自然に身につく!?身体の不思議。

稲沢市祖父江町のBodyDesignProjectの戸川です。

先日、大府市で開催したイベントで整体を体験された方から予約が入りました。
わざわざ、祖父江町までお越しいただける。
ありがたい事です。
であるからこそ、ベストを尽くすためのコンディショニング、僕自身気をつけている事です。

あなたは、コンディショニングのコントロールが得意でしょうか?

コンディショニングって何??と思われた方・・・

スポーツの分野ではこのように定義されています。

コンディショニングとは、スポーツパフォーマンスを最大限に高めるために、筋力やパワーを向上させつつ、柔軟性、全身持久力など競技パフォーマンスに関連するすべての要素をトレーニングし、身体的な準備を整えることと定義されます。

NSCAジャパン

この考え方に僕自身異論もないです。

ただし、競技パフォーマンスを底上げするために必要不可欠なのが、日常生活動作の鍛錬であるという事を、僕は大切にしています。
何故なら、スポーツ動作は日常生活動作の延長線上に存在しているからですね。

野球部の選手たちにも中心感覚の姿勢の作り方、そして構えについても(身構え)かなり指導しています。

何故なら、全ては静から動に移行するのが野球の基本。
静が乱れていれば、動は必ず乱れた現象として現れます。

いかに日常の生活の中で姿勢を意識できているか?
ここにコンディショニングの秘訣と、パフォーマンスアップのトリセツが隠されているのはここだけの話。

定義の一文にもあります身体的な準備を整える

柔軟性や筋力、パワーや持久力などだけが、身体的準備とは言えない事は、あなたも承知の通りです。

食事、睡眠、疲労の回復度合い、人間関係、メンタル的な要素、時間軸の概念・・・

あげだすとキリがなく出てきてしまいますね(苦笑)

そんな中、僕自身が取り組んでいる事、それが・・・

「今日も身体の準備を整えている。」
※整えるのではなく、既に達成している、整えているにしています。

1日のゴール設定を抽象度を高くして持っています。
※そうする事で、勝手に具体的な事を沢山取り組むことになります。

そうすると食事の時の心構えも、日常生活動作も、気分の変化も、自分でコントロールしている自分に気づきます。

他人を変える事や、環境を突然変える事は正直難しいのかもしれません。
であるならば、自分の心持や態度、姿勢は意識すれば簡単に変えられます。

そんな事を続けてきたからなのか?
身体の痛み、心の落ち込みがなくなっている自分に遭遇しています。

毎日がワクワクして、何か面白いネタが転がっていないか?と身体と対話しています(笑)

身体の不思議を体感してきたからこそ、様々検証が思いついては、実践の連続です。
継続する事で、自然と身につく。
最近、講座生の皆様が成長しているのを間近に見ています。

前提を変えて、既に小さなゴール設定を達成している自分に置き換える事で、あなた自身の解釈にも変化が出てくるのではないでしょうか?

お盆も過ぎ去りました。

次のイベントは9月の鎌倉です。
今のところ開催方向で動いていますので、もし興味のある方は詳細をご確認下さいね!

鎌倉セミナー詳細はコチラから👇

https://peraichi.com/landing_pages/view/kamakura-seminar-bdp

The following two tabs change content below.

戸川 俊輔

BodyDesignProject 院長株式会社Cure-Care 
高校野球時代に腰を痛め、急性腰痛を20回以上経験。 自らの腰痛を『運動で根本的解決』することに成功し、その理論をメソッド化。無重力ボディメンテナンスを発案し、西洋と東洋の発想を融合した運動指導と整体を得意とする。 無重力ボディデザイナーとして、治療家の視点・トレーナー視点を融合し急性痛を含め、慢性痛のクライアントに対し、根本解決、身体原理、予防医療、健康アドバイザー、日常生活、就労動作、スポーツパフォーマンス向上に特化したサービスを提供している。 柔道整復師、日本スポーツ協会公認アスレティックトレーナー、NSCA C.S.C.S、JATI-ATI等のスポーツトレーナー資格を多種保持。
高校野球時代、腰を痛め医者から「今のままやり続ければ歩けなくなる」と言われるほどの大きな怪我を負いながら、野球に学生時代を捧げる。その後も度重なる激痛に悩まされ、急性腰痛を20回以上経験。 その後、自分の苦しんだ「痛み」を抱える人の役に立ちたいと想い治療家を目指す。 知識と技術を高めるうちに『腰痛の根本的解決を運動で解決出来るのではないか?』と考え、自身の身体で実践したところ、腰痛を克服。 現在はフルマラソン完走・パワーリフティングが出来るまでに。 その経験をメソッド化し、2017年運動療法と治療を同時に行うBodyDesignProjectを地元稲沢市祖父江町に開業。 なかなか改善しない「痛み」を抱えるクライアントに根本解決、予防医療に特化したサービスを提供している。

ABOUTこの記事をかいた人

高校野球時代に腰を痛め、急性腰痛を20回以上経験。 自らの腰痛を『運動で根本的解決』することに成功し、その理論をメソッド化。無重力ボディメンテナンスを発案し、西洋と東洋の発想を融合した運動指導と整体を得意とする。 無重力ボディデザイナーとして、治療家の視点・トレーナー視点を融合し急性痛を含め、慢性痛のクライアントに対し、根本解決、身体原理、予防医療、健康アドバイザー、日常生活、就労動作、スポーツパフォーマンス向上に特化したサービスを提供している。 柔道整復師、日本スポーツ協会公認アスレティックトレーナー、NSCA C.S.C.S、JATI-ATI等のスポーツトレーナー資格を多種保持。