「限界!?」は幻想の世界

稲沢市祖父江町のBodyDesignProjectの戸川です。

誰もが限界と思ったことがあるのではないでしょうか?

正直僕はあります。

しかしながら、この限界という事も自分の思い込みであるという事が、最近になって理解できてきました。自分の中だけの限界という認識は具体的であり如何にも自分の中だけの世界に留まっているという事に気づかされたわけです。

時間軸の設定や抽象の高い世界から客観的に見れば、今に捉われている事に過ぎず、自分の幻想であることに気づきます。

あなた自身が成し得たい未来に対して限界を作っては勿体ない。
折角の時間、折角の未来に対して、楽しんで邁進している自分の行動に置き換えていく事が大切ではないかという事です。

先日、ダイエットで来店されているクライアントさんに新たな視点を提供しました。

以前は筋トレの世界を知り、ダイエットに成功されました。
しかしながら、自分だけで取り組んでいく事に不安を感じ、再度チャレンジする事で再来店されています。

再チャレンジするわけですから、同じことを繰り返すよりも、新たな身体の世界を知ってみたくないですか?という事で今回お伝えしました。

それは、「サイズダウンをセルフケアで実現・達成できる世界」

「たったこれだけで、こんなに変わるのですか????」(驚)

勿論、このテクニックには触れ方にコツがあるわけですが、本人もビックリされてました。

このセルフケアを伝授しつつ、更なる身体の進化を伝授していきます。

立ち位置で見える世界

人の限界は自分の見えている世界で変わってしまいます。
何故なら、1つの視点に意識を向けすぎる事で周りが見えなくなってしまうからです。
※緊張を生んでしまう事にも繋がります。

過去の僕もそうでした。
治療・施術の世界、トレーニング・スポーツトレーナーの世界に依存し、追求していた中、僕の視点は狭くなっていました。
しかし、今では視点を変えて自分の留まっていた世界を変えた事で僕の限界はなくなりました。
まだまだ未来の実現に向けて実践・行動あるのみです。

今の現状に留まらない事。
それは思考も、感覚も、環境も。
全てに共通して言えるのではないでしょうか?

「もう駄目だ・・・。」と・・・

もしあなたが今の現状に留まっているのであれば、一度視点を変える、自分の経験のない世界に一歩踏み出してみる事を僕はお勧めします。
※滝行、ウィンドサーフィン、サーフィン、外部セミナー等々、僕も新たな一歩を踏み出しました。

そうする事で、あなたが作っていた幻想の限界に気づき、限界なんてものが存在しない視点に気づくことが出来るかもしれませんよ?

健康に限界はありません。
その逆の不健康にも限界はありません。

あなたが目指す未来の健康に、新たな一歩を応援しています。

追伸

最初で最後のセミナー

あなたの現状からはみ出す機会を僕がお手伝いします。
詳細はコチラから👇

https://body-design-project.hp.peraichi.com/weightlessness-walking

The following two tabs change content below.

戸川 俊輔

BodyDesignProject 院長株式会社Cure-Care 
高校野球時代に腰を痛め、急性腰痛を20回以上経験。 自らの腰痛を『運動で根本的解決』することに成功し、その理論をメソッド化。無重力ボディメンテナンスを発案し、西洋と東洋の発想を融合した運動指導と整体を得意とする。 無重力ボディデザイナーとして、治療家の視点・トレーナー視点を融合し急性痛を含め、慢性痛のクライアントに対し、根本解決、身体原理、予防医療、健康アドバイザー、日常生活、就労動作、スポーツパフォーマンス向上に特化したサービスを提供している。 柔道整復師、日本スポーツ協会公認アスレティックトレーナー、NSCA C.S.C.S、JATI-ATI等のスポーツトレーナー資格を多種保持。
高校野球時代、腰を痛め医者から「今のままやり続ければ歩けなくなる」と言われるほどの大きな怪我を負いながら、野球に学生時代を捧げる。その後も度重なる激痛に悩まされ、急性腰痛を20回以上経験。 その後、自分の苦しんだ「痛み」を抱える人の役に立ちたいと想い治療家を目指す。 知識と技術を高めるうちに『腰痛の根本的解決を運動で解決出来るのではないか?』と考え、自身の身体で実践したところ、腰痛を克服。 現在はフルマラソン完走・パワーリフティングが出来るまでに。 その経験をメソッド化し、2017年運動療法と治療を同時に行うBodyDesignProjectを地元稲沢市祖父江町に開業。 なかなか改善しない「痛み」を抱えるクライアントに根本解決、予防医療に特化したサービスを提供している。

ABOUTこの記事をかいた人

高校野球時代に腰を痛め、急性腰痛を20回以上経験。 自らの腰痛を『運動で根本的解決』することに成功し、その理論をメソッド化。無重力ボディメンテナンスを発案し、西洋と東洋の発想を融合した運動指導と整体を得意とする。 無重力ボディデザイナーとして、治療家の視点・トレーナー視点を融合し急性痛を含め、慢性痛のクライアントに対し、根本解決、身体原理、予防医療、健康アドバイザー、日常生活、就労動作、スポーツパフォーマンス向上に特化したサービスを提供している。 柔道整復師、日本スポーツ協会公認アスレティックトレーナー、NSCA C.S.C.S、JATI-ATI等のスポーツトレーナー資格を多種保持。