迷った時こそ、成長のイメージが大切

稲沢市祖父江町のBodyDesignProjectの戸川です。

あなたにもこのような経験はありませんか?

  • この商品を購入すると、メリットは○○。デメリットは△△。どうしようか・・・。
  • このセミナーに参加すると○○は出来る。△△は出来ない。どうしようか・・・。
  • 移動時間が○○、セミナー時間は△△、自分の時間が少なくなる。どうしようか・・・。

上記の様な時に大切にして欲しい発想が「成長という視点」です。

  • 自分が購入する事で最高の結果と最悪の結果を想定する。
  • セミナーに参加して得られた最高の結果と最悪の結果の想定をする。
  • 時間を投資したことで得られた最高の結果と最悪の結果を想定する。

僕自身、必ずどちらの設定(イメージ)も行うようにしています。
何故なら、自分の成長に欠かせないからです。

最高の結果が得られた場合は、何も言う事はなくメリットだらけです。一番自分にとって利益となった瞬間になります。
しかしながら、人の思考は必ず損をしたくないと思ってしまうわけです。
状況次第で、最悪の結果も起こり得ます。

その最悪の結果が起こった時に、自分自身が選択し、決断したことに責任を持つことが出来ているか?

僕の場合、そのイメージを大切にしています。

他者の責任や環境の責任に押し付けてしまえば、何も得られるものがなく、成長にも繋がらない・・・

僕はそう考えています。

勿論、ここでいう成長思考に、正解、不正解という解釈はありません。
あなた自身の選択と決断のお話になります。

あくまで自分の人生においてプラスとなる成長思考が出来ているか?が重要なポイントとなります。

もし、あなたが最悪の想定をイメージして、自分の選択に自信を持てないのであれば?それは見送った方が賢明であると言えます。

毎日同じ生活の中でも、人間は選択を連続的にしています。

  • 何を食べるか?
  • 仕事で何をするか?
  • 帰宅後は何をするか?

上記の様な、ルーティンも選択だらけです。

だからこそ、日々何気ない生活リズムの中を一度見てみる事で、

  • 自身の選択は成長に繋がる選択になっているか?
  • 自身の解釈、イメージはどうなっているか?

一度省みる事で、自分の成長にフォーカスできるように変化していくかもしれませんよ?

今日はこの辺で。

最後までお読みいただきありがとうございました。

追伸

成長の機会に「身体の内面」を見直してみませんか?

身体の中心に存在する体幹。
その中に眠るをしっかり捉えるため、一つの機会を準備させて頂きました。
中心感覚を目覚めさせて、痛みの起こりにくい身体をデザインして、日常生活も、運動も、スポーツもパフォーマンスアップ!

そんなリアルセミナーします!

セミナー詳細はコチラから👇
https://peraichi.com/landing_pages/view/ekfsh

The following two tabs change content below.

戸川 俊輔

BodyDesignProject 院長株式会社Cure-Care 
高校野球時代に腰を痛め、急性腰痛を20回以上経験。 自らの腰痛を『運動で根本的解決』することに成功し、その理論をメソッド化。無重力ボディメンテナンスを発案し、西洋と東洋の発想を融合した運動指導と整体を得意とする。 無重力ボディデザイナーとして、治療家の視点・トレーナー視点を融合し急性痛を含め、慢性痛のクライアントに対し、根本解決、身体原理、予防医療、健康アドバイザー、日常生活、就労動作、スポーツパフォーマンス向上に特化したサービスを提供している。 柔道整復師、日本スポーツ協会公認アスレティックトレーナー、NSCA C.S.C.S、JATI-ATI等のスポーツトレーナー資格を多種保持。
高校野球時代、腰を痛め医者から「今のままやり続ければ歩けなくなる」と言われるほどの大きな怪我を負いながら、野球に学生時代を捧げる。その後も度重なる激痛に悩まされ、急性腰痛を20回以上経験。 その後、自分の苦しんだ「痛み」を抱える人の役に立ちたいと想い治療家を目指す。 知識と技術を高めるうちに『腰痛の根本的解決を運動で解決出来るのではないか?』と考え、自身の身体で実践したところ、腰痛を克服。 現在はフルマラソン完走・パワーリフティングが出来るまでに。 その経験をメソッド化し、2017年運動療法と治療を同時に行うBodyDesignProjectを地元稲沢市祖父江町に開業。 なかなか改善しない「痛み」を抱えるクライアントに根本解決、予防医療に特化したサービスを提供している。

ABOUTこの記事をかいた人

高校野球時代に腰を痛め、急性腰痛を20回以上経験。 自らの腰痛を『運動で根本的解決』することに成功し、その理論をメソッド化。無重力ボディメンテナンスを発案し、西洋と東洋の発想を融合した運動指導と整体を得意とする。 無重力ボディデザイナーとして、治療家の視点・トレーナー視点を融合し急性痛を含め、慢性痛のクライアントに対し、根本解決、身体原理、予防医療、健康アドバイザー、日常生活、就労動作、スポーツパフォーマンス向上に特化したサービスを提供している。 柔道整復師、日本スポーツ協会公認アスレティックトレーナー、NSCA C.S.C.S、JATI-ATI等のスポーツトレーナー資格を多種保持。