次は「滝行」企画です

稲沢市祖父江町のBodyDesignProjectの戸川です。

体験こそすべて。

五感の重要性に気づき、検証と体験をベースに様々チャレンジしてきました。

マラソンにスパルタンレース、ヂュアスロン、パワーリフティング、8時間耐久自転車レース、フットサル、サッカー、ソフトボール、武道の世界、そして初のマリンスポーツ、ウィンドサーフィンも体験してきました。

次なる企画は「滝行」

東洋の思想に触れてから、ずっと気になっていました滝行。
僕の中で、「必ず体験する。」という未来のイメージは常に持っていた中、絶妙なタイミングが来てくれました。

10月、滝を感じてきます。

滝に打たれる事で「○○になる・・・。」というような事は、文字で知ったとしても実際にどうなのかは、自ら経験しないと分からないもの。

だからこそ企画していくわけですね。

自分自身が体験する事で、その場の雰囲気、空気感、滝の強さ、水の質感、打たれる前の自分と、打たれた後の自分の変化・・・五感で感じてきたいと思います。

今回は6名の申し込みがありました。
※興味のある方はお問い合わせくださいね。あと数名いけます。

未来にワクワクを企画して、日々の生活に活力を入れていきます。

パクセとチャンパサック市ラオスの熱帯雨林のタッドファン滝の空中写真 - 滝 ストックフォトと画像

あなたは、未来のワクワクの設定をしていますか?

  • 毎日が同じパターン化している。
  • 毎日、同じ物を口にしている。
  • 毎日、同じ人にしか会わない。

人の脳は刺激に対して反応し、活性します。
同じパターン化されたものの繰り返しは、脳は適応し過ぎてしまい活動レベルを低くしてしまいます。※慣れ過ぎているという事です。

不慣れは確かにストレスを感じます。
しかしながら、ストレスに対して対抗できる身体と精神を養うためにもストレスになる場面も必要な事は確かです。

チャレンジしてみて、失敗して、再度チャレンジする。
その中で感じたことは、あなただけの体験に変わり、失敗はいつしか成功体験になります。

僕は沢山の失敗をしてきました。
その中で、小さな成功体験を積み重ねています。

自分の未来に大きな企画、小さな目標を設定してみてください。
そうする事で、日々の生活に活力が湧いてくると思います。

情報戦争、コロナ禍の中、人の自由は奪われ、人との関係性に亀裂が入る・・・
自分の人生をコントロール出来ない社会になりつつあります。

そんな社会生活の中でも、あなたの人生を楽しむ。

あなたが決めていい事が沢山あります。

あなたが決めた事に賛同して、ついて来てくれる人は同志です。

あなたの人生の色を変えてくれる仲間であるかもしれません。

僕は今回参加される同志を、仲間と思っています。
未来の健康に向けて志を同じくして持っている仲間。

そんな仲間と、同じ時間を共有し、感覚をシェアして、気づきを頂きたいと思います。

あなたも未来に設定してみてはいかがでしょうか?

これはあくまで僕からの提案です。

社会の縛りに縛られ続けて、未来が寂しい生活をしていくのか?
縛られる中でも、自分の人生に意識を向けて、未来にワクワクを設定していくのか?

どちらの選択も自由です。
何もしないのも選択です。

人生はあなたが決めています。
勿論、健康もあなたが決めています。

自分自身の決断に責任を持つ時代です。

あなたの未来の決断を応援しています。

最後までお読み頂きありがとうございました。

追伸

今現在、芯セルフケア教室を無料オンラインで開催中。

企画は先行でメルマガ読者さんにご案内しています。

もし、ご興味があればご登録ください。
※気軽に解除もできますのでご安心を。

【BDPからだ通信】メルマガ登録
お名前(姓)  *
 (例)山田
お名前(名)  *
 (例)太郎
Eメール  *
The following two tabs change content below.

戸川 俊輔

BodyDesignProject 院長株式会社Cure-Care 
高校野球時代に腰を痛め、急性腰痛を20回以上経験。 自らの腰痛を『運動で根本的解決』することに成功し、その理論をメソッド化。無重力ボディメンテナンスを発案し、西洋と東洋の発想を融合した運動指導と整体を得意とする。 無重力ボディデザイナーとして、治療家の視点・トレーナー視点を融合し急性痛を含め、慢性痛のクライアントに対し、根本解決、身体原理、予防医療、健康アドバイザー、日常生活、就労動作、スポーツパフォーマンス向上に特化したサービスを提供している。 柔道整復師、日本スポーツ協会公認アスレティックトレーナー、NSCA C.S.C.S、JATI-ATI等のスポーツトレーナー資格を多種保持。
高校野球時代、腰を痛め医者から「今のままやり続ければ歩けなくなる」と言われるほどの大きな怪我を負いながら、野球に学生時代を捧げる。その後も度重なる激痛に悩まされ、急性腰痛を20回以上経験。 その後、自分の苦しんだ「痛み」を抱える人の役に立ちたいと想い治療家を目指す。 知識と技術を高めるうちに『腰痛の根本的解決を運動で解決出来るのではないか?』と考え、自身の身体で実践したところ、腰痛を克服。 現在はフルマラソン完走・パワーリフティングが出来るまでに。 その経験をメソッド化し、2017年運動療法と治療を同時に行うBodyDesignProjectを地元稲沢市祖父江町に開業。 なかなか改善しない「痛み」を抱えるクライアントに根本解決、予防医療に特化したサービスを提供している。

ABOUTこの記事をかいた人

高校野球時代に腰を痛め、急性腰痛を20回以上経験。 自らの腰痛を『運動で根本的解決』することに成功し、その理論をメソッド化。無重力ボディメンテナンスを発案し、西洋と東洋の発想を融合した運動指導と整体を得意とする。 無重力ボディデザイナーとして、治療家の視点・トレーナー視点を融合し急性痛を含め、慢性痛のクライアントに対し、根本解決、身体原理、予防医療、健康アドバイザー、日常生活、就労動作、スポーツパフォーマンス向上に特化したサービスを提供している。 柔道整復師、日本スポーツ協会公認アスレティックトレーナー、NSCA C.S.C.S、JATI-ATI等のスポーツトレーナー資格を多種保持。