「肩が痛い!」理由があって結果痛くなってます。

稲沢市祖父江町のBodyDesignProjectの戸川です。

あるクライアントさんから紹介を頂き、先日来院されました新規のクライアントさん。

ビーチバレーをされている女性の方でした。

スパイク動作に痛みが出るという主訴。

肩周囲の筋肉の緊張、骨のこわばり、肋骨の弾力性の欠如・・・痛くなる理由が触れる事で見えてきます。

筋肉の質感は悪くない、そんな状態の中、一番緊張があるとまずい場所に緊張がありました。

それが・・・

お腹です。
※肩なのにお腹ですか???と思われますね(苦笑)

腹筋の緊張が手や足の繋がりを悪くしていました。

お腹の緊張を取ってあげて、肩の動きを確認すると?

不思議と肩周囲の動きが整い、痛みもなくなりました。

施術の中で、局所の痛みを把握するのは当たり前なのですが、他の部位との繋がりを観て、触れて、感じないと本当の意味で解決に至らない。

施術の面白さはここに隠されています。

考察しながら施術をすると?整体の効果は半減、もしくは効果がない状態になります。

感じながら施術をすると?あるタイミングで「OK」が勝手に出ます。そこに評価は要らない。

何故なら、しっかり観ているから評価は要らない状態になるというわけです。

整っていく過程が、クライアントさんも感じ取られるし、僕も感じ取られる。

お互いが繋がる感覚です。毎日この繰り返しをしています(笑)

何故痛みが出たのか動作以外を考える

若い女性の首と肩の痛みの領域、ヘルスケア、医療の概念の赤のハイライトで負傷。 - 肩の痛み ストックフォトと画像

肩が痛いから、肩に問題があると認識するのは当たり前です。
ただ、肩以外の要素が大きな要因となっている事が多々あります。

いわゆる動かし方の影響を観る事は当たり前なのです。
動作以外の要素、性格、言葉使い、姿勢の偏り、持たれる部位、仕事内容、生活家具の影響、空間スペース等々、無意識レベルで身体に反映される緊張を考察しなければいけません。

今回のクライアントさんは1回の施術で大きく変化しましたが、恐らくまだまだ問題は隠されていると感じました。

長期的なスパンで問題を抱えた人は、長期的な計画が必要になります。
何故なら、痛いが当たり前の身体になっているからですね。

常識になってしまった今の身体に、一度分解が必要になります。
非常識を身体に教育(共育)していく発想。

それが、あなた自身の身体を変える手掛かりになります。

僕はあなたの健康をサポートします。

最後までお読みいただきありがとうございました。

追伸

非常識な身体にチャレンジしていこう!

現在特別企画を実施中。

無重力ボディメンテナンス20日間チャレンジ

20種目の身体のワークを行い身体デザインを変えていく企画です。

チャレンジ後はグループオンラインSessionがあります。

興味のある方はコチラから👇

https://peraichi.com/landing_pages/view/weightlessness-challenge

The following two tabs change content below.

戸川 俊輔

BodyDesignProject 院長株式会社Cure-Care 
高校野球時代に腰を痛め、急性腰痛を20回以上経験。 自らの腰痛を『運動で根本的解決』することに成功し、その理論をメソッド化。 古武道由来の身体原理を活用し、動作感覚の書き換えを実践する無重力ボディメンテナンスを発案。 また苫米地式認定コーチ小久保氏より潜在意識と脳科学の仕組みを学び、身体と心の相互関係を体系化した賢幸感覚の磨き方を発案。 西洋と東洋の発想を融合し、潜在意識に働きかける運動指導と整体を得意とする。 治療家の視点・トレーナー視点以外の要素も融合した事で、未来健康デザイナーとして活動。 延べ3万人以上の患者さん、クライアントさん、スポーツ選手、教室・講座生徒さんを観てきた実績。 急性痛を含め、慢性痛のクライアントに対し、潜在意識の書き換え、根本解決、身体原理、予防医療、健康アドバイザー、日常生活、就労動作、スポーツパフォーマンス向上に特化したサービスを提供している。 柔道整復師、日本スポーツ協会公認アスレティックトレーナー、NSCA C.S.C.S等のスポーツトレーナー資格を多種保持。
高校野球時代、腰を痛め医者から「今のままやり続ければ歩けなくなる」と言われるほどの大きな怪我を負いながら、野球に学生時代を捧げる。その後も度重なる激痛に悩まされ、急性腰痛を20回以上経験。 その後、自分の苦しんだ「痛み」を抱える人の役に立ちたいと想い治療家を目指す。 知識と技術を高めるうちに『腰痛の根本的解決を運動で解決出来るのではないか?』と考え、自身の身体で実践したところ、腰痛を克服。 現在はフルマラソン完走・パワーリフティングが出来るまでに。 その経験をメソッド化し、2017年運動療法と治療を同時に行うBodyDesignProjectを地元稲沢市祖父江町に開業。 なかなか改善しない「痛み」を抱えるクライアントに根本解決、予防医療に特化したサービスを提供している。

ABOUTこの記事をかいた人

高校野球時代に腰を痛め、急性腰痛を20回以上経験。 自らの腰痛を『運動で根本的解決』することに成功し、その理論をメソッド化。 古武道由来の身体原理を活用し、動作感覚の書き換えを実践する無重力ボディメンテナンスを発案。 また苫米地式認定コーチ小久保氏より潜在意識と脳科学の仕組みを学び、身体と心の相互関係を体系化した賢幸感覚の磨き方を発案。 西洋と東洋の発想を融合し、潜在意識に働きかける運動指導と整体を得意とする。 治療家の視点・トレーナー視点以外の要素も融合した事で、未来健康デザイナーとして活動。 延べ3万人以上の患者さん、クライアントさん、スポーツ選手、教室・講座生徒さんを観てきた実績。 急性痛を含め、慢性痛のクライアントに対し、潜在意識の書き換え、根本解決、身体原理、予防医療、健康アドバイザー、日常生活、就労動作、スポーツパフォーマンス向上に特化したサービスを提供している。 柔道整復師、日本スポーツ協会公認アスレティックトレーナー、NSCA C.S.C.S等のスポーツトレーナー資格を多種保持。