あなたの身体と歴史

稲沢市祖父江町のBody Design Projectの戸川です。

いつもご利用頂いているクライアントさんとの会話の中で、自分の中にふと現れました。

身体から感じるそのクライアントさんの歴史的背景。

  • 苦労してきた人
  • 努力した人
  • 身体を蔑ろにした人
  • 精神的に不安を抱えている人
  • 何もない人
  • 可能性を感じる人

様々な背景があって、今がある。
その状態を作り上げたのは?紛れもなく過去の蓄積。
※過去と対峙し、受け入れてあげればOK。否定しないのがポイント。

最近になって、当時芯伝整体の山崎さんに言われた言葉を思い出します。

「あなたは、すごい色んな挑戦をされて来た。そんな感じがする。」

初対面で、僕が言われた言葉でした。

一瞬で人の感覚に同化する身体感覚や心(共感覚)に、いつも何故?山崎さんはそれが出来るのだろうか?
当時、毎日毎日考え思考していました(汗)

ただ、ここ最近になって相手の身体を触れた瞬間に引き込まれる感覚や、自分がいなくなる感覚に遭遇しています。中々、言葉では表現できない領域なのですが、その人の背景を感じるイメージが腑に落ちてきている感じです。

以前の僕と、今の僕では何が違うのか?と聞かれれば?

目の使い方を変えた

これに尽きると思います。

目付けを変えたことで、中の眼と外の眼を使い分けている感覚です。

目で見たイメージを大切にして、その人に触れる、そして感じる。

そうする事で、自分の観察した事と相手に触れた事で感じたギャップを修正していくイメージ。

様々な解剖学的知識は紛れもなく大切な知識ではあるのですが、その知識を過信して、相手に触れると言う行為、触り型(方)に全く気を向けれていないのであれば?
身体が繋がる事もなく、一過性のモノでしかないと思います。(戻り現象)

真剣に触れる・・・突き詰めていくと毎日が発見ですし、自分の至らなさに気付かされます。

今となって本当に大きな事を学ばせて頂けたのだと、後からでも気づかせて頂けます。

和の身体原理、東洋の思想には、まだまだ可能性がありそうです。
※因みに昨日行った筋トレで、またまた発見しましたので、リアルの方々はシェアしていきます。

さて、今日からプレ開講します!
「脱・カチコチ教室」

今ある環境と自宅にある物で、あなたの身体を変えていく企画です。

難しい形は行いませんが、ひたすら伸ばしまくるような哀れなストレッチはしませんよ(笑)

柔軟性を考えた上で必要なコツを伝授し、検証していく教室です。
※因みに開脚180度は目指しません。何故なら股関節にとってリスクでしかないからです。(一般人)

もし、あなたが身体のカチコチに悩んでいるのであれば?今回の機会をご利用ください。
期間限定企画です。(完全無料)

注意)身体が柔らかい人は参加できない教室です。ご了承ください。

【脱・カチコチ教室】
お名前  *
メールアドレス  *
The following two tabs change content below.

戸川 俊輔

BodyDesignProject 院長株式会社Cure-Care 
高校野球時代に腰を痛め、急性腰痛を20回以上経験。 自らの腰痛を『運動で根本的解決』することに成功し、その理論をメソッド化。無重力ボディメンテナンスを発案し、西洋と東洋の発想を融合した運動指導と整体を得意とする。 無重力ボディデザイナーとして、治療家の視点・トレーナー視点を融合し急性痛を含め、慢性痛のクライアントに対し、根本解決、身体原理、予防医療、健康アドバイザー、日常生活、就労動作、スポーツパフォーマンス向上に特化したサービスを提供している。 柔道整復師、日本スポーツ協会公認アスレティックトレーナー、NSCA C.S.C.S等のスポーツトレーナー資格を多種保持。
高校野球時代、腰を痛め医者から「今のままやり続ければ歩けなくなる」と言われるほどの大きな怪我を負いながら、野球に学生時代を捧げる。その後も度重なる激痛に悩まされ、急性腰痛を20回以上経験。 その後、自分の苦しんだ「痛み」を抱える人の役に立ちたいと想い治療家を目指す。 知識と技術を高めるうちに『腰痛の根本的解決を運動で解決出来るのではないか?』と考え、自身の身体で実践したところ、腰痛を克服。 現在はフルマラソン完走・パワーリフティングが出来るまでに。 その経験をメソッド化し、2017年運動療法と治療を同時に行うBodyDesignProjectを地元稲沢市祖父江町に開業。 なかなか改善しない「痛み」を抱えるクライアントに根本解決、予防医療に特化したサービスを提供している。

ABOUTこの記事をかいた人

高校野球時代に腰を痛め、急性腰痛を20回以上経験。 自らの腰痛を『運動で根本的解決』することに成功し、その理論をメソッド化。無重力ボディメンテナンスを発案し、西洋と東洋の発想を融合した運動指導と整体を得意とする。 無重力ボディデザイナーとして、治療家の視点・トレーナー視点を融合し急性痛を含め、慢性痛のクライアントに対し、根本解決、身体原理、予防医療、健康アドバイザー、日常生活、就労動作、スポーツパフォーマンス向上に特化したサービスを提供している。 柔道整復師、日本スポーツ協会公認アスレティックトレーナー、NSCA C.S.C.S等のスポーツトレーナー資格を多種保持。