鎌倉セミナーで身体改革!

稲沢市祖父江町のBodyDesignProjectの戸川です。

9月4日、5日と場を変えてセミナーの開催をしてきました。

初上陸の鎌倉。

鶴岡八幡宮が直ぐに見える、そんな場で身体のトリセツ体験セミナーを開催しました。

開催にあたり準備をして頂きました石井さん、本当に企画の準備ありがとうございました。
田舎者の僕には刺激的すぎる場でした(笑)

今回のセミナーでは僕が開催しているZoom企画に参加されている埼玉県のFさんも参加してくださいました。オンラインからリアルへの繋がり、本当に嬉しい限りです。

祖父江で開催した内容から一新。

その場で、様々な疑問、質問が出る中、そこに合わせて様々なトリセツ、そしてその心と意味を僕なりの解釈でお伝えさせて頂きました。

初めてお会いしたにも関わらず、積極的に参加してくださった皆様、本当に楽しい場でありながら、真剣に健康と向き合う姿勢を感じていました。

人の可能性は、無意識レベルで自分にブレーキをかけている事が多くあります。
これが芯の伴わない体幹になってしまいケガに繋がっていくわけです。

その無意識に起こる身体の緊張、ブレーキの取り外し方を、身体のトリセツを通して練習していきます。

まずは身体ベースです。
ただ、今回セミナーでもお伝えした重要な秘訣「関係性」がある事。

その関係しているものに対して、感謝する心が、身体の繋がりを感じさせてくれます。

色んなワークもお伝えしましたが、全ては関係性の中で成立しています。

関係している事に気を配り、自分自身積極的に関わりに行く精神が身体と心を変えていってくれます。

僕が学んできた要素を、全て出す。そんなイメージで開催したセミナー。
汗だくでした(笑)

身体の不思議を感じて頂けたこと、そして自分自身を省みる事で、今のここにいるが分かり、未来を見据えた時、健康の手掛かりに気づくことが可能になります。

セミナーでもお伝えしました。

  • 物理的情報(肉体的情報)
  • 心理的情報(精神的情報)

どちらも情報です。

受け取る側も、渡す側も、情報のやり取りです。

未来の設定が情報の受け取り方を変えてくれます。

ここに身体のトリセツの不思議が隠されています。

感覚を優位にして日常を送る。
何かを成し遂げるための未来思考をする。

どちらも大切であり、どちらも中立でなければ身体と心は繋がりません。

大きな事を成し遂げるためにも、小さな取り組みを変える。
あなたの今までの常識を壊し、非常識に慣れる。それこそ身体改革に繋がります。

次回の鎌倉開催は緊急事態宣言に伴い、直ぐには講座の開催は出来ませんが、1DAYセミナー開催の方向で動いていきます。

健康体になる!

あなたの未来にワクワクを届けるためにも、準備を整えていきますね。

今日はこの辺で。

最後までお読みいただきありがとうございました。

追伸

オンラインセルフケア教室、開催中です!

興味のある方は詳細をご確認下さいね。

The following two tabs change content below.

戸川 俊輔

BodyDesignProject 院長株式会社Cure-Care 
高校野球時代に腰を痛め、急性腰痛を20回以上経験。 自らの腰痛を『運動で根本的解決』することに成功し、その理論をメソッド化。無重力ボディメンテナンスを発案し、西洋と東洋の発想を融合した運動指導と整体を得意とする。 無重力ボディデザイナーとして、治療家の視点・トレーナー視点を融合し急性痛を含め、慢性痛のクライアントに対し、根本解決、身体原理、予防医療、健康アドバイザー、日常生活、就労動作、スポーツパフォーマンス向上に特化したサービスを提供している。 柔道整復師、日本スポーツ協会公認アスレティックトレーナー、NSCA C.S.C.S、JATI-ATI等のスポーツトレーナー資格を多種保持。
高校野球時代、腰を痛め医者から「今のままやり続ければ歩けなくなる」と言われるほどの大きな怪我を負いながら、野球に学生時代を捧げる。その後も度重なる激痛に悩まされ、急性腰痛を20回以上経験。 その後、自分の苦しんだ「痛み」を抱える人の役に立ちたいと想い治療家を目指す。 知識と技術を高めるうちに『腰痛の根本的解決を運動で解決出来るのではないか?』と考え、自身の身体で実践したところ、腰痛を克服。 現在はフルマラソン完走・パワーリフティングが出来るまでに。 その経験をメソッド化し、2017年運動療法と治療を同時に行うBodyDesignProjectを地元稲沢市祖父江町に開業。 なかなか改善しない「痛み」を抱えるクライアントに根本解決、予防医療に特化したサービスを提供している。

ABOUTこの記事をかいた人

高校野球時代に腰を痛め、急性腰痛を20回以上経験。 自らの腰痛を『運動で根本的解決』することに成功し、その理論をメソッド化。無重力ボディメンテナンスを発案し、西洋と東洋の発想を融合した運動指導と整体を得意とする。 無重力ボディデザイナーとして、治療家の視点・トレーナー視点を融合し急性痛を含め、慢性痛のクライアントに対し、根本解決、身体原理、予防医療、健康アドバイザー、日常生活、就労動作、スポーツパフォーマンス向上に特化したサービスを提供している。 柔道整復師、日本スポーツ協会公認アスレティックトレーナー、NSCA C.S.C.S、JATI-ATI等のスポーツトレーナー資格を多種保持。