重要なことしか見ようとしない落とし穴

稲沢市祖父江町のBodyDesignProjectの戸川です。

人はどうしても、必要なものしか見ようとしない。
これは脳の構造であると言われています。

いわゆる・・・

自分では気づいていない盲点に意識を向かせることができないわけです。

その事実を知ったうえで僕が大切にしているものがあります。

それが・・・

「難し事をやる時、人の意識は強くなる」です。

そんな事を、今日の教室でも体感して頂きました。
※姿勢教室では、姿勢つくりの感覚ワークを行います。

今現実見えていないことを、見えるようにするのが未来の健康には必要不可欠であると、僕は思っています。だから、毎回教室のセッションでは、簡単から難し事にもチャレンジして頂いています!

何故なら、肉体レベルのコントロールは一番臨場感が出やすいと感じているからです。

最近の課題は、「逆腹式呼吸」
※息を吸い込んだ時お腹は引っ込み、息を吐きだすときにお腹が膨らむ。

これは意識を向けて取り組まなければ、中々出来ません。
しかし、このコントロールが出来た時、自然体の力を出しやすい事を実感しています。

呼吸は自らコントロールしやすい部分になります。
ぶっちゃけ、肺が酸素と二酸化炭素の交換をしてくれている事は、腹式呼吸であろうが、胸式呼吸であろうが、逆腹式呼吸でも同じことです。

ただ・・・

  • 呼吸に意識があるのか、ないのか?
  • 緊張があるのか?リラックス状態なのか?

これは天地の差となります。

リラックス状態を作るには、身体の緊張に気づく必要があります。
慣れていない環境、また慣れていない動作には緊張が生まれやすい。
それは、悪い事ではなく、身体が教えてくれているサインになります。

そのサインに対して、耳を傾けて、会話していくように身体と対話し、緊張のない状態を作り上げていきます。

リラックス法には様々な手法があります。

  • イメージと色を掛け合わせた方法。
  • 緊張とリラックスの交互法。
  • 言葉のリラックス法。
  • 五感に働きかける方法。
  • 動作法。

どれを行うにしても身体と心の対話が必須です。
その対話において、自分自身の内観に取り組み、行き届いていない部分(意識)は何か?を探していく発想です。(盲点に気づく)

顕在レベルだけではなく、潜在レベルを顕在レベルに引き出す。
まずは身体からDesignしていく事をお勧めします。

まずは呼吸のコントロールから取り組まれては、いかがでしょうか?

もし、あなたが呼吸のコントロール法を知りたいというのであれば、リアル開催の姿勢教室、賢芯塾、またはオンライン開催のZoom身体勉強会にご参加ください。

僕はあなたを応援します。

Zoom身体勉強会参加のためにメルマガ登録、LINE友達登録お願いします。
※LINE友達登録は問い合わせにも、ご予約にもご利用できます。

【BDPからだ通信】メルマガ登録
お名前(姓)  *
 (例)山田
お名前(名)  *
 (例)太郎
Eメール  *
友だち追加

追伸

募集していました賢幸生体養成講座は定員に達しました。ありがとうございました。
講座は5月よりスタートしていきます。
※次期の募集は12月頃になります。

約半年間で、大きく変化していくメンバーを観るのが今から楽しみです。
勿論、僕自身も更に磨いていくために様々なチャレンジに新たな取り組みをしていきます。

現状にとどまらない。

居心地の良い自分ではなく、未来に動かされる自分をデザインしていきましょう。

The following two tabs change content below.
戸川 俊輔

戸川 俊輔

BodyDesignProject 院長株式会社Cure-Care 
高校野球時代に腰を痛め、急性腰痛を20回以上経験。 自らの腰痛を『運動で根本的解決』することに成功し、その理論をメソッド化。無重力ボディメンテナンスを発案し、西洋と東洋の発想を融合した運動指導と整体を得意とする。 無重力ボディデザイナーとして、治療家の視点・トレーナー視点を融合し急性痛を含め、慢性痛のクライアントに対し、根本解決、身体原理、予防医療、健康アドバイザー、日常生活、就労動作、スポーツパフォーマンス向上に特化したサービスを提供している。 柔道整復師、日本スポーツ協会公認アスレティックトレーナー、NSCA C.S.C.S、JATI-ATI等のスポーツトレーナー資格を多種保持。
戸川 俊輔

最新記事 by 戸川 俊輔 (全て見る)

高校野球時代、腰を痛め医者から「今のままやり続ければ歩けなくなる」と言われるほどの大きな怪我を負いながら、野球に学生時代を捧げる。その後も度重なる激痛に悩まされ、急性腰痛を20回以上経験。 その後、自分の苦しんだ「痛み」を抱える人の役に立ちたいと想い治療家を目指す。 知識と技術を高めるうちに『腰痛の根本的解決を運動で解決出来るのではないか?』と考え、自身の身体で実践したところ、腰痛を克服。 現在はフルマラソン完走・パワーリフティングが出来るまでに。 その経験をメソッド化し、2017年運動療法と治療を同時に行うBodyDesignProjectを地元稲沢市祖父江町に開業。 なかなか改善しない「痛み」を抱えるクライアントに根本解決、予防医療に特化したサービスを提供している。

ABOUTこの記事をかいた人

戸川 俊輔

高校野球時代に腰を痛め、急性腰痛を20回以上経験。 自らの腰痛を『運動で根本的解決』することに成功し、その理論をメソッド化。無重力ボディメンテナンスを発案し、西洋と東洋の発想を融合した運動指導と整体を得意とする。 無重力ボディデザイナーとして、治療家の視点・トレーナー視点を融合し急性痛を含め、慢性痛のクライアントに対し、根本解決、身体原理、予防医療、健康アドバイザー、日常生活、就労動作、スポーツパフォーマンス向上に特化したサービスを提供している。 柔道整復師、日本スポーツ協会公認アスレティックトレーナー、NSCA C.S.C.S、JATI-ATI等のスポーツトレーナー資格を多種保持。