップをオンラインで学

無重力ボディメンテナンス

もし、あなたが今の健康状態、現状に不安や不満があるのであれば一度手に取ってみることで新たな視点が生まれるかもしれませんよ?

あなたの健康を応援しています。

無重力ボディメンテナンス
詳細はコチラから👇
https://peraichi.com/landing_pages/view/weightlessness-body-mainrenance




The following two tabs change content below.

戸川 俊輔

BodyDesignProject 院長株式会社Cure-Care 
高校野球時代に腰を痛め、急性腰痛を20回以上経験。 自らの腰痛を『運動で根本的解決』することに成功し、その理論をメソッド化。無重力ボディメンテナンスを発案し、西洋と東洋の発想を融合した運動指導と整体を得意とする。 無重力ボディデザイナーとして、治療家の視点・トレーナー視点を融合し急性痛を含め、慢性痛のクライアントに対し、根本解決、身体原理、予防医療、健康アドバイザー、日常生活、就労動作、スポーツパフォーマンス向上に特化したサービスを提供している。 柔道整復師、日本スポーツ協会公認アスレティックトレーナー、NSCA C.S.C.S、JATI-ATI等のスポーツトレーナー資格を多種保持。
高校野球時代、腰を痛め医者から「今のままやり続ければ歩けなくなる」と言われるほどの大きな怪我を負いながら、野球に学生時代を捧げる。その後も度重なる激痛に悩まされ、急性腰痛を20回以上経験。 その後、自分の苦しんだ「痛み」を抱える人の役に立ちたいと想い治療家を目指す。 知識と技術を高めるうちに『腰痛の根本的解決を運動で解決出来るのではないか?』と考え、自身の身体で実践したところ、腰痛を克服。 現在はフルマラソン完走・パワーリフティングが出来るまでに。 その経験をメソッド化し、2017年運動療法と治療を同時に行うBodyDesignProjectを地元稲沢市祖父江町に開業。 なかなか改善しない「痛み」を抱えるクライアントに根本解決、予防医療に特化したサービスを提供している。

ABOUTこの記事をかいた人

高校野球時代に腰を痛め、急性腰痛を20回以上経験。 自らの腰痛を『運動で根本的解決』することに成功し、その理論をメソッド化。無重力ボディメンテナンスを発案し、西洋と東洋の発想を融合した運動指導と整体を得意とする。 無重力ボディデザイナーとして、治療家の視点・トレーナー視点を融合し急性痛を含め、慢性痛のクライアントに対し、根本解決、身体原理、予防医療、健康アドバイザー、日常生活、就労動作、スポーツパフォーマンス向上に特化したサービスを提供している。 柔道整復師、日本スポーツ協会公認アスレティックトレーナー、NSCA C.S.C.S、JATI-ATI等のスポーツトレーナー資格を多種保持。