ありそうでなかった!?【身体のレシピ】

稲沢市祖父江町のBodyDesignProjectの戸川です。

最近の発見!

からだの中心感覚に新たな気づきを頂いて、無茶苦茶嬉しくて検証しまくっています(笑)

クライアントさんや生徒さん、講座生にも伝えている新たなトリセツ。

しかし、このトリセツは上手くいっているかどうか?って正直自分自身では理解しにくいのが難点なのですが・・・レシピに置き換えた時に「あっ」と気づかされました。

料理に味付ける「良い塩梅・良い加減」の発想

あなたは料理されるでしょうか?
食事に味付けをされるでしょうか?

女性, 男, 台所, 食品の調理, カップル, 関係, 一緒, クッキング

味を知るのに味覚を使い、食感で聴覚と触覚を使い、風味で嗅覚を使い、見た目で視覚を使う。

要は食事をする事は、五感の全てを動員しているという事です。

料理にこだわる人もいれば、味にこだわる人・・・色々な視点で楽しむことが出来るのが、料理であり食事であると僕は思います。

しかし、身体に関してはどうなのでしょうか?

腰痛は国民病とも言われ、医療費は高騰し続けている現代社会。

身体の痛みや慢性疲労、身体の使い方に、こだわっている人は正直少ないのではないでしょうか?

痛みがでれば、薬の服用や湿布薬。
ひどければ直接医療機関で注射。

  • 身体は痛い(まずい)
  • 身体はだるい(重い)
  • 身体は苦しい(満腹)

このような信号を出してくれているにも関わらず、ほったらかし・・・。

そろそろ、料理(食事)の解釈を身体に取り入れていきませんか?

身体には筋肉や骨、関節が存在している事は、あなたもご存知のはず。
ではその身体の使い方に気を向けた事はありますか?

座っている時、歩く時、仕事をしている時、身体の変化に気づけていますか?

過去の僕は残念ながら気づけていませんでした。
沢山の知識を蓄え、様々な実践をしていましたが、それでも気づいていなかった事を、学び、検証の中で教わりました。

  • 何故、膝が痛くなるのでしょうか?
  • 何故、腰が痛くなるのでしょうか?
  • 何故、肩がこるのでしょうか?

何故に対して、深く追求してきましたか?

  • 骨が原因なのでしょうか?
  • 筋肉が原因なのでしょうか?
  • それとも他の要素が原因なのでしょうか?

もし上記の内容を頭で理解し、知識として知ったとしても解決できないと思いますよ?
何故なら、解決できなかった張本人が僕だからです。

食事や料理は食べてこそ、その世界を経験する事が出来ます。
映像や写真だけでは、正直難しいのです。

身体も同様です。

あなたの感じている身体は

  • どこまで理解しているのでしょうか?
  • どこまで意識が出来るのでしょうか?
  • どこまで上手にコントロールが出来るのでしょうか?

知識で知ったとしても、身体で理解するって本当に難しいと思います。
簡単ではないのです。
身体の達人と呼ばれる方々は、日々検証されて学びを止めない姿勢を貫き通されています。

ただ、心配しないでください。
「あなたも達人の様になって下さいね!」とは、僕は言いません。

しかし、今の状態、身体との関わり方では、良い未来は来ないのではないかな?と思うわけです。
何故なら、分断社会が進み、オンラインやインターネット、AIの普及により、身体は今よりも更に使わない状態に移行していくからです。

僕は人間の本質的な姿勢(特に日本人)、取り組む態度、行動する大切さを、古武道や東洋の思想から学ばせて頂きました。

今回その学び・検証から見えてきた、

【良い塩梅、良い加減を知る!からだのレシピ】をリアルセミナーで準備しています。

料理を楽しむように、身体の不思議を楽しんでほしい。
この身体のレシピで、身体の軽さやリラックス状態を知り、全身の強さを体感して頂きたい。
あなただけのコツとミソを知り、身体感覚を養っていただきたい。

そんな想いを馳せて、準備しています。

今年最後のBody Design Project 戸川主催のセミナーになります。

決定次第、こちらにも公開していきますね。

あなたの健康を応援しています。

最後までお読みいただきありがとうございました。

追伸

身体のレシピを知る前に
チャレンジしてこそ気づける世界がある

詳細はコチラから👇

https://peraichi.com/landing_pages/view/weightlessness-challenge

The following two tabs change content below.

戸川 俊輔

BodyDesignProject 院長株式会社Cure-Care 
高校野球時代に腰を痛め、急性腰痛を20回以上経験。 自らの腰痛を『運動で根本的解決』することに成功し、その理論をメソッド化。無重力ボディメンテナンスを発案し、西洋と東洋の発想を融合した運動指導と整体を得意とする。 無重力ボディデザイナーとして、治療家の視点・トレーナー視点を融合し急性痛を含め、慢性痛のクライアントに対し、根本解決、身体原理、予防医療、健康アドバイザー、日常生活、就労動作、スポーツパフォーマンス向上に特化したサービスを提供している。 柔道整復師、日本スポーツ協会公認アスレティックトレーナー、NSCA C.S.C.S、JATI-ATI等のスポーツトレーナー資格を多種保持。
高校野球時代、腰を痛め医者から「今のままやり続ければ歩けなくなる」と言われるほどの大きな怪我を負いながら、野球に学生時代を捧げる。その後も度重なる激痛に悩まされ、急性腰痛を20回以上経験。 その後、自分の苦しんだ「痛み」を抱える人の役に立ちたいと想い治療家を目指す。 知識と技術を高めるうちに『腰痛の根本的解決を運動で解決出来るのではないか?』と考え、自身の身体で実践したところ、腰痛を克服。 現在はフルマラソン完走・パワーリフティングが出来るまでに。 その経験をメソッド化し、2017年運動療法と治療を同時に行うBodyDesignProjectを地元稲沢市祖父江町に開業。 なかなか改善しない「痛み」を抱えるクライアントに根本解決、予防医療に特化したサービスを提供している。

ABOUTこの記事をかいた人

高校野球時代に腰を痛め、急性腰痛を20回以上経験。 自らの腰痛を『運動で根本的解決』することに成功し、その理論をメソッド化。無重力ボディメンテナンスを発案し、西洋と東洋の発想を融合した運動指導と整体を得意とする。 無重力ボディデザイナーとして、治療家の視点・トレーナー視点を融合し急性痛を含め、慢性痛のクライアントに対し、根本解決、身体原理、予防医療、健康アドバイザー、日常生活、就労動作、スポーツパフォーマンス向上に特化したサービスを提供している。 柔道整復師、日本スポーツ協会公認アスレティックトレーナー、NSCA C.S.C.S、JATI-ATI等のスポーツトレーナー資格を多種保持。