学校では教えてない身体のトリセツ

稲沢市祖父江町のBodyDesignProjectの戸川です。

9月4日の鎌倉セミナーに向けて準備も進んでいます。

何の準備か?

身体の不思議をお伝えするためのネタですね・・・。

様々な情報がある中、絶対的に大切なのは自分の感覚です。

しかしながら、その感覚を自分一人で理解するのは意外と困難であり、「出来ているのか?」「出来てないのか?」が分かりにくいのが感覚の特徴です。

そんな特徴があるからこそ、人の手を借りたり、環境やモノの力を借りたりするわけです。

話は変わりますが・・・

先日、そして今日中学1年生の女の子が来院されました。

陸上の中距離選手。
骨格的にも陸上体型で、楽しみな子。

しかしながら、足・足部の痛みを抱えています。

足の痛みの対処療法はさせて頂きましたが、本質的な走りの問題は今のままでは解決できません。
何故なら、日常生活動作の延長がスポーツ動作に反映されるからです。
※僕はそれ身に染みて感じた張本人ですから(苦笑)

歩きや走りを観察させて頂き、実際の腕の振り方、感覚の作り方をレクチャーさせて頂きました。

筋トレや部分的な方法ではこの問題は解決できません。
身体の動きは繋がりがあって初めて強くなります。それも筋力ではない世界。

前に進むための力を生み出すための身体操作もあります。
それがうまく引き出せない状態で走れば、常にブレーキを踏み続けてアクセルを踏んでいる状態。

そりゃケガしますよね。

僕は様々な事を学んできました。

専門学校も行きました。
しかしながら、専門学校ではこの身体操作は教えてくれません。
何故なら教科書には記載されていないからです。
おまけに感覚やコツは文字で学ぶものではなく、感覚と体験で身体に落とし込むもの。


これを知らずにしてやっていても、ただの頭でっかちになるわけです。
※過去の僕がそうでした・・・(汗)

そんな感じで、

  • 中心感覚の生成
  • 脇感の生成
  • 踵の強さ
  • 大腰筋との繋がりワーク

上記の内容を中学生の子に実践的に体験して頂きました。

今後の変化が楽しみです。

あなたにも、あなただけの身体のトリセツがあります。
何故なら、人の身体の感覚は人それぞれで違うからです。
それを手に入れるためにも、感覚を掴むコツには体験が大切であるという事をシェアさせて頂きました。

感覚は誰にも盗まれない。
あなただけのもの。

あなたのセンス(感覚)を磨いていきましょう!

追伸

身体のセルフケアを学ぶ一つの企画を準備しました。
9月は毎週木曜日21時開始です。
オンライン開催なので、興味のある方は詳細をご確認下さいね!
詳細はコチラから👇

The following two tabs change content below.

戸川 俊輔

BodyDesignProject 院長株式会社Cure-Care 
高校野球時代に腰を痛め、急性腰痛を20回以上経験。 自らの腰痛を『運動で根本的解決』することに成功し、その理論をメソッド化。無重力ボディメンテナンスを発案し、西洋と東洋の発想を融合した運動指導と整体を得意とする。 無重力ボディデザイナーとして、治療家の視点・トレーナー視点を融合し急性痛を含め、慢性痛のクライアントに対し、根本解決、身体原理、予防医療、健康アドバイザー、日常生活、就労動作、スポーツパフォーマンス向上に特化したサービスを提供している。 柔道整復師、日本スポーツ協会公認アスレティックトレーナー、NSCA C.S.C.S、JATI-ATI等のスポーツトレーナー資格を多種保持。
高校野球時代、腰を痛め医者から「今のままやり続ければ歩けなくなる」と言われるほどの大きな怪我を負いながら、野球に学生時代を捧げる。その後も度重なる激痛に悩まされ、急性腰痛を20回以上経験。 その後、自分の苦しんだ「痛み」を抱える人の役に立ちたいと想い治療家を目指す。 知識と技術を高めるうちに『腰痛の根本的解決を運動で解決出来るのではないか?』と考え、自身の身体で実践したところ、腰痛を克服。 現在はフルマラソン完走・パワーリフティングが出来るまでに。 その経験をメソッド化し、2017年運動療法と治療を同時に行うBodyDesignProjectを地元稲沢市祖父江町に開業。 なかなか改善しない「痛み」を抱えるクライアントに根本解決、予防医療に特化したサービスを提供している。

ABOUTこの記事をかいた人

高校野球時代に腰を痛め、急性腰痛を20回以上経験。 自らの腰痛を『運動で根本的解決』することに成功し、その理論をメソッド化。無重力ボディメンテナンスを発案し、西洋と東洋の発想を融合した運動指導と整体を得意とする。 無重力ボディデザイナーとして、治療家の視点・トレーナー視点を融合し急性痛を含め、慢性痛のクライアントに対し、根本解決、身体原理、予防医療、健康アドバイザー、日常生活、就労動作、スポーツパフォーマンス向上に特化したサービスを提供している。 柔道整復師、日本スポーツ協会公認アスレティックトレーナー、NSCA C.S.C.S、JATI-ATI等のスポーツトレーナー資格を多種保持。