「面白ストレッチ!?」で身体と対話。

稲沢市祖父江町のBodyDesignProjectの戸川です。

和の身体原理、意識の操作を学んでから沢山の検証を積み重ねています。

本当に人の身体の不思議、面白さに僕自身がハマっています(笑)

西洋的知識に触れて、頭でっかちになっていた頃の僕とは大違い。

今日の教室でも生徒さん皆で検証タイム。

ウェルネス, マッサージ, スパ, リラクゼーション, 健康, 残高, 調和

「○○のセルフケアを入れてみましょう。」

ケアを入れてやるトレーニングとケアを入れないトレーニングで何がどのように変化したか?
皆でアウトプットして頂きました。
※僕はこのやり取りが好きです。

反応には個人差がありますが、個人の解釈、そして表現の仕方に僕はいつも学ばせて頂いています。

僕が伝える言語化レベルと、生徒さんが伝える言語化レベル。

ここに良いも悪いもなく、自分自身の身体で感じた結果を言葉に落とし込む作業。

自分にはない発想や表現力に触れる事、それがすごく充実した時間に感じます。

僕には僕の答えがあり、生徒さんには生徒さんの答えがある。
それで良い!

何かの枠に収めようと窮屈になってしまえば、芯のリラックスは得られません。

だから表現は自由。

ヨガ, アーサナ, スポーツ, 瞑想, 態度, 集中, リラクゼーション, 女性

今日の教室でも検証してもらいました。

開脚ストレッチの時に生じている身体の中の反応。

「伸びている足」と「伸びていない足」

伸びている足に気を奪われてしまえば、注目する場所が固定化されてしまいます。

もっと自由になって良い。

「伸びていようが、伸びていない足に注目しても良いんだよっ」と身体で再現してもらいました。

驚きビックリ!!

伸びていた足の緊張はなくなり、更に伸びる現象に遭遇する身体。

身体の窮屈に気づき、窮屈な視点を変えるだけで、身体のリラックスが生まれる。

あなたにも感じて欲しいです・・・この面白体験。
※皆意味わからん状態です(混乱)

「何で???」

「どうして???」

「理由はあるの???」

そんなお声を頂きながら、僕なりの思考を伝えさせて頂きましたが、悪まで僕の思考です。

答えなんてものは、直ぐに答えじゃなくなります。

今気づいたことは過去に流れていく・・・この時間軸の解釈を覚えてしまえば、未来の思考と感覚に興味が出る!僕はそこに今があると解釈しているわけです。

ちょっと難しい話になってしまいました。

整体をするうえでクライアントさんは今の痛みに気づき痛みに注目します。

しかし、その痛みも自分自身が作り上げているものであると気づいた時に、痛みがない状態になります。未来にある痛みがない状態を今に落とし込んだ瞬間です。

僕は痛みに対して無視しているのではなく、未来の痛みがない状態を今に持ってきているだけです。

整体を受けた人が不思議に感じるのも仕方がないですね。

ストレッチでも、セルフケアでも、整体でも・・・全てに共通して言える事です。

時間軸は未来から流れてきている事。

それを認識しやすいのが肉体レベルの身体という事だけです。

もし、あなたが身体の痛みや悩みに変化を感じていないのであれば?
一度お問い合わせください。

あなたの時間軸に対して、何が必要なのか?僕の視点でアドバイスさせて頂きます。

追伸

身体の不思議を学んでみたいとお考えの方はまずはトライしてみませんか?

月1回のグループオンラインSessionで身体の勉強もして頂けます。

詳細はコチラから👇

https://peraichi.com/landing_pages/view/weightlessness-challenge

The following two tabs change content below.

戸川 俊輔

BodyDesignProject 院長株式会社Cure-Care 
高校野球時代に腰を痛め、急性腰痛を20回以上経験。 自らの腰痛を『運動で根本的解決』することに成功し、その理論をメソッド化。無重力ボディメンテナンスを発案し、西洋と東洋の発想を融合した運動指導と整体を得意とする。 無重力ボディデザイナーとして、治療家の視点・トレーナー視点を融合し急性痛を含め、慢性痛のクライアントに対し、根本解決、身体原理、予防医療、健康アドバイザー、日常生活、就労動作、スポーツパフォーマンス向上に特化したサービスを提供している。 柔道整復師、日本スポーツ協会公認アスレティックトレーナー、NSCA C.S.C.S、JATI-ATI等のスポーツトレーナー資格を多種保持。
高校野球時代、腰を痛め医者から「今のままやり続ければ歩けなくなる」と言われるほどの大きな怪我を負いながら、野球に学生時代を捧げる。その後も度重なる激痛に悩まされ、急性腰痛を20回以上経験。 その後、自分の苦しんだ「痛み」を抱える人の役に立ちたいと想い治療家を目指す。 知識と技術を高めるうちに『腰痛の根本的解決を運動で解決出来るのではないか?』と考え、自身の身体で実践したところ、腰痛を克服。 現在はフルマラソン完走・パワーリフティングが出来るまでに。 その経験をメソッド化し、2017年運動療法と治療を同時に行うBodyDesignProjectを地元稲沢市祖父江町に開業。 なかなか改善しない「痛み」を抱えるクライアントに根本解決、予防医療に特化したサービスを提供している。

ABOUTこの記事をかいた人

高校野球時代に腰を痛め、急性腰痛を20回以上経験。 自らの腰痛を『運動で根本的解決』することに成功し、その理論をメソッド化。無重力ボディメンテナンスを発案し、西洋と東洋の発想を融合した運動指導と整体を得意とする。 無重力ボディデザイナーとして、治療家の視点・トレーナー視点を融合し急性痛を含め、慢性痛のクライアントに対し、根本解決、身体原理、予防医療、健康アドバイザー、日常生活、就労動作、スポーツパフォーマンス向上に特化したサービスを提供している。 柔道整復師、日本スポーツ協会公認アスレティックトレーナー、NSCA C.S.C.S、JATI-ATI等のスポーツトレーナー資格を多種保持。