知っている前提を捨てる

稲沢市祖父江町のBodyDesignProjectの戸川です。

毎日の取り組みの中で、気づいた事があります。

それが、「知っている前提を捨てる」事・・・・

一体どういうことなのか?

例えば、

昨日自分の身体のメンテナンスをした時と、今日自分の身体のメンテナンスをした時では、既に違う身体になっているという事です。※時間軸で自分は変化している

いつも一緒とはいうものの、いつも一緒ではないのです。

初めて触れる感覚のように、自分の身体をゼロスタートのように関わると新たな発見があります。
※フラット思考、ゼロ思考

「もう知っている。」

「一度聞いたことがある。」

この思考を捨てる心構えが必要ということですね。

過去の僕はこの2点が強かったと思います(苦笑)

話は変わりますが、今も新たなチャレンジに向けてゼロスタートしています。
新たなコンテンツ作りです。
これが中々楽しいです(笑)
何故かって、ある方をイメージして作りこんでいるからですね。

折角やるわけですから、ワクワクしながら作ってます(笑)

勿論、今回のコンテンツ・・・

僕が「もう知っている。一度聞いたことがある。」を改めて作り直しているものです。

何故そんな面倒な事をするのか?
それは、過去の言葉、過去の表現の仕方と、今出てくる言葉・表現は違うからですね。

僕がリアルでお伝えするセミナーは毎回同じ内容にならない。
何故なら、同じエクササイズをやっているとしても、表現の仕方、観るポイントがその時の視点・感覚、他者の見え方で変わるからです。
※リアルが好きな理由はここです。

情報は留まっていないのです。動的なんですよね。

それは自然と同じであり、動かないものこそ不自然に見えたり、際立って見えるもの。
※それを逆利用することも出来ますね(笑)

そう思います。

日々の身体のメンテナンスを行う上で大切な視点になります。

身体メンテナンスの心得。

そんな場を・・・今回準備しているコンテンツとは別で、企画オンライン教室を9月に開講します。

芯・セルフケア教室

薬はあなたの身体の知っている前提を消していきます
※捨てるではなく、消されるのです。
何故なら、身体の支配者が変わってしまうからです。

私と薬。
薬と私。

僕はこの恐ろしさを、身近な人で目の当たりにしました。
そして、その負の経験が、僕に未来の大切さを教えてくれました。

生きる身体と生きる心にセルフケアを。

準備出来次第、募集をかけていきますね。

募集案内を受けとりたい方はコチラから👇
※メルマガにて先行案内させて頂きます。

【BDPからだ通信】メルマガ登録
お名前(姓)  *
 (例)山田
お名前(名)  *
 (例)太郎
Eメール  *

追伸

鎌倉セミナー特典もうすぐ終了します。

ご興味のある方は詳細をご確認ください。

残席1名さま
詳細はコチラから👇

https://peraichi.com/landing_pages/view/kamakura-seminar-bdp

The following two tabs change content below.

戸川 俊輔

BodyDesignProject 院長株式会社Cure-Care 
高校野球時代に腰を痛め、急性腰痛を20回以上経験。 自らの腰痛を『運動で根本的解決』することに成功し、その理論をメソッド化。無重力ボディメンテナンスを発案し、西洋と東洋の発想を融合した運動指導と整体を得意とする。 無重力ボディデザイナーとして、治療家の視点・トレーナー視点を融合し急性痛を含め、慢性痛のクライアントに対し、根本解決、身体原理、予防医療、健康アドバイザー、日常生活、就労動作、スポーツパフォーマンス向上に特化したサービスを提供している。 柔道整復師、日本スポーツ協会公認アスレティックトレーナー、NSCA C.S.C.S、JATI-ATI等のスポーツトレーナー資格を多種保持。
高校野球時代、腰を痛め医者から「今のままやり続ければ歩けなくなる」と言われるほどの大きな怪我を負いながら、野球に学生時代を捧げる。その後も度重なる激痛に悩まされ、急性腰痛を20回以上経験。 その後、自分の苦しんだ「痛み」を抱える人の役に立ちたいと想い治療家を目指す。 知識と技術を高めるうちに『腰痛の根本的解決を運動で解決出来るのではないか?』と考え、自身の身体で実践したところ、腰痛を克服。 現在はフルマラソン完走・パワーリフティングが出来るまでに。 その経験をメソッド化し、2017年運動療法と治療を同時に行うBodyDesignProjectを地元稲沢市祖父江町に開業。 なかなか改善しない「痛み」を抱えるクライアントに根本解決、予防医療に特化したサービスを提供している。

ABOUTこの記事をかいた人

高校野球時代に腰を痛め、急性腰痛を20回以上経験。 自らの腰痛を『運動で根本的解決』することに成功し、その理論をメソッド化。無重力ボディメンテナンスを発案し、西洋と東洋の発想を融合した運動指導と整体を得意とする。 無重力ボディデザイナーとして、治療家の視点・トレーナー視点を融合し急性痛を含め、慢性痛のクライアントに対し、根本解決、身体原理、予防医療、健康アドバイザー、日常生活、就労動作、スポーツパフォーマンス向上に特化したサービスを提供している。 柔道整復師、日本スポーツ協会公認アスレティックトレーナー、NSCA C.S.C.S、JATI-ATI等のスポーツトレーナー資格を多種保持。