地面の力をもらう発想

稲沢市祖父江町のBodyDesignProjectの戸川です。

先日の姿勢教室では足の捌き方が腕に影響を出すことを体感して頂きました。

上虚下実の使い方。
上半身はのれんの様な柔らかさ、下半身は力が充実している。

相手の力を、床が吸収し、そのまま力を相手に返す。
そんな事を体感して頂きました。

実際は難しい身体のトリセツになります。
何故なら、身体の緊張が生まれてしまえば、力は分散してしまい、伝える事が出来なくなってしまうからです。

この練習法には、足裏と床との関係性に変化を出さない使い方を学んでいきます。
※関係性を崩さない。

一番分かりやすいのはスクワット
足の裏や足の指先、また重心の移動、そういった部分に変化を出さないように身体を上下に動かしていく身体操作。膝抜きという身体操作を使っていきます。

もう一つは上半身の力みを消す
肩を引き下げ、脇は軽く締まっている感覚。
いつでも肩甲骨からエネルギーを伝えられるように、手先や腕には緊張を極力なくしていきます。

そうする事で、下半身はどっしり(踏ん張っていない)と、上半身はリラックスが同時実現できます。

床からのエネルギーを上半身に届ける為には、この基本動作が必要です。

肉体的にストレスが少なく、関節に優しい身体の使い方。
そんな合理的な使い方をマスターして、健康体を構築していきましょう!

僕はあなたを応援しています。

最後までお読みいただきありがとうございました。

追伸

Zoomを使った身体勉強会
※第2・第4水曜日21時~開始

身体のトリセツを皆で勉強し、健康体を作り上げていくコミュニティ。

もし、あなたも身体のトリセツに興味があればご参加ください。

参加要件として、メルマガ登録、LINE友達登録お願いします。
※開催日当日にZoomリンクを送信いたします。

【BDPからだ通信】メルマガ登録
お名前(姓)  *
 (例)山田
お名前(名)  *
 (例)太郎
Eメール  *
友だち追加

The following two tabs change content below.
戸川 俊輔

戸川 俊輔

BodyDesignProject 院長株式会社Cure-Care 
高校野球時代に腰を痛め、急性腰痛を20回以上経験。 自らの腰痛を『運動で根本的解決』することに成功し、その理論をメソッド化。無重力ボディメンテナンスを発案し、西洋と東洋の発想を融合した運動指導と整体を得意とする。 無重力ボディデザイナーとして、治療家の視点・トレーナー視点を融合し急性痛を含め、慢性痛のクライアントに対し、根本解決、身体原理、予防医療、健康アドバイザー、日常生活、就労動作、スポーツパフォーマンス向上に特化したサービスを提供している。 柔道整復師、日本スポーツ協会公認アスレティックトレーナー、NSCA C.S.C.S、JATI-ATI等のスポーツトレーナー資格を多種保持。
戸川 俊輔

最新記事 by 戸川 俊輔 (全て見る)

高校野球時代、腰を痛め医者から「今のままやり続ければ歩けなくなる」と言われるほどの大きな怪我を負いながら、野球に学生時代を捧げる。その後も度重なる激痛に悩まされ、急性腰痛を20回以上経験。 その後、自分の苦しんだ「痛み」を抱える人の役に立ちたいと想い治療家を目指す。 知識と技術を高めるうちに『腰痛の根本的解決を運動で解決出来るのではないか?』と考え、自身の身体で実践したところ、腰痛を克服。 現在はフルマラソン完走・パワーリフティングが出来るまでに。 その経験をメソッド化し、2017年運動療法と治療を同時に行うBodyDesignProjectを地元稲沢市祖父江町に開業。 なかなか改善しない「痛み」を抱えるクライアントに根本解決、予防医療に特化したサービスを提供している。

ABOUTこの記事をかいた人

戸川 俊輔

高校野球時代に腰を痛め、急性腰痛を20回以上経験。 自らの腰痛を『運動で根本的解決』することに成功し、その理論をメソッド化。無重力ボディメンテナンスを発案し、西洋と東洋の発想を融合した運動指導と整体を得意とする。 無重力ボディデザイナーとして、治療家の視点・トレーナー視点を融合し急性痛を含め、慢性痛のクライアントに対し、根本解決、身体原理、予防医療、健康アドバイザー、日常生活、就労動作、スポーツパフォーマンス向上に特化したサービスを提供している。 柔道整復師、日本スポーツ協会公認アスレティックトレーナー、NSCA C.S.C.S、JATI-ATI等のスポーツトレーナー資格を多種保持。