力んでいては上手くいかない

稲沢市祖父江町のBodyDesignProjectの戸川です。

力尽くで何かをしようとしても上手くいかない・・・。

そんな経験、あなたはしたことありませんか?

今回僕は初めてウィンドサーフィンを体験してきました。
※正直こんなに面白いとは思いませんでした!

基礎に忠実な教えをもらっているにも関わらず、身体が思うように動かせない。

教えて頂いているインストラクターさんが言っている言葉は理解できるのに、身体が理解していない。

これがいわゆる自分をコントロールできない状態。【ズレている感覚】

自分で修正しようと力尽くで行けば上手くいかずに川にドボンです(苦笑)

悔しい反面、楽しい感覚。

今までにない非日常を感じて、そして自然に抗わずに緊張のない身体で風を素直に受け入れた時には、上手くいく。道具と繫がり、環境に合わせる発想。

リアルに体験したからこそ見えた世界でした。

川への恐怖心。それが緊張を強くし、また突然の突風にアタフタし基礎を忘れてしまう。
悔しいですが、まだまだ下手くそです。

奥深い、ウィンドサーフィンの魅力に・・・

「また、やりたい!」と・・・

心が躍っています(笑)

新たなチャレンジにワクワクしながら、自分のリフレッシュを堪能できた、貴重な時間でした。

知らない世界に触れて見て、自分の無知を知り、そして上手く出来ない自分と競争していく。
出来る、出来ないではなく、やるのか?やらないのか?

学びの多い5時間。

同じ5時間をどのように捉えて、解釈して取り組んでいくか?

これも未来のイメージがあるからこその気づきになると僕は思います。

人に教える立場から、教えられる立場に変わる

僕自身教える立場にいるわけですが、教えらえる立場にもなったりします。
学びに対する立ち位置を変える。

そうする事で、僕自身の見えていない視点や、新たな気づきを頂けるわけです。

今回の体験は正しく出来ない生徒を自ら体験してきました。
その時の心はどうなっているか?
また、頂いた言葉にどう反応しているか?
関係性の上で歩み寄る場面はどんな時か?

コーチングやコンサルティングとはまた違い、純粋に専門性のないスポーツに触れて、教えを頂く機会は自ら作らない限り味わうことが出来ません。
※やったことのないスポーツは発見でしかありません。

やってみるからこそ、楽しさや難しさに触れて、自分の思考と感性がどう入り混じっているか?内観することが出来ます。

学ぶことは無知を知る事。師匠に教えて頂いたこと。

これを忠実に守り、学ぶ姿勢を崩さない、素直さ、受け入れる精神、相互の関係性。

自らの立ち位置を変えてみる事で、自分の違った一面や成長した一面に触れることが出来ます。

もし、あなたが現状に留まり生活に何の変化もないのであれば?

【初めて触れる】

を意識してみてください。

そうする事で、自分の非日常体験が出来るかもしれませんよ?

追伸

Zoomを使った身体勉強会開催中

初めてに触れる機会にオンラインを選択するのも良いかもしれませんよ?
時代の変化に伴い、オンラインでも学びの場をシェアしています。

もしご興味があれば、メルマガ登録、公式LINE登録してみてください。
※第2・4水曜日の21時からZoomを使った身体勉強会開催。

当日Zoomリンクをメールにてお届けします。

興味があればコチラからご登録下さい。

【BDPからだ通信】メルマガ登録
お名前(姓)  *
 (例)山田
お名前(名)  *
 (例)太郎
Eメール  *
友だち追加
The following two tabs change content below.

戸川 俊輔

BodyDesignProject 院長株式会社Cure-Care 
高校野球時代に腰を痛め、急性腰痛を20回以上経験。 自らの腰痛を『運動で根本的解決』することに成功し、その理論をメソッド化。無重力ボディメンテナンスを発案し、西洋と東洋の発想を融合した運動指導と整体を得意とする。 無重力ボディデザイナーとして、治療家の視点・トレーナー視点を融合し急性痛を含め、慢性痛のクライアントに対し、根本解決、身体原理、予防医療、健康アドバイザー、日常生活、就労動作、スポーツパフォーマンス向上に特化したサービスを提供している。 柔道整復師、日本スポーツ協会公認アスレティックトレーナー、NSCA C.S.C.S、JATI-ATI等のスポーツトレーナー資格を多種保持。
高校野球時代、腰を痛め医者から「今のままやり続ければ歩けなくなる」と言われるほどの大きな怪我を負いながら、野球に学生時代を捧げる。その後も度重なる激痛に悩まされ、急性腰痛を20回以上経験。 その後、自分の苦しんだ「痛み」を抱える人の役に立ちたいと想い治療家を目指す。 知識と技術を高めるうちに『腰痛の根本的解決を運動で解決出来るのではないか?』と考え、自身の身体で実践したところ、腰痛を克服。 現在はフルマラソン完走・パワーリフティングが出来るまでに。 その経験をメソッド化し、2017年運動療法と治療を同時に行うBodyDesignProjectを地元稲沢市祖父江町に開業。 なかなか改善しない「痛み」を抱えるクライアントに根本解決、予防医療に特化したサービスを提供している。

ABOUTこの記事をかいた人

高校野球時代に腰を痛め、急性腰痛を20回以上経験。 自らの腰痛を『運動で根本的解決』することに成功し、その理論をメソッド化。無重力ボディメンテナンスを発案し、西洋と東洋の発想を融合した運動指導と整体を得意とする。 無重力ボディデザイナーとして、治療家の視点・トレーナー視点を融合し急性痛を含め、慢性痛のクライアントに対し、根本解決、身体原理、予防医療、健康アドバイザー、日常生活、就労動作、スポーツパフォーマンス向上に特化したサービスを提供している。 柔道整復師、日本スポーツ協会公認アスレティックトレーナー、NSCA C.S.C.S、JATI-ATI等のスポーツトレーナー資格を多種保持。